--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2013/05/01 17:39
gsc_stalkercop_face_top.jpg
Stalker CoPで登場するキャラクターたちの元モデルとなった人々の写真と紹介がgsc-fan.comアップされていた。
リアルの人をモデルにしているからか、CoPのStalker達は人間味がある。

Stalkerシリーズがより深く楽しめるかもしれないと思って、軽く翻訳してみる。

-----------------------------------------------------
■写真と記事のソース元
http://gsc-fan.com/?option=com_content&view=article&id=692
http://sigerous.ru/news/2013-04-21-224

記事:Vyacheslav Murygin
イラスト:Iskandar Mirzoganiev

GSC-Fan.Comの記事より。まずは、Call of PripyatのZatonと「skadovsk」に留まるユニークなキャラクター達を見てみましょう。

Cardanの隣の部屋にいるユニークなキャラクター、skadovskではOwlの名前で知られています。彼は様々な貴重な情報を売り買いするのを好みます。
Owlの見た目はGSC.comのSychからとりました。このキャラクターはゲーム内で不機嫌で無愛想なことで有名ですが、現実の彼は非常に明るく笑顔の人です。
gsc_stalkercop_face01.jpg


錆びた船で医療を行う、Stalker Tremor。後程 Zaton で行方不明の Stalker を探索する際、彼との繋がりを見出します。
デベロッパーは彼の基本的なルックスを、STALKERをリアルでプレイするイベントで知り合った Igor Dolzenko から取得しました。
gsc_stalkercop_face02.jpg


デグチャレフ少佐がZatonとYanovを行き来する為に利用する「Pilot」と呼ばれるガイド。彼は"Clean Sky"と"Call of Pripyat"の3Dモデラー、Alexandra Kovacs がモデルとなっています。
gsc_stalkercop_face03.jpg


Zatonのはしけに住む、偏屈なStalker、Noah。彼と飼いならされたpseudodogの家を彼は「箱舟」と呼んでいます。ちょっと狂ったStalkerのNoahを"演じる"のは、"Call of Pripyat" のゲームデザイナーAlex Kuznetsovです。
gsc_stalkercop_face04.jpg



遅かれ早かれ、デグチャレフはYanov駅のあるJupitorに足を踏み入れます。駅はこの地域で最大のStalkerキャンプ地です。ここにはフリーのStalker、そしてイデオロギーグループのDutyと、それと対立するFreedomが拠点にしています。
唯一、駅の中では休戦協定が結ばれていますが、外に出たらその協定は守られません。では、地元の常連を見てみましょう。

飲み物やその他の品を手に入れるなら、駅の中のHawaiiansへ。アロハ!―彼は窓口に来た皆を歓迎してくれます。このStalkerは、すべてのStalkerシリーズでゲームデザイナーとして関わってきたPeter Duschinskyがモデルです。今彼は4A Gamesで同じ仕事に携わっています。
gsc_stalkercop_face05.jpg


駅のホールのテーブルでリラックスし、最近の略奪品の事やこの地の事情のことを話すStalker。気立てのよい陽気なVANOのことを話している訳ではありません。そんな要素はまったくなく、非常に不愉快な人物。
Flintの話は横柄で失礼であり、彼は自分の冒険を話すのが大好きです。実際には全く事実ではないのですが。その正体はあるクエストで探している友人を裏切った卑怯者、そうです、Magpieです。
このキャラクターは"Clean Sky"のゲームデザイナーの Eugene Zakharchuk がモデルです。
gsc_stalkercop_face06.jpg


駅の建物の中は2つに分割されています。一つは"Duty"、もう一つは"Freedom"。
この場所では、あらゆる所で様々なキャラクターに出会えます。では"Duty"派閥から見てみましょう。
地下に降りる階段を下ると、寝る場所や収納ボックスがあるでしょう。そこではTrapperを見つけることができます。彼は歴戦のミュータントハンターです。彼のモデルは"Clean Sky" と "Call of Pripyat"で3Dモデラーとして従事していたKonstantin Mironovです。今彼はVostok Gamesで同じ仕事に従事しています。
gsc_stalkercop_face07.jpg


