--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2011/01/31 19:59
stalker_shop.jpg

以前うちでも紹介したStalkerのセーターが正式に販売された模様。
「S.T.A.L.K.E.R. shop」というサイトが立ち上がっていた。

S.T.A.L.K.E.R. shop
http://stalker-shop.com/

ここで、GSCがStalkerシリーズのアパレルやらグッズやらを販売していくみたい。
今のところ品揃えはすごい少ないけども(WEARのみ)、商品は用意しているっぽいので徐々に増えていくかも。

サイトの表記は英語とロシア語のみ。
だけども、ワールドワイドに販売しているので日本からも購入できそう。
ウクライナからだから送料が気になるけど・・・
スポンサーサイト
 
2011/01/31 19:43
リリースされてもう数年経っているけど、未だにTF2を遊んでいる。
マルチゲームの中でこれに代わるゲームが無いのもあるし、まだまだ面白い。

昨日「BadwaterBasin」のマップにて、パイロでA/D両方やってスコアが120超えた。
ペイロードマップでは、比較的パイロはスコアを稼ぎやすいのだけども、こんなこと初めてだったので、ちょっと記念にスクリーンショット。
tf2_pyro_score.jpg

メディックさんがいっぱいUberくれました。感謝。
後、チームメンバーの火を消してもらえるボーナスが大きいなぁ。相手にもパイロがいる場合、味方の火を消してサポートに回っているだけでスコア稼げちゃう。

この時はVC使って喋ってくれる人がいたので非常に楽しいゲームだった。
こういうマルチゲームは意志の疎通が出来るとさらに面白い。皆もっと喋って欲しいのだけども。
 
2011/01/28 06:29
soc_mod_lwr_13.jpg

ここ最近LWRをプレイしていたのだが、どうしてもPripyatでセーブしたデータをロードするとCTDしてしまい、進めなくなってしまった。
以下、CTDした際のエラーログの最後の部分だけ抜粋。
-----------------------------------------------------------------
[16-9] get_xml_name for[game_tutorials.xml] returns [game_tutorials.xml]
[16-9] get_xml_name for[ui_credits.xml] returns [ui_credits.xml]
[16-9] get_xml_name for[ui_movies.xml] returns [ui_movies.xml]
! Missing ogg-comment, file: e:\program files\steam\steamapps\common\stalker shadow of chernobyl\gamedata\sounds\weapons\nv_start.ogg
! Invalid ogg-comment version, file: e:\program files\steam\steamapps\common\stalker shadow of chernobyl\gamedata\sounds\weapons\binoculars_zoomin.ogg
! Invalid ogg-comment version, file: e:\program files\steam\steamapps\common\stalker shadow of chernobyl\gamedata\sounds\weapons\binoculars_zoomout.ogg
! Invalid ogg-comment version, file: e:\program files\steam\steamapps\common\stalker shadow of chernobyl\gamedata\sounds\weapons\mp5\shot.ogg
! Invalid ogg-comment version, file: e:\program files\steam\steamapps\common\stalker shadow of chernobyl\gamedata\sounds\monsters\zombie\zombie_attack_14.ogg
! Invalid ogg-comment version, file: e:\program files\steam\steamapps\common\stalker shadow of chernobyl\gamedata\sounds\monsters\zombie\zombie_attack_15.ogg
stack trace:

001B:0464B552 xrGame.dll
001B:046526E5 xrGame.dll
-----------------------------------------------------------------
oggファイルが壊れているようなログなので、インストールしなおしてみたけども結局ダメ。

Pripyatに入ったときのautosaveデータは生きていたので、それからやり直しても、Quicksave → ロードでCTD。
それ以外にも、手動セーブするためにESC押してメニューに入ろうとしたらCTDとか。
メニュー画面で menu_video.ogm のビデオファイルを流しているせいなんだろうけども。

なんだか、最近CTDの対処ばっかで全然遊べてない。
Stalkerは大好きだけど、こうもCTDばっかりだとさすがに起動するのも躊躇するようになってきた。
面白そうなMODが多いけど、SoC自体が不安定過ぎる。


このLWR、ユニークなNPCが意外と多い。
soc_mod_lwr_14.jpg

YanovのStalker。Metro2033からかな?
soc_mod_lwr_16.jpg

最初のマップにはCoPのPilotさんも。
soc_mod_lwr_15.jpg

景色は非常に綺麗。だけども、全体的に暗過ぎ。ここに載せているスクリーンショットはすべて輝度を上げている。
soc_mod_lwr_17.jpg
soc_mod_lwr_18.jpg
soc_mod_lwr_19.jpg
soc_mod_lwr_20.jpg
soc_mod_lwr_23.jpg
soc_mod_lwr_24.jpg


ZatonのSkadovsk。
soc_mod_lwr_21.jpg

Owlの場所にはSultanが。
soc_mod_lwr_22.jpg


友好的なZombie。
soc_mod_lwr_25.jpg

新しいMAPを最初から楽しめるのは新鮮で楽しい。
soc_mod_lwr_26.jpg

しかし、どこに行ってもミュータントとZombie天国なのは勘弁して欲しい。
本当に数が多過ぎ。Eastan Pripyatでコントローラー4~5体ぐらい出てきたりする。
soc_mod_lwr_27.jpg

Eastan PripyatのコインランドリーはMonolithに占拠されている。友好的だけど。
soc_mod_lwr_28.jpg

 
2011/01/23 09:47
SoCのLOST WORLD Requitalをちょっとづつ進めている。
ZONEの寂しさとかすごくいい感じ。雰囲気重視だなーこのMOD。

それとは別に、このMODはマップの移動ポイントを自分で探して見つけなければならないのがちょっとめんどくさい。
なので、テクスチャーに移動ポイントをダイレクトに書き込んで、PDA上からすぐ確認できるようにしたミニMODを作った。
移動ポイントはLWRのFAQサイトからダウンロードしたファイルを元に書き込んで、矢印アイコンはCoPから借用。
soc_mod_lwr_mapspot.jpg

Axfcにアップしたので欲しい方はどうぞ。

■LOST WORLD Requital用マップスポット表示MOD
http://www1.axfc.net/uploader/Si/so/97364
pass: lwr

楽をしたい人向けのミニMODなので、自分でマップスポットを探すのも楽しみの一つ、という方は入れない方が良いかと思います。おもいっきりネタバレなんで。
インストールは同梱のreadmeを参照。
 
