--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2012/03/29 13:04
chernobyl_diaries.jpg

「Chernobyl Diaries」Trailer
http://chernobyldiaries.warnerbros.com/index.html

youtube
http://www.youtube.com/watch?v=Uy1ay369Jiw&feature=player_embedded

昨年の福島第一原発の事件を発端に世界各地で脱原発の動きもあり、原発を見直したり、それに関わる話題や事件が今世界のいろいろなところで起こっている。
そんな時期だから、過去に起こったウクライナのチェルノブイリ原発事故も掘り起こされるのは当然だけども、その事件を元に、廃墟となったPripyat近辺を舞台にした映画が出るっぽい。
タイトルは「Chernobyl Diaries」。予告編を見た感じだとホラー映画。北米で5月公開。

監督は「パラノーマル・アクティビティ」のブラッド・パーカー。で原作と脚本は同じ「パラノーマル・アクティビティ」で監督、脚本、制作を務めたオーレン・ペリ。
このオーレン・ペリって人、もともとゲームデザイナーをやってたっぽいね。絶対Stalker知ってただろ。


内容はもう思いっきりエンターテイメント。世界各地を旅行している男女4人組が次の観光場所に選んだのは、ウクライナのチェルノブイリ。
ガイドを雇いチェルノブイリへ観光に行き、その内部を見学し、帰ろうとしたら不自然な超常現象に巻きこまれる・・・ってストーリーっぽい。
超常現象の起こるCNPPとかPripyatとか、Stalkerを知っている人が見たら、まんまパクリな感じ。
ブラッドサッカーはいつ出てくるの?って構えてしまった(笑


コメント欄には

「Stalkerが元ネタだろ。」
「これはドキュメンタリーだと思ってた・・・・その考えは間違っていた。」
「ZONEへようこそ、Stalker」
「X-18」
「トレジャーハンターと冒険者のグループは何とか潜り込むことができた。彼らはS.T.A.L.K.E.Rとして知られるようになった・・・」
「Get out of here stalker」
「うははははlol すげぇ!まじすげぇ!お前Stalker遊んでるんだろ? 俺もだよ!」
「少なくとも映画の中で "Get out of here stalker" が一度でも聞けないと俺は満足できない!:D」

と、Stalkerネタでいっぱいの世界各地からのコメントで笑える。



それともう一つチェルノブイリネタの映画。

leftbehind.jpg

LEFT.behind
http://www.youtube.com/watch?v=5p8naYASKrI&feature=plcp&context=C4cd6e9aVDvjVQa1PpcFPOc6dX7BF_qCKYAGfUJhYt2E8dqZdUkk8=

これはアメリカの4人の若者が東欧に旅行に行って失踪。後程その彼らの撮影したビデオテープが見つかったという話。
この映画は記録映画っぽく雰囲気を出すため、手持ちのハンディカムを使って撮影したようなカメラワークと演出。手法といい、プロットといい、昔見た"ブレアウィッチプロジェクト"とそっくり。自主制作の匂いが強い。

ホントホラーの題材にしやすい場所だなチェルノブイリ(とPripyat)。そのうち福島も時間が経ったらそうなるのだろうか。


両方ともソース元はhttp://ap-pro.ru/
スポンサーサイト
 
2010/07/12 16:06
movie_hangover.jpg

7/3に公開されたばかりのハングオーバーを見てきた。
http://wwws.warnerbros.co.jp/thehangover/

アメリカで大ヒットしたコメディ映画なのに、日本での公開が決定されていない映画だったので、有志による著名運動まで起こり、やっと今夏に公開が決まった映画。
もっとこういう面白い映画とか日本公開されてない映画が多いんだろうな。
自分から情報集めないと知る術が少ないってのが残念。

正直アメリカのコメディとかは笑いを取る為にベタなアクションが多いのでそんなに好きじゃないんだけども、このハングオーバーは会話と練られたシナリオとで笑わせるところが非常に好感持てる。
テンポのいい進行と、細かい伏線と、行方不明な新郎が一体どこに行ったのか捜索するストーリーが、上手い具合にミックスされてて面白い。
一人で見るより、劇場とかで皆で笑いながら見たほうがいい映画かも。

ステュと勢いで結婚するストリッパー役が、見たことある顔だなーと思ってたら、「オースティンパワーズ」のへザー・グラハムだった。以前と比べてちょっと歳とった感じが。でも美人で好きだけどね。

ラスベガスの浮かれた雰囲気もいいし、バチェラーパーティーとかやってみたいなーと思うほど楽しい映画。
実際ここまでやったら捕まるだろうけど。

監督は誰かなって思ったら、この監督、「スタスキー&ハッチ」のトッド・フィリップスなのね。
次回作もチェックしておこう。

そういや、8月には俺の大好きなTVシリーズの「特攻野郎Aチーム」が映画化されて公開されるので、それも楽しみ。
最近昔のTVシリーズの映画化が多いね。
 
2010/02/12 17:57
もう海外では公開されてて、日本での公開は4月だそうだけど、
コレに出てくる武器デザインがなかなかカッコいい。
District_9_Alien_Weapon000.jpg
District_9_Alien_Weapon00.jpg District_9_Alien_Weapon01.jpg District_9_Alien_Weapon02.jpg District_9_Alien_Weapon03.jpg
District_9_Alien_Weapon04.jpg District_9_Alien_Weapon05.jpg District_9_Alien_Weapon06.jpg District_9_Alien_Weapon07.jpg