機器の修理や改造の助けを必要とする場合、"chemical"のニックネームを持つ"Nitro"の技術の助けを必要とするでしょう。彼に罪はないのですが、しばしば、いや、毎日のように、彼はプーチンに間違えられています。現実でも。
NitroのモデルはGSCのゲームデザイナーIgor Legenkyiです。彼は今、Wargaming.netでWorld of Warplanesのプロジェクトをリードしています。
gsc_stalkercop_face08.jpg


Dutyのオフィスで会うことができるDutyのリーダーShulga中佐。ダンサーのConstantine Frostが彼の原型になりました。
gsc_stalkercop_face09.jpg


"Freedom"の派閥に目を向けてみましょう。背中にSVDを背負う男、"Clear Sky"からのキャラクターUncle Yar。"Clear Sky"では"Call of Pripyat"と違い、ユニークな外見を持ってはいませんでした。
"Svoboda"パーティの主催者としても知られている、StalkerをリアルでプレイするYaroslav Alexandrovが"Yarおじさん"のモデルとなっています。"Call of Pripyat"での写真撮影からは4年が経ちました。今のYaroslavの外見はゲーム内とは若干違って見えます。
gsc_stalkercop_face10.jpg


Yanovの医療を引き受ける経験豊富なスペシャリスト。そのビジュアルイメージのモデルはSergei Ivantsovaで、GSC Game Worldのシステム管理者です。
gsc_stalkercop_face11.jpg


Freedom派閥のリーダーLokiはいつも、オフィスにいます。彼は"Clear Sky"のゲームデザイナーVladimir Yezhovが元にされました。彼は今ウクライナのFrogwaresスタジオでコミュニティマネージャーを務めています。見てわかる通り今の彼のイメージは当時とは変化していますが、それがLokiのモデルだとわかります。
gsc_stalkercop_face12.jpg


駅からそう遠くない高くそびえる建物の上部に住むStalker、Zulu。彼は以前Dutyの一員でした。彼はこの場所を選び、一人で孤独な生活を送っています。彼のカリスマ性、キャラクターは、Stalkerをリアルでプレイする「Master of "Monolith"」と呼ばれるSergey "Tour" Leshenkoがモデルです。
gsc_stalkercop_face13.jpg


Yanovの南西、Zoneの異常事態を研究する施設があります。中に入ると、"ClearSky"から知られている、Novikovというメカニックがいます。そして、移動研究所の研究スタッフとして働く2人の人物:Herman教授とOzersky教授。彼ら2人も現実の人物を元に作られました。Hermanは"Clean Sky"のリードテスターPavel Mikhailovから。彼は"Call of Pripyat"のゲームデザイナーでもあります。最近までこのゲームデザイナーはCradle Flying Caféで働いていました。
gsc_stalkercop_face14.jpg


Ozerskyのモデルとなったのは、"Clean Sky"と"Call of Pripyat"のネットワークプログラマーAlexander Manilyukです。
gsc_stalkercop_face15.jpg


移動研究所ではさらに2人のユニークなキャラクターがいます。そのうちの一人はフリーのStalker、そしてもう一人は ― 軍人です。デグチャレフはこの死のZoneから生き延びた軍人がいることに驚きを隠せませんでした。
Garry、彼の仕事は地元の科学者の為にアーティファクトを探すことです。GarryはIlya Tolmachevが元となりました。彼はアートディレクターとしてGSC Game Worldに4年勤めました。彼は今Flying Caféスタジオでクリエイティブディレクターとして働いています。
gsc_stalkercop_face16.jpg


Jupitorに墜落したヘリコプターの副操縦士"Sokolov中尉"、彼はGarryに発見され救助されました。そして移動研究所で保護されています。Sokolovの初期イメージはDmitry Yasenevaが元となっています。
彼はGSC Game Worldに9年勤め、リードプログラマーとして5年間、Stalkerが凍結されるまでAIシステムやA-LIFEの構築に従事していました。今彼はVostok GamesでSurvariumの開発をしています。
gsc_stalkercop_face17.jpg


Jupitor近郊で見つけることのできる"Monolith"の洗脳から解放された部隊。彼らは侵略行為をせず、混乱状態にあって助けを求めてきます。Monolithグループのリーダー"Strider"のニックネームで呼ばれるキャラクターは、Stalkerシリーズのゲームデザイナー Yuri Konstantinovがモデルとなりました。
gsc_stalkercop_face18.jpg