2011/01/21 04:46
何気なく、ロシアのplayground.ruのサイトで「S.T.A.L.K.E.R.: Зов Припяти MOD」(ロシア語でCall of Pripyat)で検索したら、出るわ出るわ、大小様々な半端無い数のMODファイルが出てきた。
strategyinformer.comや、stalker.filefront.comよりもずっとずっと数が多い。さすが本場ロシア語圏。
ちなみに「Статьи」が ”記事” で、「Файлы」ってのが ”ファイル”。

これ全部CoPのMOD!(の一部)
pg_ru_mod.jpg

Sigerous MODほどではないが、それに近いほどのオーバーホールMODだけでも幾つかある。もうすべて内容を確認してダウンロードしてプレイする時間も余裕も無いから軽く概要を翻訳して紹介してみようと思う。
この中でも特に気になったMODだけを後ほどゆっくりダウンロードしてプレイしてみる予定。その際は記事も個別で用意しようかな。

でもここに表記されているすべてのMODが、ロシア語→英語に翻訳しないと遊べないのが難点か。
導入には敷居が高いなぁ・・・

高評価のオーバーホールMODと、個人的に気になったMODを選んでみた。
ここに上げたものはすべてCoPのMOD。

--------------------------------------------------
■C.P.M Mod v.1.5(Call Pripyat Modern Mod)
http://emilkastalker.ucoz.ru/load/mody_dlja_zp/c_p_m_mod_v_1_5/3-1-0-10

バニラのCoPに10点ほどの銃器を追加、環境グラフィックの改善、音の改善、テクスチャーの改良など、小物MODを組み合わせてみました的な、よくありふれたMODの内容。Sigerousなどの他のMODと比べるとオリジナル要素が乏しく小粒な印象。
このMODはどうやら一人か少人数でMOD制作しているみたい。バニラのCoPが好きだけど、ちょっと味付けが欲しいなーって人に。
--------------------------------------------------
■CUBIC mini MOD 1.1
http://www.playground.ru/files/32835/

バニラでの不具合やおかしい部分を修正したアンオフィシャルパッチ的なMOD。
手榴弾のバランスを取ったり、探知機で探知されなかったアーティファクトを正常に探知されるようにしたり、パラメータのおかしいスーツや銃器を正常に直したり調整したり、販売価格のバランスを見直したり、おかしかった文章を修正したり(ロシア語で)。
また、銃器類の名前もリアルなものに変更などなど(でもロシア語)。ゲーム全体のバグFIXみたいだ。特に大きな追加要素は無いので、バニラのCoPが好きな人に。
--------------------------------------------------
■D.C.M. MOD COP v.4.20(Мёртвый Город / Dead City MOD)
http://www.playground.ru/files/37765/

・D.C.M. MOD COP v.4.20英語化パッチ
http://ux.getuploader.com/stalker/download/20/DCM_4.20engpatch.zip

かなりの大型オーバーホールMOD。タスクの数が70以上、それとSoC、CSからのマップを追加ってのがこのMODの特色のようだ。武器の種類も大分追加されているけども、Sigerousよりちょっと少ないぐらいか。それでも大分多いけど。アーティファクトは数多く追加されている。
このMODのメインの部分が大量に追加されたタスクなので、文章読めないと楽しめない可能性が高い。このMODを遊ぼうと思ったら、かなりの量のロシア語の翻訳作業が必要になってくるだろうなぁ・・・。
現在のバージョンは4.20。このMODはまだ開発中で、今後もアップデートを繰り返していくようだ。
--------------------------------------------------
■Deadly Winter mod
http://www.playground.ru/files/43280/

・バグFix
http://narod.ru/disk/3619781001/addon%20for%20DWmod.7z.html

名前の通り、Zoneを冬景色に。冬景色にするMOD(Cold War Modなど)は他にもあるけども、冬景色だけじゃなくて武器の追加(とはいっても15種類ぐらい)等もしているMOD。
靴もスノーブーツになってたり、冬用のスーツにテクスチャーが変わってたり。基本部分はバニラのCoPとそう大差は無い。日本語ファイルもバニラの物をそのまま使えそう。追加武器のテキスト部分だけ翻訳が必要なぐらいか。そんな対した量じゃないので、導入は楽そうな予感。
一番寒々とした冬景色を楽しめるので、一風変わったZoneを楽しみたい方はこれをオススメ。
--------------------------------------------------
■G.M.E. Mod
http://www.playground.ru/files/36050/

まだBetaバージョンのようなので、正式なリリースはこれからの模様。
銃器の追加はほとんど無いが、スーツが大量に追加。死体からもスーツを剥ぎ取れる。もちろんアップグレードも可能。
Zone全体の樹木等のビジュアルを秋っぽく、枯れた雰囲気に。テクスチャーの改良(というか高画質化)。後は細々とした改良や変更点。
ユニークなのは投げナイフの追加とかかな。なぜかスーツ関係ばっかり充実しているのが謎。それ以外は取り立てて個性的な部分はあまりない。
これからのバージョンアップに期待するMOD。
--------------------------------------------------
■P.P.F.mod V1.3(Project "Purple Fog" mod)
http://www.playground.ru/files/29496/

Zone、NPC、銃器などのテクスチャーの改善、天気のバリエーション増加、ミュータントのバリエーション増加と強化。すべての銃器類を再設定、スコープやサプレッサーもよりリアルに。銃でのノックダウン。Zone全体で生存率を厳しく。出血することがより脅威に。アノマリーをより驚異的に。追加武器は少々。
こうして羅列してみると、Zoneをよりハードにした、という感じのMOD。Zoneをよりリアリスティックに - と書いてあるけど、難易度が上がっただけで正直他のMODとそう変わらない印象。
近々v1.4が出るようだ。まだ精力的に開発しているみたい。
--------------------------------------------------
■X.T.R.E.M.E. MOD v1.6
http://www.playground.ru/files/33487/

スーツの追加、寝袋の追加、ダイナミックニュースの追加、装備したスーツによりHUDがダイナミックに変更、テクスチャーの変更/改良、NPCや武器のモデルを変更、爆発物を追加、銃器のバランスを調整、死体から金を取得できるように、などなど。これも小物MODの寄せ集めな印象。オリジナルの要素は少ない。
--------------------------------------------------

こうして紹介してみると、小物統合MODばかりな印象。
こちらで各MODを吟味し、厳選して記事を書けば良いわけで、手当たり次第紹介しなくても良かったかなと、ちょっと後悔。