宇宙船のデザインとかはよくあるようなSFデザインなんだけども、ロボットやそれを操作するインターフェイス、武器類のデザインはなかなか。
デザイン等はロード・オブ・ザ・リング作ったWETAがやっているんだね。
普通の現実的なアサルトライフルみたいなものよりも、個人的にこういう方が魅力を感じるなぁ。

いつかはこんな映画とかのプロップをデザインしたりする仕事してみたいわ。

そんな画像を探していたら、District9をモチーフにしたPCケースを作っている人がいた。
district9_case.jpg
http://episteme.arstechnica.com/eve/forums/a/tpc/f/77909585/m/518008791041/p/1

これはプロの仕事だろ。クオリティ高いなぁー


もう一個、Fallout3でDistrict 9の武器MODを作っている人がいた。
AAR-525っていうのかこの武器の名前は。
■ District 9 AAR-525
http://www.fallout3nexus.com/downloads/file.php?id=11182
クオリティはそこそこ高いけど、もうちょっとウェザリングとか入れて欲しいな。Fallout3の世界観には近未来&綺麗過ぎるから。
district9_fo3.jpg
 
2009/07/05 18:58
08123002_Transformers_Revenge_of_the_Fallen_01.jpg

ついこの間トランスフォーマーを見てきた。
丁度、エヴァンゲリオン破が公開したばっかりだったせいか、シネコンは非常に混雑。
普段映画館であまり見ないような人がいっぱいいたのが印象的だった。
エヴァンゲリオンはグッズ関係を相当充実させてたなぁ。ファン心理を上手くついた商売だわ。

で、トランスフォーマー。
キャストは前作とほとんど変わらずシャイア・ラブーフとミーガン・フォックス。

前作でもうちょっとこうだったらいいのに~って所を十分に練り直して作り上げたエンタテイメント大作。
トランスフォームするロボットの数も数倍に増え、ロボット同士のアクションシーンもバリエーションが増え、
舞台も世界中に広がり、エジプトやヨルダンでディセプティコンと大規模な戦闘を繰り広げて暴れる。アメリカ軍が。

ディセプティコンvsオートボットというよりも、ディセプティコンvsアメリカ軍って感じの映画。
もうアメリカ強いだろ!どんな危機があっても世界を救うのはアメリカだ!この最新兵器はどうだ!
ってのを十分に見せ付けてくれる。
これだからアメリカは・・・。

エジプトでアメリカ軍が危機の時に、抜群のタイミングでヨルダン軍が颯爽と救援に来るけど、
即効ディセプティコンに潰されるかませ犬の役目をさせられてる・・・可哀想過ぎ。

ヒーローものっぽく見栄を切ってカッコよく登場するオプティマス・プライムは、笑えるけど子供のような気分でワクワクできる。
スタースクリームとメガトロンのやり取りも、よくありがちな悪役とその腰巾着のやり取りまんまでニヤって来るし、
合体して巨大ロボになるって所もロボットものアニメによくある要素。
そんなのが全編散りばめられている。
ロボット、メカ(兵器とか)好きな男の子の心をがっしり掴む内容だった。

こういう映画は見るんだったらブルーレイか映画館で。
こんだけすさまじく作りこまれたトランスフォーマー達のアニメーションやビジュアルを見るのにDVDなんかじゃもったいない。

なにも考えずに心から楽しめる映画だ。
この映画を見ている間中、非常に楽しい時間を過ごせるのは間違いない。
何も残らないが。
 
2009/05/14 17:55
http://www.stereosound.co.jp/hivi/detail/bancho_908.html

うおお!!!ついにblu-ray版がっ!!!

何の気なしに検索かけてみたら、やっとこさblu-ray版のロードオブザリング三部作が出るらしい!
リリースは年末だ。
でも劇場公開版だと?!

スペシャルエクステンデットエディションの三部作は2012年リリース予定とか・・・・おいおい。
そんなもったいぶらずに出して欲しいよぅ。「ホビットの冒険」ももちろん見に行くからさー

海外のamazonでの評価が★1ばっかで笑った。
http://www.amazon.com/Lord-Rings-Picture-Theatrical-Editions/dp/B000X9FLKM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1240041080&sr=8-1
やっぱりみんなエクステンデットエディションじゃなきゃ、買う意味ない!無駄に金使うな!と口を揃えて言ってる。
確かにその通り。
こんな中途半端なの出して金稼ぎとかいただけないなぁ。
2年待たなきゃ完全版が出ないとか酷いわ。

日本語字幕版はすぐ出るかな。
字幕に変更は無いだろうし、海外版が出てからすぐ出して欲しいね。

日本版は総じて値段が跳ね上がるから、値段が倍近くなったら泣く。
なんでこういうのはファンを食い物にするような値段設定が多いんだろ・・・
 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。