デグチャレフがZuluとVANO、StriderとSokolovと共にプリピャチの地下道を進み、プリピャチに到着。そこで軍のパトロールと遭遇し、コインランドリーのコワルスキー大佐と出会うことになります。彼のイメージを作るのにAlexander Oleinikの助けを得て、彼の友人のヒーロー"Stalker" Igor Dolzenkoの写真を使用しました。(彼はTremorの原型にもなっています)
gsc_stalkercop_face19.jpg


軍の前哨基地で医療や弾薬の配布などに従事しているRogovets中尉。任務の遂行中に高い精神エネルギーを受け、ただ一人生き残って信号を送ってきた一人。このキャラクターの原型となったのはStalkerチームの3DアーティストViktor Merkulovです。彼は"Clear Sky"、"Call of Pripyat"、そして開発途中のStalker2に従事していました。彼はCradleのFlying Caféスタジオで働いた後、Crytekのキエフ支社で働いています。
gsc_stalkercop_face20.jpg


この記事が終わる前に、幾つか追加するべき情報が残っています。
例えば、何人かのキャラクターに使用されたと思われる幾つかの写真と、モデルとなった人々の写真です。
最も可能性の高いのが、StalkerとしてリアルでプレイするAndrew Oleshkoです。確かに顔のパーツがどこで使われたのか判別するのは困難ですが、あなた自身で分析を行ってみるのも良いでしょう:)
gsc_stalkercop_face21.jpg


そして最後にちょっとだけ。"Call of Pripyat"のエンディングのスライドで登場する、Zatonのブラッドサッカーの巣穴の破壊の物語を語るキャラクター(プレイヤーが進めたストーリーによって異なります)は、GSC Game Worldのビジネスデベロップメントマネージャーとして働くEugene Kuchmaです。
gsc_stalkercop_face22.jpg


それと同じようにそのスライドで登場する、Pripyatに入るStalkerはDmitry Krivetsです。最初はテスターとして、後程ゲームデザイナーとしてStalkerシリーズに携わりました。4A gamesでも働き、今はVostok Gamesにいます。
gsc_stalkercop_face23.jpg


CISプロジェクトのshnogo geymdeva、私は彼のおかげで知識の溝を埋めることが出来ました。親愛なる読者のみなさん、あなたが興味を持ってくれたのならとても嬉しいです。それはこの記事を作成した大きな意味となります:)

-----------------------------------------------------

開発者の人たちが自分の作った作品を楽しみながら&大事にしながら作っているような雰囲気を感じられるところがいいなぁ。
Stalker2は無くなってしまったけど、大部分の開発者が移行しているSurvariumで頑張ってほしい。
4A gamesに行ったり、そこから来たりと結構開発者同士の繋がりがやっぱりあるんだね。元Stalkerの開発者同士だもんな。
スポンサーサイト
 
2012/08/01 16:17
-------------------------------------------------------------
※ 2012/8/1追記
Stalkerの公式Facebookで噂は間違いだと発表。
https://www.facebook.com/officialstalker/posts/502592336433353
According to my sources the news that Bethesda purchased the Stalker rights is false. I will continue to keep a look out and if I hear anything new, you will all be the first to know!
まぁ、最初っからそれほど信じてなかったから、そうなのかーぐらいだけども。
ネットのおかげで情報がすぐさま手に入るのは良いけども、こういう噂話まで簡単に拡散するのは良い点もあり悪い点もあり。
-------------------------------------------------------------


stalker2_news20120801.jpg

非常に信頼できる筋からの情報だと言っているけど、現時点では噂の域を出ない。
ウクライナで働くSergey Galyonkin(マーケティング・ディレクター)の個人ブログにて、Stalker2の開発権利をBethesdaが取得したっぽいみたいなことが書かれている。
この話が本当であっても、正式な発表があって、リリースされるまで1年以上先になるんだろうな。

・ソース元
http://galyonkin.com/
http://gematsu.com/2012/07/rumor-bethesda-developing-stalker-2
http://www.neogaf.com/forum/showthread.php?t=484764
http://gs.inside-games.jp/news/349/34949.html

