--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/04/15 00:30
steamで我慢できなくて買ってしまった。

l4d01.jpg
l4d02.jpg
l4d03.jpg
l4d04.jpg
l4d05.jpg

一応全ステージをNPCと一緒にクリアーはしたけど、これは4人でやらないと面白くない。
どっかの記事で書いていたけど、一人でのプレイは忘れてしまったほうがいいかも。
俺も誰かと遊ぶ時しかL4D立ち上げてないし。


誰か一緒に大量の感染者と戯れましょう。
スポンサーサイト
 
2009/04/15 00:22
水の表現、綺麗だなぁ・・・
ゲーム内では、即効通り過ぎるだけの場所なんだけども。
なんというかずっと眺めていたくなる。

me18.jpg
me19.jpg
 
2009/04/15 00:21
me01.jpg

1月末あたりに購入して放置してたミラーズ・エッジ 日本語版をやっと開封してプレイした。
2~3日、賞味数時間でクリアーしてしまったのだけど。
画面が半端なく綺麗なだけに、ストーリーの短さとか気になっちゃったなぁ。ちょっと残念。

me10.jpg
で、ステージの間にストーリーを補完するこんなアニメーションが挿入されます。

me02.jpg
me09.jpg


ゲームやっている人には「タイムアタックのある一人称視点のトゥームレイダー」というとわかりやすいか。
でも一番最初に、このゲームを知って思い浮かべたのは「YAMAKASHI」
ビルの上とか都市構造物の間を高速で走りぬける部分とかそのまんまだし。

オープニングのタイトルシーケンスは映画の「パニックルーム」みたい。
都市の中にロゴが浮かんでいるところとか。

タイムアタックやショートカットを探して、いかに少ない手数でゴールまで行けるかという競技的な要素の強いゲームだけども、
画面が綺麗だから足を止めて見入ってしまう。
ビルの中や、建物の内部、屋外での描写はただただ綺麗。
環境光がとても素敵過ぎ。

me05.jpg
me11.jpg
me12.jpg
me13.jpg
me14.jpg
me15.jpg

ステージごとにカラーが統一されてて、その鮮やかな部分と、無機質なビルのビジュアルの対比が近未来な雰囲気を上手く出している。
開発者のインタビューかなんかで、「ビルの上とか町並みは日本の都市を参考にしている」とどっかで言ってた。
だからか高速道路や街中など、どことなく見慣れた雰囲気が全体にある。

me03.jpg
me04.jpg
me16.jpg
me07.jpg



こんなパネルもあるし。
me17.jpg
東京都だったんですカー

そういや、物理シミュレーションの「PhysX」が搭載されている、
ってことで有効にしてみたらfpsガタ落ち。ガクガクでゲームになりませんでした。
ちなみにうちのVGAはGeforce8800GT。

PhysXのカードを別途で購入して積むか、もう一枚VGAを追加してそれをPhysX用に設定するかしないと満足に動かせないみたいで。
その機能だけにもう一枚VGAカード買うのはなぁ・・・・と躊躇してしまう。

固い物が飛ぶとか、ドラム缶が飛ぶとか、そういった物理演算ならそこまでの計算は必要ないだろうけど、
布とかビニールとか、フレキシブルなモノに銃弾が当たって(当たった場所を基点に)千切れていくとか・・・
相当計算量が多そうな処理をリアルタイムで、ってのはまだまだ一般的じゃないのかもね。
でも、ここから広がる表現は非常に面白いからこれからの進化に期待。
マシンパワーの進化が非常に速いから、1~2年でゲーマーの間じゃ一般的になるんかな。

■PhysX有効、無効の比較動画
http://lwm.jp/special/archives/001004.html

一旦クリアーした後にやることはタイムアタックしかないから、ちょっと飽きが早いかも。
それに一つのミスでかなりの時間のロスになるので、本当にトライ&エラーばかり。

後、微妙な出っ張りで足を止められたり、引っかかったり、かなりイラッっと来る。
ビジュアルが非常に綺麗なだけに残念。
もうちょいプリンスオブペルシャを見習って爽快感を上げて欲しかったかも。