そういやロシアのフォーラムで公開しているある統合MODは、使用したMODの製作者のクレジット等をまったく記載せずに、自分のMODとして公開していた為、フォーラムが「泥棒!」とかいう罵倒で荒れていた。

自身でMODを制作せず、リリースされている小物MODを沢山マージして、オリジナルだ!といって出している風潮が少なからずあるようだ。
やはりそういうのは叩かれるのだけども、上記で紹介しているMODも、ちゃんとクレジットを表記しているだけで、寄せ集めな統合MODと根本は変わっていないという印象があるのも否めない。

日本だとMODコミュニティーが全然発展してないからあまり問題にすらならないけど、今後規模が大きくなってくると、少なからずこういう問題も起きてくるんだろうなー。
MODは有志が作成して、フリーで提供しているから抱える問題なのかもしれない。MODにもしっかりと著作権は発生するものなのに、デジタルデータで気軽に手に入ってしまう為、リテラシーの無い人や軽視する人がいる性でこういう問題が起きるんだろう。


って固い話になってしまったが、個人的に上記で上げたMODでは D.C.M. MOD が気になっている。
タスクの多さ=サイドストーリーの多さなので、どんな話があるんだろうかとちょっと興味が沸く。
英語翻訳が必要なので、プレイ前に一手間が必要だが、後ほど時間が出来たら機械翻訳を通してファイルを用意してプレイしてみようかと検討中。
 
2011/01/20 14:05
playground.ruでMOD漁りをしていたら見つけた、Sigerous MOD v1.7用への武器パックアドオンMOD。

導入して試してはいないのだけども、軽く紹介してみようと思う。
一部の武器の置き換えと、若干の新規武器の追加。
武器にBrazやSborkaほどの追加量はないけども、既存のモデルをより良いモデルに置き換えるMOD。Sigerousの他のアドオンMODとは併用不可能。

ちなみに、新規追加&置き換えられた武器部分のテキストがロシア語なので、武器名と、若干の会話文(トレーダー関係)をロシア語 → 英語 → 日本語への翻訳が必要になると思う。
翻訳は余裕があったら・・・かな。

画像はplayground.ruより転載。
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
WeaponsRePack Mod v1.2 for SGM 1.7

■ダウンロードと概要
http://www.playground.ru/files/40116/

ダウンロード先。
pg_ru_dl_info.jpg

・バグFIXパッチ
http://narod.ru/disk/875818001/Fix_2_for_WRM_SGM_1.7_v1.2.rar.html
ダイナミックニュースを削除してしまう(表示されない?)バグの修正ファイル。ダイナミックニュースを導入していなければ特に必須ではなさそう。


■対応しているMODのバージョン
Sigerous MOD v1.7


■インストール方法
SigerousMODをインストールしたフォルダに、WeaponsRePack Modを上書きインストール。
その後、バグFIXパッチをインストール(任意)。

ちなみに解凍したファイルに「Dinamic_news_COP_SGM_v1.7.rar」っていうのも入っているが、これはSigerous MODにダイナミックニュースを追加するミニMOD。
ただ、導入してもロシア語な為、翻訳が必要なモノだけども。


■このアドオンMODの内容
幾つかの銃器のモデルをより良い物に置き換え、また、幾つかの新規武器を追加しました。
きちんと、あなたの手の上に”構えられた”武器、テクスチャーも改良されています。
武器モデルはAMKのサイトより借用しています。
このMODは SigerousMOD v1.7 でのみ動作確認しています。

更新履歴:
-------------------------------------------------------------------------------
Version 1.0:
- "Abakan"のHUDを変更。("Zaton" での最高の武器)
- Crysis の SCAR を追加。
- SPAS12は、伝説のMarauderに置き換え。
- SIG550はSCAR-Lに置き換え。
- PKM は tacticalに置き換え。
- P90はUMP45に置き換えられ、Mercenaries のトレーダーから注文することが出来る。
- LR300はAim時の調整をした。
- AK74はright breechに置き換え。
- L85はFAMAS Prototypeに置き換え。
- FEAR2のPK470を追加。
- AK74Uはtactical仕様に置き換え。
- tactical AK47を追加。ClearSkyのトレーダーより注文して手に入れることが出来る。 シンプルなAK47にもサプレッサーと、7.62x39弾を追加。
- SIG220のモデルを変更。
- G36のモデルを変更。
- USP45のモデルを変更。
- Walter99のモデルを変更。
- AK101はAN94の性能に置き換え。Zatonのトレーダーより注文することが出来る。
- FN2000は見た目を"Hurricane"のように。
- M82のアニメーションを置き換え。
- Desert Eagleのモデルを変更。
- Berettaのモデルを変更。
- Colt1911のモデルを変更。
- G36c tacticalを追加。Zatonの拠点のトレーダーより、M4A1を注文した後に注文することが出来る。
- M4A1の設定を再構成。
- AK102は変更された。もう以前のようにAK107に似ることは無い。
- FN SA85 "Hammer"を追加。Zatonの拠点のトレーダーより、LR300 Limitedを注文した後に注文することが出来る。
- gauss rifleの設定を再構成。
- SVDの設定を再構成。
- XM8の設定を再構成。
- 主人公の幾つかのスーツと手袋のテクスチャーを置き換え。
- Burer のテクスチャーをサンタクロースに置き換え。:) (author - AK999)
- ダイナミックニュースを追加。
-------------------------------------------------------------------------------
Version 1.1:
幾つかのバグを修正。
- M82をNPCが使用した場合にCTDした問題を修正。
- ワイドモニターに対応。

要望によって追加されたり変更されたりしたもの:
- SPAS12をowlに売ることが出来るようになった。
- AN94を注文した後に、SIG226をZatonのトレーダーに売ることが出来るようになった。
- オートマチックピストル OTs-33 "Pernach"をOwlが販売してくれる。
- アサルトライフル、Sako M95をOwlが販売してくれる。
-------------------------------------------------------------------------------
Version 1.2:
幾つかのconfigのバグを修正。
- ワイドモニターでのAim時のズレを修正。
- "Raptor"に取り外し不可能なサイトを追加。
- FN SCAR-LはFN FALに置き換え。
- SPAS12のモデルを当初の物よりも、より良質のものに置き換え。
- Mossberg 590のモデルを置き換え。
- AK74Uをレストア。ユニークなtacticalモデルに。Owlが販売。
- L86A1を再構築。
- 3つの新しいスナイパーライフルを追加:M14 DMR、L115a3 (ユニークなアニメーション付き)、HK PSG-1。何人かのトレーダー、又はPripyatのMilitaryのトレーダーから購入することが出来る。
- militaryスーツの"Gagarin"を追加。このアドオンはRuslan_3dより。RS-5 "SWAT"の双眼鏡を購入した後、ClearSkyのトレーダーから購入することが出来る。またMilitaryのトレーダーから双眼鏡 "Bulat" を注文することが可能。
- ダイナミックニュースを切り離し、任意に導入できるように。
- 幾つかの武器のテクスチャディテールを改良。
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
pg_ru_dl_01.jpg
pg_ru_dl_02.jpg
pg_ru_dl_03.jpg
 
