--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2012/05/30 14:49
alanwake_an_01.jpg

ALAN WAKEの外伝的位置付けのAlan Wake's American Nightmare
ちなみにこれはALAN WAKEのDLCではなく、単体で起動するスピンオフ作品。

内容はストーリーモードとアーケードモードと2種類あるが、ストーリーモードはALAN
WAKE本編の後日談的な内容なので、本編を遊んでいないと訳が分からないと思う。

自分はSteam版を購入。
通常価格は14.99ドル(約1,200円)だが、Alan Wake本編を(steamで)所有している場合、25%割引される。
本編と同じようにUIや字幕は日本語だが、会話音声部分は英語。


まずはストーリーモード。
alanwake_an_02.jpg

alanwake_an_03.jpg

alanwake_an_04.jpg

本編では自分の書いた小説によって歪められた現実を本人が追体験し、そのストーリーを書き換えていくという話だったが、今回のAmerican Nightmareでは、ALAN WAKE本人が以前仕事で脚本を書いたTV番組の架空の町「ナイトスプリングス」が舞台。
本編のラストで、妻を闇から救い出したが、その代償に自分が闇に囚われてしまったALAN WAKE。

そこで新たにエンディングを書き換えようとしていたけども、結局書いている途中で闇の力に襲われたらしい。
とりあえずスタート地点で小説を書いていたロッジらしきものが闇の沼にのまれていくシーンがあるので、脱出した所だったのだろう。で、周りを見てみるとそこはナイトスプリングスだと。
自分の深層意識化の町が具現化して、ALAN WAKEの意識自体を飲み込もうとしている。

alanwake_an_05.jpg

alanwake_an_06.jpg


今回の敵となる、黒いALAN WAKEというべきMr.スクラッチ(発音できない引っ掻いたような擦ったような音)は、まんまALAN WAKEの闇の部分。ALAN WAKEを闇の中に閉じ込め疲弊させ、本体を乗っ取ろうとしているようだ。

闇の中から脱出しようと試行錯誤するが、結局同じところに戻ってきてしまうというループするストーリー。
alanwake_an_11.jpg

alanwake_an_12.jpg

alanwake_an_14.jpg


大きく分けて3つのマップがあるが、回数を重ねるごとにちょっとづつストーリーが変わっている。
そしてそこに出てくる登場人物も記憶だけが残ったままループしているという不思議な現象。
最終的にはMr.スクラッチの罠を抜け、ループから脱出するのが目的。
alanwake_an_17.jpg

alanwake_an_18.jpg

alanwake_an_19.jpg


今作はなによりもアクション部分が大幅に快適(?)になった。
スタミナが大幅に増えた為、敵から走って逃げられるし、弾薬は時間経過でRespownするので弾切れは無いし、ALAN本人の挙動も軽快。
闇の者に追われて必死に逃げ、追いつかれる緊張感がなくなり、サクサク倒せる単純なTPSのアクションゲームになってしまった。バイオハザードを思い浮かべる。

落ちているページを集めて武器をアンロック。
alanwake_an_07.jpg

ミニマップが表示され、そこに弾薬や回復ポイント、目的地への道案内、そして集めるべき書類の位置までが表示される。
アドベンチャー的要素は薄れ、闇の者とのバトルがメインになっている。
敵キャラクターの攻撃パターンや種類も何種類か増え、それによって立ち回りや対応の方法を変えなければならないからますますアクションより。

時間でRespownする無限弾薬。
alanwake_an_10.jpg

持ちきれないぐらいいっぱい弾が落ちている。
alanwake_an_16.jpg


そのアクション部分が十分に楽しめるのがアーケードモード。
朝日が昇るまでの10分間、闇の者からの襲撃をアリーナっぽい限定されたマップで戦い抜くというモード。
回復ポイントも弾薬もRespownするし、次から次に湧いて出てくる闇の者を狩って夜明けまで生き抜く。
ハンターというかALAN WAKEさんが狩る側に回っている。次の方どうぞって感じに余裕で戦える小説家。それを"奴らとは長い付き合いだからな"で済ますのも・・・。


スコアアタックとか最初はちょっとびっくりしたけども、なかなか面白い。

ストーリーモード自体は数時間でクリアできるボリューム。
ストーリーはとってつけたような感じがして本編ほどではないけど。途中途中で出てくるTVモニターに映るMr.スクラッチがいいキチガイ演技していて面白い。じっくりと手を止めて楽しませてもらった。
alanwake_an_09.jpg