特に地下鉄でのシーンとか。
me20.jpg

このシーケンスは映画の演出のようで、カッコいいしスピード感あって良いんだけども、
電車から電車に飛び移れって言われ、失敗してなんどもグシャった。
高いところから落ちたときもそうだけど、落ちたときの衝撃音が嫌にリアル。
me08.jpg


俺が下手なだけかもしれないが。


※最初のチュートリアルで。
撃つなと言われるとつい撃ちたくなる不思議。
me06.jpg
 
2009/04/15 00:04
STALKERのMODのSFPS用ICPが0.8にバージョンアップしてたので、DLしてプレイ。
もう何回目かわかんないぐらいやってるから慣れたもんで、サクサクとcordonからGarbage、そしてAgropromへ。
stalker01.jpg stalker02.jpg stalker03.jpg

そのままだとICPはマゾ過ぎるから、個人的に幾つか調節している。
-----------------------------------------------------------------------------
■スタート時の取得アイテムの変更

\gamedata\scripts
フォルダ内の
escape_dialog.script

function trader_give_weapon(trader, actor)
の項目に

dialogs.relocate_item_section(trader, "repair_kit", "in")
dialogs.relocate_item_section(trader, "wpn_pm", "in")
dialogs.relocate_item_section(trader, "detector_elite", "in")
dialogs.relocate_item_section(trader, "wpn_addon_acog", "in")
dialogs.relocate_item_section(trader, "repair_kit", "in")
dialogs.relocate_item_section(trader, "wpn_benelli", "in")
dialogs.relocate_item_section(trader, "ammo_12x70_buck", "in")
dialogs.relocate_item_section(trader, "ammo_5.56x45_m193", "in")
dialogs.relocate_item_section(trader, "wpn_hk416", "in")


という感じで初期に渡される追加アイテムを付け加える。

-----------------------------------------------------------------------------
■SFPSやICPだと光らないアーティファクトを光らせる。

gamedata\config\misc
フォルダ内の

artefacts.ltx
new_artefacts.ltx(MODで追加されたアーティファクト)


lights_enabled = false
trail_light_color = 0.670, 0.403, 1
trail_light_range = 1

の項目を変更。

lights_enabled(false = 光らない、true = 光る)
trail_light_color(光の色。0.000~1)
trail_light_range(光の範囲、メートル)


※アーティファクトの物によっては
trail_light_color、trail_light_range の2つの項目が設定されて無いアーティファクトがある。
そのアーティファクトの lights_enabled を true にすると、エラー落ちするので注意。

-----------------------------------------------------------------------------
■アノマリー探知機の範囲を広げる

gamedata\config\misc
フォルダ内の
items.ltx

[detector_simple]:identity_immunities
[detector_advances]:identity_immunities
[detector_elite]:identity_immunities
の項目の

radius(探知範囲、メートル)

の値を変更。

-----------------------------------------------------------------------------
■PDA上での死体表示のカラーを変更
デフォルトだと、PDA上での死体の表示がグレーで非常に見づらい。

gamedata\config\ui
フォルダ内の

map_spots_relations.xml


<deadbody_mini_spot width="4" height="4" stretch="1" alignment="c">
<texture r="168" g="168" b="168">ui_minimap_point</texture>
</deadbody_mini_spot>

のr= g= b=の値を変更。カラーはそのまま0~255のRGB数値で指定できる。

青っぽくにする場合は
<texture r="168" g="168" b="168">

<texture r="0" g="168" b="255">
でOK。

-----------------------------------------------------------------------------

といった感じか。
それでも数発銃弾が当たるだけで即死になるから、相当このMODのデフォルトは厳しいわ。
確かに現実に近づけるとそうなるんだけどもね。
ゲームとしての爽快感もちょっと欲しいなと思う俺はMODをちょこっと弄ってバランスを整えてる。