2011/01/20 09:58
随分と間が空いてしまったけども、S.T.A.L.K.E.R.:CoP のWikiに載っていたInGameCC-CoP_JP ver.1.01のファイルを元に、Braz翻訳者さんが追記した英文を日本語訳したものがやっとこさ完成。
他のゲームとかばかりやっていたから全然進んでいませんでした。
ファイルはいつもどおりポマギーチェどっとコム2にアップしました。

地下のPripyat-1トンネルでの分隊の会話、Flintの話しなど、InGameCC-CoP_JP ver.1.01で記載されてなかった文章を大幅に追加してあります。皆いっぱい喋ってくれるよ!
Freedom の Stalker達の会話とかも追記。喋っている会話が理解できるようになると思うので、より深くこの世界を楽しめるのではないかなと思います。
訳していて思ったけども、今回DutyはFreedomにけちょんけちょんにバカにされてて笑えます。

■S.T.A.L.K.E.R.:CoP InGameCC-CoP_JP ver.1.01 改良追記版
http://ux.getuploader.com/stalker/download/23/InGameCC-CoP_JP+ver.1.01_%E6%94%B9%E8%89%AF%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E7%89%88.zip


それとあわせて、Sigerous MOD v1.7の日本語化ファイルも更新。
メインはInGameCCの更新だけども、それ以外の部分はほぼ以前と変わらないので、気になる人だけ導入するのが良いかも。
これもアップローダに上げました。

■Sigerous MOD v1.7 日本語化ファイルの更新 2011/1/20バージョン
http://ux.getuploader.com/stalker/download/22/SGM_COP_v1.7_jp_pack_110120.zip

今更やっている人は少ないだろうけど・・・。
良かったら使ってみてください。
すべての文章をゲーム内でテストしているわけではないので、文章に不具合があるかもしれません。
自分の環境では今のところ問題なく動作しています。
 
2011/01/20 07:00
soc_mod_lwr_01.jpg
以前紹介したSoC用のMOD、「LOST WORLD Condemned」の続編(というか、改良版)が「LOST WORLD Requital」と、名前を変えて登場。

基本的な変更点や特徴は、以前のLWCとそう変わっていない為、以前書いた紹介記事を読んでもらえれば特長がわかると思う。

↓以前の記事はこちら
【GAME】LOST WORLD Condemned - S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl用大型MOD
http://futureexpress.blog6.fc2.com/blog-entry-178.html

元々ロシア語圏のMODだけども、有志が英語訳ファイルをアップしてくれたので、ちょっとだけ遊んでの感想と、ついでに紹介もしてみようと思う。
いつも通り意訳多目なので、参考程度に。

このMOD、全体的にグラフィック全般&アイコンの質が高く、ゲーム自体も軽くて結構好きなんだけど、弾薬ベルトの概念があるので、ちょっとそこが面倒。
リアルに再現した部分が、ゲームとしてみると「欠点」になってしまっている気がする。
そう思っているのは自分だけかもしれないが、そのリアルに再現された部分を楽しめるかどうかで、好みが分かれそうなMOD。

----------------------------------------------------------------------
LOST WORLD Requital (旧 LOST WORLD Condemned)


■フォーラム
http://www.amk-team.ru/forum/index.php?showtopic=10697
http://gktmods.com/index.php?/forum/64-lost-world-requital/


■対応しているSoCのバージョン
v1.0006
(といっても、Steam 版 v1.0005で動作可能)


■紹介ムービー
Трейлер Lost World Requital
http://www.youtube.com/watch?v=BvmJbFA4E30
この哀愁漂う雰囲気がすごく良い。


■ダウンロード
・本体
LWR_fixed.exe(1.65 GB)
http://fileshare.in.ua/4023759
http://rutracker.org/forum/viewtopic.php?t=3335355 (トレント)

・Dinamics テクスチャパック(619 MB)
bumpマップテクスチャーの詰め合わせ。グラフィックの設定で「Dynamic Ligthing」を使用する人は、このテクスチャーパックを導入しないと、一部のテクスチャが格子状になってしまう。
http://fileshare.in.ua/4050754

・バグ修正パッチ
LWR_patch5.7z (26.1 MB)
http://rghost.net/3944018
http://narod.ru/disk/3456200001/LWR_patch5.7z.html(ミラー)

・有志作成の英語訳ファイル
LWR_eng_2011_01_26.zip
http://ux.getuploader.com/stalker/download/30/LWR_eng_2011_01_26.zip

LWR_english_script_0124.zip(スクリプト部分の英訳ファイル。上のファイルと一緒に導入するのをオススメ)
http://ux.getuploader.com/stalker/download/28/LWR_english_script_0124.zip


■インストール方法(Steam版SoC v1.0005で動作確認)
(1) Stalker SoCをインストール。

(2) LOST WORLD Requital 本体をインストール。

(2') Dinamics テクスチャパックをインストール。(※ 「Dynamic Ligthing」を使用する人向け)

(3) LWR_patch5(バグ修正パッチ)をインストール。

(4) 有志作成の英語訳ファイルをインストール。


■特徴
MOD製作者より:
私が古いバージョン(LOST WORLD Condemned)について良く覚えていることは、多くの人々がそれをより明るくするためにファイルを編集しなければならないほど、暗いゲームでした。
(※ こんなこと言っているけど、今回のLWRも十分暗い)
その印象的な最初のMODのリリースは単独での作業でした。ですが、それはこの新しいバージョンを作成したチーム(moddersと脚本家)を引きつけるのに十分でした。
このMODでは、新しいストーリー、拡張されたMAP、StalkerのMOD中にこれまであまり見ることの無かった若干の特徴とよくテストされた銃(AKなら実際の音と見た目がAKらしくあるように)を見ることが出来るでしょう。