後、ピークとなるバトルの演出が別ゲーム?!ってほどテンションの高いロックが流れるTPSアクションゲームになっていたのが笑った。
いや、ホント面白いんだけど、ALAN WAKEじゃない感じ。
alanwake_an_20.jpg


ストーリー、アーケードモード共にすべての実績解除含めて10時間ほどプレイ。全解除は比較的簡単。
ハッピーエンドっぽい終わり方だったけど、まだなんかありそう。
alanwake_an_21.jpg

alanwake_an_22.jpg

alanwake_an_23.jpg

alanwake_an_24.jpg

alanwake_an_25.jpg

alanwake_an_26.jpg

alanwake_an_27.jpg



自動車修理工のエマさん。別に外見に気を使ってなさそうだけども、グラマーでノーブラだからか普通にセクシー。そうでなくても今回の作品の女性陣は皆無駄にセクシー。そういやNPCはMr.スクラッチ以外は女ばっかだ。
alanwake_an_08.jpg

パーティーの途中で今回の異常な天体の動きを察知して天文台に来たため、ドレスの上には白衣。
alanwake_an_13.jpg

闇に囚われて、妙にセクシーなしぐさになってALANを誘ってくる映画祭の実行委員の人。闇がなくなると田舎娘。
alanwake_an_15.jpg
スポンサーサイト
 
2012/05/29 21:42
噛ませ犬のアズモダン。
diablo3_01.jpg

diablo3_02.jpg

Witch Doctorでペット引き連れてのんびりプレイしていたのだが、フレンドのMonkと一緒に遊んだら進行が早すぎて一気にACT3、ACT4とクリアしてしまいエンディングへ。LV35ぐらい。
Normalはチュートリアルだったんだ。

diablo3_03.jpg

diablo3_09.jpg


今はNightmareでまた一人のんびり進めている。
Diablo3よりも他のFPSの方が面白いので、どうも進みが遅い。他のSteam friendsは3人目のキャラとか作っている人もいるし。


今回のラスボスは原点回帰なのか復活したDiablo。媒体となったリアのせいか、なんか女性っぽい体系のDiabloさん。
diablo3_04.jpg

diablo3_05.jpg

それ以外にも懐かしい敵がちょこちょこ出てきて昔を思い出したり。


しかしこのデベロッパは昔からムービーの質が高いな。映画並みのクオリティだ。
そうでなくても背景美術のデザインは素晴らしい。
diablo3_06.jpg

diablo3_07.jpg

diablo3_08.jpg
 
2012/05/26 02:49
大型アップデート&Free Weekendってことで、Red Orchestra 2をアップデートして起動。
なんとまぁ動作の軽快なこと!劇的に改善されている。
それに、いまいち重過ぎて使いづらかったサーバーブラウザもサクサク軽快になって快適。

フリーの影響か、64人サーバーが沢山立っていて、しかも満員という大盛況さ。
ro2_15.jpg

そのかわり、初心者っぽい人が多いからRespown地点でFriendry Fireしている人もいたけど。
そうでなくても敵に間違えられて誤射される。
ro2_16.jpg


いやぁBotと違って、プレイヤーでいっぱいになったサーバーなんて初めて見たかも。
インターフェイスもちょっと改良されてて、フォント関係も見やすいものになっていた。
ro2_17.jpg

細かいところだけども、steam実績が正常に解除されるようになっている。
条件満たしてもうんともすんとも言わず、バグっていたsteam実績システムが正常に動いているのを確認。

Actionモードのサーバーに入ってみたんだけど、どうにもこれはRO2らしくなく、システム的に現代のFPSっぽいゲーム内容になっていた。だからか、装備の差でドイツ側がほとんどの場合で勝つ。
ロシア側は単発の銃がメインだからなぁ・・・

あまり匍匐前進とか使うことも無く、スピーディーな試合展開。これはこれで面白いんだけどもなんか違う。
ro2_18.jpg

もっとじっくりジワジワと進行していくようなプレイをしたい。
クラシックモードのサーバーに入りたかったけども、大人気らしくて満員。もうちょっと時間空けて明日にでもまたやってみようかな。それと新マップはまだ遊べてないので、それもやりたいなぁ。

Free Weekendは日曜日までやっているっぽいので、これでプレイして気に入った人が購入し、全体のプレイヤー数が増えると良いな。
とりあえず、人数が多いと非常に面白いことが判明。皆やりましょう。
 