こういうことが出来るのがPCゲームの利点だなぁ。
 
2009/04/05 17:28
この間のscoutアップデート以降、TF2の人口がさらに増えてる気がする。
新規で入ってくる人も増えてるんだろうなぁ。

週末とか、7、8つある日本のサーバーは常に満員だし。

イメージ280
イメージ279

TF2やり始めて1年以上経つけど、全然飽きない。
マルチ初体験がTF2なんだけど、面白過ぎるなぁ。

ただ、新しく追加されたMAPはいまいち。
最初のころはどこのサーバーでも回っていたけど、今はほとんど見なくなった。やっぱり不人気なんだろう。
EGYPTなんて、MAPが切り替わる時に、壁にめり込んだり前のMAPに取り残されたりするバグがあったり。
さすがValve、テストプレイはユーザー任せ。
 
2009/04/03 19:47
天気も良く、桜が満開になりそうだったので、事務所の近くの千鳥が淵と靖国神社に行ってきた。
DVC00203.jpg

平日昼間だから、そんなに混まないだろうと思ってたんだけど結構花見の人がいる。
九段下から千鳥が淵緑道を散歩して、内堀通りから靖国神社に行ったんだけど、
桜の開き具合は7~8分咲きといった感じか。

でも、満開になっている木もあり非常に綺麗。
カメラ持って来れば良かったなぁ。

上の写真は携帯での撮影。

靖国神社で玉こんにゃく、モツ煮込み、イカゲソ焼き、タコ焼き、クレープなどなどを食べてきた。
屋台で食べるものはなんでこんな美味いんだろうか。

今週末あたりは満開になって、丁度良い花見の見ごろになるんじゃないかな。

俺は屋台目当てだけど。
 
2009/04/03 17:47
M&BのMODでNativeExpantionを一番遊んでいたのだが、
最初はかなりキツイ。

ただの山賊とか海賊とか人数が増えてるから、こっち10人vs敵60人以上とかザラ。
味方ほとんど全滅で、自分一人で30人抜きとかギリギリの戦いばっか。
そんなこんなで最初は皆、倒した海賊から奪った海賊装備。

さらに75日経つ(日にちは変更可能)と黒騎士の軍が攻めてくるんだけど、それがチート臭いぐらい強過ぎ。
こっちが150人ぐらいの兵で、ほとんどの敵は戦闘を避けて逃げていくのに、
黒騎士の兵は増援に増援を呼んで、2000人ぐらいで攻め込まれた。

普通の弓兵でさえ、相当レベルの高い鎧を着ているから、こっちのダメージが全然通らない。
正直勝てる気がしない。

それも、他の国の軍と戦って少なくなったところを狙えば何とか倒せるけど、同じ人数だとまず負ける。
そんなこんなでちびちびと敵を倒して奪った黒騎士の装備が手に入ったら、逆にこっちが強すぎて。
城攻めとか50人ぐらいいれば、防衛200~300人ぐらいの城だったら攻め落とすの簡単。
イメージ231

自分とコンパニオンに黒騎士装備をさせて、それ以外は騎兵で揃えたら、ほぼ負け無しの軍になってしまった。
イメージ235

黒騎士の軍以外の敵と戦うと緑のログしか流れない。
イメージ238

これはこれで気持ち良いんだけど、ほとんど主人公が何もしなくても勝ててしまう。
やっぱり装備集めて兵を鍛えて、軍を強化する過程が一番楽しかったなぁ。

この強すぎる軍で片っ端から城を攻め落とすのも楽しいけど、ちょっとマゾい部分があるほうが緊張感あっていい。
 
2009/04/03 17:31
ちょっと前にsteamで安かった(2000円ぐらい)のと、評判を聞いて買ってみたら見事に嵌ったゲーム。
名前のとおり、馬に乗って戦うことに重点を置いた、中世が舞台のアクションRPG。