--アノマリー探知器(Anomaly detector)
今現在、ゲーム内のアノマリーは探知器上で表示することの出来るシステムになっています。
各探知器は、それぞれアノマリーを検出できる半径があります。探知器は定期的に取替えを必要とするバッテリーで動作します。

--改造と装備品(Modification of equipment)
銃器とスーツを原型からすべて作り直しました。すべての派閥の Technician はスーツを改良することだけ出来ます。それぞれの派閥の彼ら特有のバリエーションがあります。

--PDA上のタグ表示(Tags on PDA)
プレーヤーはPDAのワールドマップ上に「タグ」を入れることができます。特定の場所を選択し、任意のテキストを設定することができます。

--食物の腐敗(Spoilage of food)
食料はすべて賞味期限を持っています。したがって、長い間バックパック内に食料を入れておく場合、それらが使用可能かどうかチェックすることを忘れないでください。

--装備の注文(Ordering equipment)
プレーヤーはトレーダーの助けを借りて、装備を注文することができます。また、各トレーダーは様々な商品を提供します。

--医療品(Medicine)
すべての食物と医療処置はゆるやかに効果が現れます。処置の間、そして、食べている間は銃を使うことができません。

--睡眠(Sleep)
健康の状態によって、プレーヤーはランダムな時間、睡眠することが出来ます。ランダムに寝る睡眠時間の範囲はおよそ15時間です。

--取引(Trade)
プレーヤーは略奪で裕福になることはできません。 Zone全体の人口の需給を完全に作り変えました。

本当に人が少ない。孤独感が強く寂しい感じ。
soc_mod_lwr_09.jpg
soc_mod_lwr_11.jpg

--ミュータント(Monsters)
単独行動する攻撃的なbloodsuckerを復活させました。 多くの場合、単独で彼に出会うことは致命的になります。

--アーティファクト(Artifacts)
アーティファクトを研究者に渡さないと、プレーヤーはその特性がわからない場合があります。いくつかのアーティファクトは既にデータベースに記録されています。新しいアーティファクトも追加しています。

--外骨格(Exoskeleton)
このスーツは非常にエネルギーを消費するものであり、定期的にバッテリーの交換を必要とします。このスーツのエネルギー消費速度はプレーヤーの行動に依存します。
外骨格を取得するのは非常に難しいのですが、特定の派閥の試作品を取得する為に、Technician にプロトタイプと多額の金を渡す必要があります。

--グラフィックとパフォーマンス(Graphics and Performance)
ゲームの性能を犠牲にすることのなく、改良されたグラフィックス。新しいテクスチャーと天候の変化を加えました。

--MAP(Locations)
新規追加された16箇所のMAP。
Red Forest
Swamps
Zaton
Pripyat
Jupiter
Hospital
Generators
Black Lake
Dead City
The Catacombs
Underground Tunnel
Covert
bubble
Limansk
military laboratories
East Canyon Reservoir

--アノマリー(Anomalies)
すべての生き物にとって非常に危険なアノマリーは、いくつかの死に至る危険な効果を持っています。すべてのアノマリーがイベントにかかわらずランダムに動いています。


■オプション
・ワイドモニター用パッチ
16:9や16:10のワイドモニターを使用しているユーザー向け。インベントリ等でのアイテムのDiscription表示を正常に。
http://rghost.ru/3838423/private/13375fe112497e7f15384b0ce98e1244

・攻略用MAP
各マップごとの他のマップへの移動ポイント。自分で探したい人は見ないほうが良いかもしれません。
http://rghost.net/3922121
http://ifotki.info/7/ec24810d58ceb8ad98139bb69148f18b5a967678116640.jpg.html
----------------------------------------------------------------------

主人公はMarked Oneではなく、KaidanというLoner。
soc_mod_lwr_04.jpg

そのせいか、Militaryとは中立だったりする。
soc_mod_lwr_05.jpg

そして、スタート地点もCordonではなく、East Canyonという新マップ。
soc_mod_lwr_03.jpg
最初っから新鮮な気持ちでスタートできる。

真っ暗闇な中、墜落したヘリの横からスタートさせられる。
soc_mod_lwr_02.jpg
本当に暗い、というか真っ黒。ガンマ上げても暗い。しかもライトはそれほど輝度が無いから、ライトつけてても暗い。
ここに載せているスクリーンショットはどれも輝度を上げている。


放射能の蓄積具合のメーターがHUDに無い為、どれくらい放射能に侵されているかがわからないのがちょっと難点か。
左下のHUDのメーターは、
青:スタミナ
オレンジ:空腹度合い
緑:ライフ
soc_mod_lwr_08.jpg
となっている。

放射能の蓄積具合は、アイテムの測定器を使用することで "数値" として確認可能。
soc_mod_lwr_radioactive01.jpg
soc_mod_lwr_radioactive02.jpg

探索していて、特にダメージも食らっていないのに体力が減ってきている場合、チェックすると放射能が思ったよりも溜まっているという事が多いので注意。こまめなチェックが必要になりそう。



グラフィックのクオリティは全体的にアップしているのにゲーム自体は非常に軽い。というか、パフォーマンスも考えて作っているだけあって、バニラのSoCとそう変わらない。素晴らしい。

最近のMODは追加要素が多過ぎて巨大になって、メモリエラーやら動作が重すぎたりとかばかりで正直うんざりしていたので、こういう方面に力を入れてくれるMODの方が頭一つ飛び出ている印象。
皆が皆ハイスペックでゲームしているわけじゃない、という事を考慮し、こういう細かい所にもちゃんと気を利かせる点は素晴らしい。

ただ、気を利かせすぎたのか細かすぎるせいか、食べ物の賞味期限とか、ゲームで再現しているのは非常に新しいのだけども、この機能を見ての第一印象は「めんどくさそう」って印象しかない。
弾薬ベルトといい、時間を決めて寝ることの出来なかったり、手間のかかる様な機能が多いのがちょっと不満かな。
PDAとかに目覚ましタイマーぐらいあるだろうし、つけて寝ろよ・・・とか突っ込みたくなる。

探知器のバッテリーの件も、以前CoPのSigerous MODでやっていたけども、あまりにも不評だったのか/意味が無いと思われたのか/ゲームとしての面白さを削減してしまうと思ったのか、バッテリー関係は削除された経緯がある。