2012/05/24 18:55
alanwake_01.jpg

積みゲーを崩す。
質が高く評判が良いということで楽しみにしていた、アクションアドベンチャー「ALAN WAKE」をインストールしてプレイ。プレイしたのはSteamで購入したPC版。

■ ALAN WAKE
http://www.alanwake.jp/
(※リンク先はXBOX360版の日本語サイト)

alanwake_03.jpg

alanwake_04.jpg

metascoreもユーザーからの評価も高いTPSのアクションアドベンチャー。
Steam版をプレイしたけども、デフォルトで日本語音声&日本語字幕が入っている。こんなに最初っから遊びやすいゲームは珍しい。この時点でもうポイント高い。
最近Steamでも日本語対応のゲームが増えてきてくれてて非常に嬉しい。


このゲーム、アクションゲームとして遊ぶと多少不満を感じるかもしれない。
欠点らしい欠点は見つからず、ゲーム全体の質は非常に高いが、アクション部分は無難な出来。
それよりも先が気になる秀逸なシナリオと演出、それにアクションを絡めたストーリー重視の"海外ドラマ"ゲームという感じ。
ホラーっぽさもあるが、さほど怖くない。

導入部分がちょっとサイレントヒルっぽい。
alanwake_02.jpg

ゲーム全体で幾つかのチャプターに分かれ、それぞれスタート時には前のチャプターを「前回のALANWAKE」みたいなドラマの演出を模したショートムービーが挿入される。
それだけではなく、ゲーム内にドラマ的手法がたくさんちりばめられており、次の回(チャプター)に期待を持たせる作りがとても良い。
alanwake_05.jpg


ニューヨークのアランの家。ヒットメーカーな小説家だけあって良いところ住んでるな。
alanwake_17.jpg

alanwake_18.jpg


続きの気になるストーリー展開で、一度始めたら先が気になって止め時が見つからなかった。それほど詰まらずにサクサク進める点もその理由の一つだろう。


出す小説すべてベストセラーな売れっ子小説家のアラン・ウェイクが主人公。

だが、ここ2年ほどスランプでまったく書くことができなくなってしまったアラン。
そんな夫を心配し、妻のアリスが気分転換にブライトフォールズという風光明媚な土地への旅行を計画する。
そこでなら執筆も進むのではないかという妻の思惑があってのことだ。

アラン的にはやっと執筆のスランプから離れられて、コールドロンレイクのロッジでゆっくりできると思っていたところに、タイプライターを持ち込むという妻の気遣いが逆に気に障ってしまい、つらく当たってしまった。
そこでちょっとしたすれ違いがあったとき、妻はコールドロンレイクの闇に潜む何者かにさらわれてしまう。
alanwake_11.jpg

alanwake_12.jpg

alanwake_13.jpg

alanwake_14.jpg


その謎を解き、妻を取り戻すためにアランは動くのだが、生く先々で書いた覚えのないが、明らかに自分の文体でこれから書く予定だった自分の小説のページを見つけていく。
その小説の中の文章が、今のアランを主人公にした物語で、今と全く同じ状況を示し、ちょっと先の未来を予言していて・・・というストーリー。

alanwake_21.jpg

alanwake_22.jpg

alanwake_23.jpg

alanwake_24.jpg


小説の中の架空の世界の話なのか、現実の世界なのかあいまいなまま進んでいく演出もよい。

途中途中で出てくるTVでやっているホラー番組「ナイトスプリングス」。日本の「世にも奇妙な物語」っぽい番組。しっかり作られてるから、足を止めて全部見てしまった。
alanwake_15.jpg


特に舞台となる田舎町のブライトフォールズのグラフィックが素晴らしい。
森や草木やガラクタや過疎っぽい田舎町の雰囲気がとてもよく出ていて、景色を眺めながら散策するのも楽しい。
alanwake_06.jpg

alanwake_07.jpg


だが、ほとんどは妻をさらった闇の者との戦いが中核なので、夜が舞台。
不思議な淀みのある夜の森の中を懐中電灯一本で道を探す心細さとか、暗くて多少迷ってしまいそうになるところとか、闇の者に後ろから追われる恐怖とか非常によくできている。

光と闇の対決をメインに持ってきているから、暗闇のシーン、特に暗い森の中のシーンが多い。そんな中で街灯やランプの明かりが心底ほっとする。
ただ、森の中のシーンがゲーム全体を通してちょっと多過ぎるかなと思うけど。