元々はトルコの夫婦が何年かかけて製作した同人ゲームなのだが、
アクションが非常に面白い、MODが充実している為、辞め時がまったく見つからない。
気づかないうちにずっとやってたりする。
mb01.jpg mb02.jpg mb03.jpg mb04.jpg
mb05.jpg mb06.jpg mb07.jpg mb08.jpg mb09.jpg mb10.jpg

こんな戦場で100 vs 100の戦闘が楽しめるんだからたまらない。
無双できない三国無双みたいな感じか。
でも、無双のように敵が棒立ちってこともなく、各一人一人がAiで動いて判断して襲ってくるから面白い。
山賊や海賊は人数いてもバラバラに襲ってくるから倒しやすいけど、
ちゃんと統率の取れた正規軍は、
距離を開けて弓で掃射 → 整列した騎兵による突撃
と、ちゃんと戦術とって攻めてくる。

それに、レベルが高く、どんなに良い武具で身を固めても、乗っている馬を潰され、周りを十数人で囲まれると生き残るのは絶望的。

最近多いファンタジーな要素満載のRPGとは一線を画した男臭い世界がすごくいい。
バケツ兜被って、騎士鎧着て、長槍持ち、馬に乗った騎兵を一列に並べて
「charge!!」とかすごい熱くなる。
歩兵よりも、馬に乗る騎兵の利点とか、すごく上手くゲームとして作られている為、
歩兵で戦うのが非常に辛い。
そこであえて歩兵でマゾいプレイするのも面白いけど。

正直グラフィックは2世代前ぐらいの残念な感じだが、MOD入れればずいぶんと改善される。
ちなみに背景のグラフィックを改善する
「Graphical Enhancement Textures v2.5」
っていうのを入れれば、

■Before
hikaku01.jpg

■After
hikaku02.jpg

上記の具合にだいぶ綺麗。まるで別ゲームぐらいグラフィックが変わる。

街中のグラフィックを改善する
「Polished_buildings」
ってのもオススメ。
■Before
hikaku_town01.jpg

■After
hikaku_town02.jpg

建物のモデルから大幅に変えるから、大分印象も変わるし、雰囲気も上がる。


日本語化も有志によって作られているから、何も問題なく遊べる。本当にこういうことを無償でやってくれる人達には感謝。
■Mount&blade 日本語Wiki

しばらくバニラ状態で遊んで満足したら、MOD入れるのオススメ。
MODによって、大幅にプレイや世界観が変わるので何度でも遊べるスルメゲーム。

オススメはWiki見ると大抵載っているけど、個人的に遊んでて面白かったやつを抜粋。

■eagle and radiant cross
銃器が出てきたばかりのころを舞台にしたMOD。
MAPはネイティブを元にしているけど、新たな国家を追加、大幅な装備品の追加、軍隊、兵種の大幅な追加、などなど多岐に渡る。
変更点多くて書ききれないけど。

■Native Expansion
Nativeを元にバランスの調整、装備品の追加、システムの追加・変更、兵種の大幅な追加・変更、自国を持てるシステムなどなど・・・
M&BのMODの中で一番遊んだかも。何度でも遊べる。

■ProphesyofPendor
MAPが大幅に変更したオリジナルMAP。装備品やら兵種やらの追加。
新要素が多いけども、バランスよくまとまってる為、長く遊べる。

上記以外にもスターウォーズの世界を元にしたMODや、ローマとかカルタゴとか地中海を元にしたMOD、イングランド統一のMOD、百年戦争MOD、魔法が使えるようになるファンタジーMOD、映画「300」を元にしたMOD(さすがに300vs300だと画面重くなるけど出来ないことはない)、ゾンビとかスケルトンとかエルフとかファンタジーな要素満載のMOD、MODの種類が多過ぎて書ききれんわ。
今でも常に新しいMODが出てきているから、色々試してみるのもオススメ。

■Mount&Blade Unofficial File Repository
http://www.mbrepository.com/modules/PDdownloads/
 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。