ネガティブな部分が気になってしまうが、それを差し引いてもSoCの雰囲気を引き継ぎつつ、多くの面で良く考えられている良MOD。

最初に会うトレーダー。
soc_mod_lwr_10.jpg
soc_mod_lwr_06.jpg
soc_mod_lwr_07.jpg

洞窟なんかもあった。
soc_mod_lwr_12.jpg

今のところ、会話やアイテム名等が英語訳されているだけで、タスク関係はロシア語表記のまま。
だが、英語訳作業に従事してくれている人がいるので、英訳に感謝しつつリリースを待っていることにしよう。
 
2011/01/20 03:27
bl_dlc4_01.jpg
bl_dlc4_02.jpg

今更ながらBorderlandsのDLCをやっている。
他に誰もやっていないし、LV差がある等でソロプレイだけども。

本編もまぁまぁ面白かったんだけど、DLCの方が出来が良いような気がする。
GOTY版も出ているけども、個人的にDLCをランク付けするならば、
DLC3 = DLC4 >>>>> DLC1 >>>>>>>>>>>>>>> DLC2
って感じ。

DLC2は面白さがほとんど無い。ひたすら同じアリーナで変なルールの下、戦わされる。正直苦痛なだけ。
FPSだけど、銃撃戦がそれほど面白いかと言うと、それほどでもないしなー、このゲーム。
倉庫を利用することが出来るが、他のキャラクターとの共有とかはできない為、全くもって意味が無い。

DLC1も面白いことは面白いのだが、あまりやりこむ要素が無く、敵もそれほど強くも無いゾンビ相手だし、ただ追加された新規マップを1回やって終わりといった感じ。もうちょっとシステム面に追加要素が欲しかった。
ホラー要素のあるマップだけど、ゲームの雰囲気からして全然怖くないのも。
ディズニーランドのアトラクションのようだ。

DLC3でそれまでの不満点を改良したせいか、新しい敵や新しい宝箱、新規の乗り物、マップも大幅に拡張、敵もより強く、レベルキャップも引き上げ、と力の入れ具合が全然違う。
ただ、マップが広い為、車での移動が若干めんどくさいのが難点か。車に乗せる為なんだろうけども、ちょっと爽快感や快適さを削ってしまっている気がする。
それを考慮しても、Borderlandsが好きなら十分に楽しめる”買い”な内容。

一番新しいDLC4の「Claptrap's New Robot Revolution」は大分面白くなっている。
マップ内に要素を詰め込んでいるため、めんどくさい移動が減り、マップ自体も銃撃戦を楽しめるように良く考えて作っている。
bl_dlc4_23.jpg

bl_dlc4_04.jpg
bl_dlc4_05.jpg

それに、ウザカワイイClaptrapの反乱ってところがまたほほえましくて。
bl_dlc4_09.jpg

Claptrapのバリエーションも色々あって面白い。
bl_dlc4_11.jpg

セリフも沢山増えていて、偉そうなこと言っているClaptrapと戦うのが楽しい。
また、今までに他のDLCで出てきたボスや、本編のキャラクターが再度登場するところも面白い。というか、良い意味で開発が遊びすぎな感じもする。楽しんで作っているんだろうなーって。
bl_dlc4_06.jpg
bl_dlc4_07.jpg

本編で戦うことの無かったSTEELEさんや、DLC3のNOXX将軍の登場セリフも笑える。
皆無理やりClaptrapに起こされて洗脳されたのか。小ネタがいっぱい仕込んである。
bl_dlc4_10.jpg
bl_dlc4_12.jpg
bl_dlc4_13.jpg

「SPA」、「No Evil Boss HERE!」とかこんなことを言っておいて・・・
bl_dlc4_14.jpg

出てくるのはコイツ。
bl_dlc4_15.jpg

で、またこんなことを言っておいて、
bl_dlc4_16.jpg

出てくるのはSTEELEさん。ベタベタ過ぎて面白い。
bl_dlc4_17.jpg


ネーミングがENIACをモチーフにしているところとか。
bl_dlc4_18.jpg
bl_dlc4_19.jpg

bl_dlc4_20.jpg


サムライって名前のクセにボクシンググローブで突っ込んでくるClaptrapとか。
bl_dlc4_08.jpg


で、相変わらず無茶振りをしてくるTannisさん。今回も無茶振り(めんどくさい)なクエストを依頼してくる。
bl_dlc4_03.jpg

頑張ってすべての依頼をこなすと、こんなロボットが。何作ってるんですか姉さん。
bl_dlc4_22.jpg


ほぼ不満の無いDLCなんだけども、唯一の欠点らしいところが。
ClapTrapを倒した際にDropするアイテムでパンティ(なんでパンティ?)とPizzaとオイル缶などがあり、それを一定数集める実績っていうのがある。
bl_dlc4_24.jpg

問題なのはそのDrop率が低すぎて、数時間ClapTrapを倒し続けても、規定数は絶対集まらないというレアさ。
実績解除をしたい人には厳しいかも。

ラストのエンディングはおいたをしたClaptrapのオシオキタイム。
この時のセリフもウザカワイイ。
bl_dlc4_21.jpg


このゲーム、面白いんだけど、色々惜しいんだよなー。
RPGっぽくLVシステムを取り入れたのがいろんな意味で失敗な気がする。でもDLCでゲームの内容はどんどんと良くなっている様な片鱗が見えるのが救いか。
でも、もうDLCは出さなくて良いから次回作に期待したい。
 
2011/01/20 02:34
steam_icon_laracroft.jpg

laracroft_gol_01.jpg
これもまた年末年始のSteam Holiday Saleで購入したゲーム。5.10ドル。約400~450円ぐらいか。
一番最初にやったTomb Raiderは、セガサターンだった記憶がある。
その時の日本語名はレイラ・クロフトだったのに、途中からララ・クロフトになってたな。レイラの方が良かったのに。
このゲームで3D空間の遺跡探検の面白さに目覚めて、すごい時間を費やしていた気がする。あまり広告宣伝をしてなかったせいで、そこまで期待はしてなかったのだが、始めてみたら面白くて面白くて。

laracroft_gol_02.jpg

その今までのTPS視点のTomb Raiderとは違って、今作は俯瞰型のアクション&パズルゲームになっている。タイトルもTomb Raiderとは付いていないから、スピンオフみたいな感じかな。
そのおかげで3D酔いも無く、動作も軽快。悩むようなパズル要素は大分減り、アクション性を高めたゲームになっている。
laracroft_gol_04.jpg
laracroft_gol_07.jpg
laracroft_gol_08.jpg
laracroft_gol_09.jpg