Fallout3とStalkerシリーズはゲームの内容が近いこともあって、どっちも好きなんだけども、StalkerはFallout3のようにLV制にはして欲しくないな。
Fallout3はFPS風「RPG」であって、個人的にStalkerに求めているのはRPG要素の入った「FPS」だから、LVが上がらないと敵が倒せないとか、クリアが厳しいとか、勘弁してほしい。
レベル制のFPSっていうとBorderlandsが思い浮かぶけども、これもレベルによるゲームバランスが問題になっていたし。

ウクライナやロシアの東欧の雰囲気を生かしたまま作ってくれるのなら問題ないのだけども、普通にアメリカっぽいオープンワールドのFPS作られても「コレじゃない」ってことになってしまうだろうし。
ファンが何でStalkerにハマっているのかよく研究して続編をリリースしてくれたら嬉しいな。泥臭い生活感がStalkerの魅力だと思っているから、その要素を盛り込んで欲しいな。今のBethesdaが作るとなると不安要素が多すぎる。
でも、Stalkerシリーズは死んでないってニュースは素直に嬉しい。



個人的にはCoPのMODにもまだまだ期待している。
以下、これからリリース予定で個人的に注目しているMOD。

■MISERY v2
http://www.moddb.com/mods/stalker-misery
misery_v2.jpg
よりリアリスティックに、サバイバルをより楽しめるようにする点に注力したMISERY v2がリリース予定。
内容も、
・スーツのアップグレードを削除し、アタッチメントを取り付けることでスーツをカスタマイズ。
・Absolute Nature 3を組み込み、環境をよりリアリスティックに。
・AIの強化。
・パーティクルの改善。
・テクスチャのリデザイン。
・ゲームプレイをよりハードコアに、かつやりがいのあるものに再度バランス調整。
・武器のアップグレードはできないが、武器が多様な特徴を持つように。骨董品、摩耗品、カモフラージュ品、個人カスタマイズ品などなど。その数150以上。
などなど、もう楽しみとしか言えない内容。
個人的にCoPのMODの中では3本の指に入るぐらいの面白さを持ったMODの続編だけあって、期待。相変わらずアートワークも素晴らしい。
リリース間近っぽいけど・・・いつ出るのかな?


■Way in the Mist(SpectrumProject)
http://ap-pro.ru/forum/59-1441-1
なかなか進まないなぁと思っていた「Way in the Mist」(旧名Spectrum Project)が進行度32%に。
wayinthemist_wip.jpg

http://vk.com/spectrumproject
プロジェクトのページを見てみると3DSMAXでのマップ製作画面やテクスチャやモデリングをしているスクリーンショットやムービーを見ることができる。
まったく新しいZONEを作り上げているのはいつみてもワクワクする。


■Way in Pripyatへのアドオン「Chriotmao Addon」
http://ap-pro.ru/forum/36-3115-3
以前紹介したCoP用のMODの「Way in Pripyat」で起こっていたStatic Lightingでクラッシュする問題やバグ修正を施し、ゲーム全体のバランス調整などの変更を施したアドオン。
一応紹介だけ。
 
2012/06/08 01:33
Stalker CS用のShoker MODの日本語化ファイルの更新の為、ゲームを新規で作成してスタート。以前のセーブデータは消してしまった為、もう一度初めから。
追加されたPDAで表示される辞書部分とスクリプトで表示される部分を別にしてほぼ全部日本語化できたかな。

cs_mod_shoker_50.jpg

cs_mod_shoker_52.jpg

追加された文章をチェックしつつ、話の流れ的におかしくないかを確認しながらプレイ。
でもやっぱりShokerMODは面白いなぁ。ちょくちょく気になる不具合があるけども、進行に問題は無いのでスルー。
そういう細かい部分の修正が入れば、文句無しにかなり面白いMOD。


なにしてるんですか。
cs_mod_shoker_51.jpg


たまに取引する時、お金は足りてるのに物が買えないバグがあったりする。インベントリに入らずにトレーダーの売り物に戻されるバグ。トレードのスクリプト関係を弄っていたり、状態が悪いと戻してしまうスクリプトが組まれているから、それ関係のバグなのだろうか。
別の機会に購入すると正常に買えたり。わけわからん。
一応何かを売るついでに購入することで正常に買える。無理やりな回避策だけど。