今回から2人プレイも出来るようになっており、2人目はトテックでプレイ。
laracroft_gol_03.jpg


途中のステージ、クモの墓での実績解除で「ネズミ捕り」ってのがあるが、その内容が「クモの墓のトゲ地帯で全てのトゲを同時に作動させる」というもの。
laracroft_gol_13.jpg
この実績を解除するために、針の床をすべて踏んで作動させるルートを探してみた。
参考にどうぞ。スタートは左下からでも、上のパネルからでもどちらでもOK。
laracroft_gol_14.jpg


アクション部分に力を入れているせいか、武器の種類が大分多い。また、装備することでララの能力をアップさせるアーティファクトといったものも多数用意されている。

ロケットランチャーとかもある。
laracroft_gol_10.jpg


コイツがボスのショロトル。途中途中で色々手を変え品を変え逃げながら邪魔してくる。
ボス戦も幾つかあるが、他のゲームに比べると簡単な部類。
laracroft_gol_11.jpg
laracroft_gol_05.jpg
laracroft_gol_06.jpg


各ステージをクリア後は、タイムアタックや、取り逃した実績、アーティファクト等の取得に再チャレンジできるようになっている。
どれもそれほど難しくは無い。
laracroft_gol_12.jpg

一通りエンディングまでシングルプレイでクリアーして7時間程度だった。
協力プレイもできるっぽいが、まだ未プレイ。敵の数が増えたりするのかな?
 
2011/01/20 01:58
steam_icon_kane_lynch.jpg

kandl2dd_01.jpg

年末年始のSteam Holiday Saleで購入したゲームを消化している毎日。

このゲーム、プレイしたのはちょっと前だけども、簡単な感想を。
前作Kane & Lynchはやっていないのだが、Steamで5(4.99)ドルだったので、たまにはTPSもって感じで購入したゲーム。

一通り遊んでクリアーしての感覚は、上海を舞台にしたクライムムービー、もしくはTVドラマを一本見終わったって印象。
kandl2dd_02.jpg
kandl2dd_03.jpg

主役のおっさん2人。最初はLYNCHを操作して進めることになる。
kandl2dd_04.jpg

カメラにかけたエフェクトが良くできているだけあって、ドキュメンタリーっぽい臨場感は素晴らしい。
ストーリーは基本一本道だし、カメラの手振れやノイズ、レンズフレア、ヘッドショット時や股間にモザイクが・・・などの効果がよりそう感じさせる。
kandl2dd_05.jpg
kandl2dd_07.jpg

モザイク。
kandl2dd_06.jpg
kandl2dd_09.jpg


次のマップへのロード中の会話文も映画っぽさの出た演出。

また、上海の町並みが本当に良く作りこんでいる部分も評価高い。ごちゃごちゃ感といい、前述のカメラ効果等がついているおかげで、大分臨場感が増している。
ただ走り過ぎるだけの場所でも小物をちゃんと作っているのが好印象。
kandl2dd_10.jpg
kandl2dd_12.jpg
kandl2dd_11.jpg

上海のゲームショップ?minininjaとかHITMANとか。
kandl2dd_13.jpg


途中途中に出てくる上海の一般人の、銃撃戦に巻き込まれ怯えている表情も良い。
kandl2dd_08.jpg
こういう細かいディテールが画面に説得力を持つんだよね。

生活感のある小物。
kandl2dd_16.jpg


ちょっとストーリーがありきたりなのが気になるが、基本撃ちまくりのシューティングだし、そこらはあまり重要視されてないからこれでいいのだろう。
kandl2dd_14.jpg

拷問にかけられ、脱出はするが素っ裸で逃げる2人。
kandl2dd_17.jpg


1回クリアーしてそれで終わる。銃の種類は色々出てくるが、拾って撃つ → 倒した敵からまた拾って撃つ、を繰り返して進むだけなので、あまりアクションの幅は無い。
手榴弾っぽいものは、そこらに置いてあるガス缶とかボンベを投げて撃つ → 爆発 って感じで代用しているけど、そこまで自由に使えるほど数あるわけでもないし。

カバーアクションのバリエーションは数多く、銃だけ出して撃つことも可能。命中率はほとんど無いけど。
kandl2dd_15.jpg

体力バー等は無く、最近よくある自動回復。連続してダメージを食らわずにしばらく物陰とかで隠れていれば回復する。

画面の作りこみはすごく良く出来ていてリッチなんだけども、それ以外のゲーム性の部分が惜しい。
kandl2dd_18.jpg
kandl2dd_19.jpg
kandl2dd_20.jpg

途中のヘリでの空中戦。
kandl2dd_21.jpg


メインのシングルストーリーの部分は、クリアーするまで2~3時間。サクッと終わる内容。
こういうクライムムービーが好きな人なら買いかも。それも5ドルの場合ぐらいだけど。
kandl2dd_22.jpg
kandl2dd_23.jpg
kandl2dd_24.jpg
kandl2dd_25.jpg

昨今の美男美女ばっか出るゲームに飽きてて、腹の出た中年のおっさんの泥臭いアクションが好きな人は是非。
 
2011/01/03 23:54
steam_icon_thepath.jpg

Steam Holiday sale の Indie Fright Pack に入っていた一本。
ホラーなのかな? それほど恐怖的な要素は少ない気がする。画面全体が醸し出す雰囲気は不気味な感じだけども。

通常のアドベンチャーゲームのような姿を持っているが、アート寄りの作品。インタラクティブアート寄りのゲーム、って言ったほうが近いかもしれない。
常に画面にエフェクトがかかっていて、絵本のような、擦り切れた古い映画のような不思議な雰囲気を作り出している。
このTale of Talesの開発者(2人だけのすごく小さなベルギーの開発スタジオ)は元々ゲームを作ろうと思っていたわけではなく、没頭できる世界観を構築したいと考え、それが出来ることは何かと模索した結果、ゲームと言うメディアを利用することにしたようだ。
特にこの開発者へのインタビューが非常に興味深い為、このゲームに興味を持っている人は読んでみることをお勧めする。
■よくわかるThe Path
http://www.hmx-12.net/~virgil7/games/thepath/index.html