大枚はたいて買ったは良いけど、この後速攻穴だらけになり、修理が高額で修理できない粗大ゴミに・・・
cs_mod_shoker_53.jpg


早くSigerousMOD2.2の日本語化も進めないと、新しいバージョンが出ちゃう。
もう最近仕事忙しくて帰宅が遅いから全然翻訳進まなくて、リリースしたときには誰もやってないんじゃないかとか思ったり。
1日に進むのが数行だけとかざら。難しいわロシア語。


同時進行でSigerous2.2の大型アドオンMODの「Enot Edition」も進めている。ロシア語と英語をマージしたテキストファイルで何とか遊んでいる。
武器関係の調整が良く出来ていて非常に面白い。
相変わらずミュータントやAlpha部隊は固いけども、良い武器を使えば速攻倒せる。
もう9x18、9x19弾とか外骨格には全く役に立たないね。

武器のアドオンも沢山。どれもしっかり出来ている。
cop_mod_sgm2_2_20.jpg


武器色々。
cop_mod_sgm2_2_14.jpg

cop_mod_sgm2_2_15.jpg

cop_mod_sgm2_2_16.jpg

cop_mod_sgm2_2_17.jpg

cop_mod_sgm2_2_18.jpg

cop_mod_sgm2_2_19.jpg


とりあえず、「Enot Edition」も紹介記事書いているのでそのうちアップする予定。
 
2012/05/15 16:43
SDKを使っての開発に慣れてきたのか、現在開発中のMODがどれもレベルが上がってきている。
Stalker2の無くなった今となっては、新しいZoneを楽しめるのはMODのみだから、開発陣には頑張ってほしい。
自分もマップを作ったりオブジェクトを作ったりしてみたいけども、Stalkerのゲーム内へのコンバートやら組み込みの方法を勉強する時間がなくて後回しになっちゃってる。

今はShokerMODv1.9の翻訳の残りと、Sigerous MOD v2.2の日本語訳を進めている途中。
ShokerMODはゲーム本編とそれほど関係のない物語部分のテキストが膨大すぎて、翻訳しようかどうしようか悩む。たぶんスルーしちゃうかも。


以下、開発中で気になっているMODをいくつか紹介。
スクリーンショット等は基本フォーラムからの流用。

-------------------------------------------------------------------
■Absolute Nature 3
- Stalker CoP用MOD。
- 現在開発中。
http://www.moddb.com/mods/atmosfear-for-call-of-pripyat


Absolute Nature 3 teaser trailer - Mod DB

iroiro_stalker01.jpg

iroiro_stalker02.jpg

Stalkerの環境改善MODで有名なAtmosfearを作ったCrommCruacさんの新しいMOD。
Zoneのちょっとしょぼい樹木関係を大幅に改善したMOD。
今見るとCoPでも木のグラフィックとかしょぼいから、こういう改変は大歓迎。
ただ、クオリティ上げるためにポリゴンを大目に使っているっぽいので若干重くなるのかな?

それにしてもリッチな感じで素晴らしい。


-------------------------------------------------------------------
■S.M.R.T.E.R. Pripyat v0.45
- Stalker CoP用MOD。
- 現在開発中。
http://www.moddb.com/mods/smrter-pripyat


Metro Station w.i.p. - Mod DB

iroiro_stalker03.jpg

iroiro_stalker04.jpg

iroiro_stalker05.jpg

これも相変わらずなかなか出ないMOD。
いろいろ追加しているけど、今回はMetro2033の地下鉄駅マップを導入していた。
以前フォーラムに上がっていたMetro2033のマップをコンバートしたものを自分も試してみたんだけども、それをちゃんとゲーム内に組み込んで、オブジェクト、ライティング、NPCを設定したという感じか。
楽しみなんだけども早くリリースしてほしい。


-------------------------------------------------------------------
■MISERY v2
- Stalker CoP用MOD。
- 現在開発中。
http://www.moddb.com/mods/stalker-misery