■Tale of Tales へのインタビュー
http://www.zillionmonkey.com/?page_id=228

ゲームの目的等は一つだけ、6人の少女達から一人を選び、おばあちゃんの家まで届け物(ワインとパン)を届けに行くのが目的。
path_01.jpg

path_02.jpg

だが、スタート地点から、道なりにまっすぐ行くだけでおばあちゃんの家について、そこでクリア。
path_03.jpg


しかし、一旦道の脇のループする森の中に入ると、様々な要素が詰め込まれている。
そこでの行動により、最終的におばあちゃんの家に行った時に、その家にいろいろな変化が現れると言う内容。
path_04.jpg


森の中を彷徨い、ちょっとづついろいろなモノが見つかり、画面に表示される要素の意味が理解できるようになると、ゲームっぽく感じてくる。
path_06.jpg

森の中には、ある特定の女の子でなければ効果を発しない、取得できないアイテムや要素もあり、すべての要素を楽しむにはすべての女の子でプレイする必要がある。
path_10.jpg


詩的な英文が出てくるところも。こうしてみると非常に絵本とか物語っぽい。
path_05.jpg
path_07.jpg

このRubyって子がかわいい。ニーブレースとか、格好がとてもゴスっぽいな。
path_09.jpg
path_11.jpg
path_08.jpg


おばあちゃんの家に届けモノ、6人の女の子達のカラーは赤が基調、頭巾を被っている、などから、童話の「赤頭巾ちゃん」がモチーフだという事が読み取れる。
もちろんオオカミも出てくる。だが、オオカミはそのままの姿で出てくるというわけではない。(一部、置物みたいにおばあちゃんの部屋にいるけども)オオカミはメタファーで、別の姿で出てくるようだ。
 
2011/01/03 15:05
今日の夜中(1/3 午前3時)までの Steam Holiday Sale で購入したゲーム。
大体日替わりセールで購入したものばかりだけど。
--------------------------------------------------
Dragon Age: Origins - Ultimate Edition: 24.99 USD
- Dragon Age: Origins
- Dragon Age: Origins - Awakening Expansion Pack
- All Nine Content Packs
steam_icon_dragonage.jpg


Batman: Arkham Asylum GOTY: 7.50 USD
steam_icon_batman_goty.jpg


Bully: Scholarship Edition: 7.49 USD
steam_icon_bully.jpg


King Arthur Complete Pack: 5.39 USD
- King Arthur - The Role-playing Wargame
- King Arthur: Knights and Vassals DLC
- King Arthur: Legendary Artifacts DLC
- King Arthur: The Saxons
steam_icon_kingarthur.jpg


Darksiders: 10.00 USD
steam_icon_darksiders.jpg


Indie Fright Pack: 4.99 USD
- Burn Zombie Burn!
steam_icon_burnzombie.jpg

- The Path
steam_icon_thepath.jpg

- The Scourge Project: Episodes 1 and 2
steam_icon_scougep.jpg

- The Void
steam_icon_thevoid.jpg

- Zombie Driver
steam_icon_zombiedriver.jpg


The Witcher: Enhanced Edition (ROW): 5.00 USD
steam_icon_witcher.jpg


Lara Croft and the Guardian of Light: 5.10 USD
steam_icon_laracroft.jpg


Iron Grip: Warlord: 2.50 USD
steam_icon_warlord.jpg


Amnesia: The Dark Descent: 6.80 USD
steam_icon_amnesia.jpg


Kane and Lynch 2 - Dog Days: 4.99 USD
steam_icon_kane_lynch.jpg


Brothers in Arms Pack: 9.99 USD
- Brothers in Arms: Earned in Blood
steam_icon_bia_eb.jpg

- Brothers in Arms: Hell's Highway
steam_icon_bia_hh.jpg

- Brothers in Arms: Road to Hill 30
steam_icon_bia_rh30.jpg

--------------------------------------------------
合計 94.74 ドル(2011/1/3現在のレートの1ドル81円だと、約7,700円ぐらい)

全部でDLC等は抜いて18本。それでこの値段は安いなぁ。
詰みゲームが増えてしまったけど、この正月はじっくり遊んで消化しよう。
 
2011/01/02 14:40
ここ数日やっていたDarkSidersをクリア。かかった時間は大体25時間程度。色々寄り道も含んでこれぐらい。
謎解きも簡単なので、サクサク進んであっさりした感じ。
ボス敵に何度も殺されると言うことも無く、そんなに歯ごたえを感じなかったのは難易度がNORMALだからか。
ラスボスはそんなに強くない。途中の中ボスの方が強敵だった気がする。

中ボスのクモおばさん。強そうなデザイン。
ds_21.jpg

一番最初でやられた巨大な敵と、再戦。こういうシーンがGoWっぽい。
ds_23.jpg


デザインはラスボスッぽくて良いんだけど、そんなに強くない。
ds_28.jpg
ds_29.jpg
ds_30.jpg

馬で走るのは気持ち良い。ただ、ターンの仕様が変。急旋回しようとしても方向転換してしまう。
ds_22.jpg


全体的に手詰まりや無理ゲーだろこれって点が無く、非常に丁寧に作られている印象。
マップ上でのアイテム表示や宝箱表示(特定のアイテム入手が必要)など、細かいところが行き届いている。
ちょっと気になったのは、コンシューマ向けに作られている性か、インベントリ画面の操作性が余り良くないのが気になった。
ポータルやらGod of War やらいろんな所から要素を持って来たって感じのアイテムを使用したアクションが多い為、装備しなおすのがめんどくさい。
とはいっても、しばらくやっていれば慣れてしまうし、問題無いレベル。

ただ、一度クリアしてしまうとリプレイ性はあまりない。強いて言えば実績解除の為にリプレイするぐらいかな?

後半で行くことになる、エデン。
ds_24.jpg

天使のユリエル。一応ヒロインなのかな?始めてみた時、X-MENのストームかと思った。
まぁ、アーティスト一緒だしな。
ds_25.jpg
ds_26.jpg

アビサルアーマーの破片を10個集めてアビサルアーマー取得。これ強すぎ。全然ダメージ食らわない。
唯一2週目に引き継げる要素。
ds_27.jpg


残りの3騎士がほとんど登場しないのは複線かな?
元々主人公War自体、聖書の黙示録の4騎士を元にデザインされているから、他のメンバーのデザインはどうなっているのか気になる。
最後のエンディングの演出は、次作に繋げる様なワクワク感があるし。

エンディング
ds_31.jpg

やりこみ度合いは少ないけども、軽い感じの良質のアクションゲーム。
Steamで10ドルだったから、十分元取るだけ遊んだかな。

 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。