※ 2012 5/19 追記
MISERYはv1.1を通り越して、次のアップデートをv2としてリリースするみたい。
ミュータントの肉の調理やら何やらに加え、
・MSO(MASSIVE SIMULATION OVERHAUL)をカスタマイズしてMISERYに導入。
http://www.moddb.com/mods/mso-massive-simulation-overhaul
・Armory MODの導入。
http://www.moddb.com/mods/armory-mod
・スーツへのアタッチメントの要素
・サウンドとグラフィックの更なる強化
・武器のカスタマイズをリデザイン
・リアリズム要素をさらに改良
などなどが更新内容として上がっている。
今現在ベータテスト中なので、もう少ししたらリリースされるかも。楽しみ過ぎる。


iroiro_stalker06.jpg

MISERYの次のアップデートでは、ミュータントの肉を料理して売ることができる模様。
串焼き、ベーコン、ビーフなどなど。また、Zone内ではSnorkの肉を食うことはカニバリズムとされて敬遠されるみたい。元が人間だからか。Banditsとか一部のStalkerは食っているみたいだけど。
生の肉は科学者とか、需要のある場所に売って換金。

より生活感を前面に押し出してくるアップデートだなぁ。多少武器の追加もあるっぽい。リリースが待ちきれない。


-------------------------------------------------------------------
■Путь во мгле (The way in the mist)- [Spectrum project]
- Stalker CoP用MOD。
- 現在開発中。
http://ap-pro.ru/forum/59-1441-1

iroiro_stalker07.jpg

iroiro_stalker08.jpg

iroiro_stalker09.jpg


以前も紹介した旧名"Spectrum project"。MOD名は「霧の中の道」って名前に決まったようだ。
SDKをフルに使ってマップの改変から大幅な変更をしているようだ。
リンク先には大量にスクリーンショットがあるけども、順調に増えていて、見るたびにワクワクする。
まったく新しいZoneが楽しみ。
だけどまだ開発進捗は21%・・・


-------------------------------------------------------------------
■GUNSLINGER MOD
- Stalker CoP用MOD。
- 現在開発中。
http://ap-pro.ru/forum/59-2339-1

iroiro_stalker10.jpg

iroiro_stalker13.jpg

iroiro_stalker11.jpg

iroiro_stalker12.jpg

銃器のリロード等、アニメーションの大幅な改変をするMOD。
モデル等はMetro2033、MW BlackOps、HomeFrontなどから持ってきているみたい。
リロードアニメーションがとても良い。PMとか細か過ぎ。
リンク先にはムービーもあるので見てみるといいかも。
リリースはずっと先だろうけど、出来上がりが楽しみ。無意味にウォッカ飲んだりリロードしちゃいそう。
開発進捗は10%。
-------------------------------------------------------------------
 
2012/04/26 02:44
surv.jpg

復帰したかと思っていたGSCのStalker2の開発が結局「凍結」された模様。
資金がなくてStalkerフランチャイズの知的財産権を守ることが出来なかったみたい。

で、今現在スタッフ達はVostock Gamesという新しいスタジオにて「Survarium」という名の別ゲームを開発している模様。
内容はStalkerの精神的続編となるMMOFPSだそうだ。だから Free 2 Play ってことなのか。

ゲーム内容は新しいエンジン「Vostok Engine」で開発され、今度の舞台はチェルノブイリに留まらず、広い範囲になる模様。
自然環境が破壊され、世界中の国は崩壊し無秩序に、街は異常成長した自然に分断され・・・その異常な自然環境の中にStalkerやハンター、生き残った派閥やLonerがいるらしい。
今まで積み重ねてきたStalkerのアイデアを生かし、そのまま次のレベルの作品となるように開発をしている模様。
リリースは2013年の終わりだそうで。


ソース元。
■Stalker 2 Dead (Again), But Now There’s Survarium
http://www.rockpapershotgun.com/2012/04/25/stalker-2-dead-again-but-now-theres-survarium/

デベロッパーダイアリー。
■Vostok Games Developer's Diary #1
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Kl812VZv9VI

Survariumプロジェクトの紹介。
■Vostok Games announces Survarium project in development
http://www.vostokgames.com/en/news/vostok-games-announces-survarium-project-development

■Survarium
http://survarium.com/ru/

Stalkerブランドが無くなってしまうのは悲しいが、別の名前に代わっても開発者はそのままだし、続けてくれるだけ嬉しい。
リリースが非常に楽しみだ。
 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。