敵との戦闘は光を使って敵の闇のベールをはがすことで、やっと銃などによるダメージを与えられる。光をかざしたり光を当てると敵は後退するから、それを使って崖から落とすことも可能。
弾薬は結構よく落ちているので、チャプターが終わるまでに使い切るってことはあまりない。
alanwake_20.jpg


また、敵の攻撃は接近戦が大半。なので、敵が振りかぶった時にタイミング良く回避行動をとるとスロー効果がかかり、直前で敵の攻撃を避けるカタルシスが味わえる。
数人に囲まれ、上手くタイミングよくヒラリヒラリと攻撃を避けれると、非常に気持ち良い。



エージェントのバリー、ランプおばさん、保安官のサラ、妻のアリス、ダイナーの店員ローズ、トールとオーディンのおじいちゃん兄弟などなど、登場人物はちゃんと立っていて目的を持ち、会話にも個性が出ていて面白い。
alanwake_08.jpg

alanwake_09.jpg

alanwake_10.jpg

alanwake_16.jpg

alanwake_19.jpg


ただ、業務の範囲を超えて執拗に主人公を追うFBIのナイチンゲール捜査官の動機だけがいまいちよくわからなかった。
まだすべてのページを集めていない為、拾っていないページで彼の心情や詳細がそこで保管されるのかもしれないが、メインストーリーを進めているかぎりではその動機に納得しきれないところをちょっと感じる。
alanwake_25.jpg


ゲーム内での謎解きというか、仕掛け的な要素は少しだけ。難易度も低くそれに詰まることはまずないだろう。
それが闇に包まれたブライトフォールズと、妻を解放するために四苦八苦するアランのストーリーを楽しむ邪魔をすることは無いはず。
alanwake_26.jpg

alanwake_27.jpg

alanwake_28.jpg

alanwake_29.jpg

alanwake_30.jpg


難易度もeasyで遊べば、アクション苦手だが海外ドラマ、サスペンス等は好き!って人でも十分楽しめると思う。


alanwake_31.jpg

alanwake_32.jpg

alanwake_33.jpg

alanwake_34.jpg

alanwake_35.jpg

alanwake_36.jpg

alanwake_37.jpg

alanwake_38.jpg

alanwake_39.jpg

alanwake_40.jpg

alanwake_41.jpg

 
2012/05/24 00:26
fromdust_chrome.jpg

From DUSTの無料のトライアル版がGoogle chromeで遊べるようになっていた。
ブラウザで遊べるFrom DUST。



■From DUST(Google chrome)
https://chrome.google.com/webstore/detail/anelkojiepicmcldgnmkplocifmegpfj

トライアル版なので、フルバージョンを遊ぶには、メニューで「Unlock full game」を選んで購入すればよいだけ。
トライアル版とはいえ、基本的なゲーム部分を理解できる範囲までは遊べるので購入を考えている人は試してみるのもいいかもしれない。
画質はブラウザゲームの為、通常のPC版に比べてちょっと悪く感じるけど、内容を知るにはお手軽。

ちょっと遊んでみた感想だけども、個人的にこのゲームは自然環境のなめらかな変異の素晴らしさが売りだと思うので、グラフィックの綺麗なPC版をお勧めしたい。

ブラウザゲームに9.99ドル払うんだったらSteamで15ドル払って買った方が全然良いと思うんだが。セールの時を狙えばもっと安く購入できる可能性もある。
ちなみに以前あったsteamのセールでは4.99ドルで販売していた。もうすぐ夏なので超大型のサマーセールもあるし。


FromDUST」ってどんなゲーム?って人は以前書いた記事を参照。
・【GAME】From DUST
 
2012/05/24 00:17
■RO2 GOTY Free Content Update Dev Diary


ついに来る、Red Orchestra 2の大型アップデート。
RO2にGame of the Year Editionとしての大規模改善パッチが来る模様。既存のユーザーにはそのままアップデートされるみたい。
新マップの追加とゲーム全体に渡るパフォーマンスの改善と調整、新しい今現在のFPSっぽい"Action"モード、古き良きシビアなリアル志向の"Classic"モードの追加、そしてSteamでのFreeWeekend
これで少しは人が増えるといいな。
日本だと今週末5/25~27日までフリープレイ開催っぽいので、皆で撃ったり撃たれたり、爆撃されたり、出血多量で死んだりして、儚い一兵士を思う存分味わいたい。


■公式サイト
Red Orchestra 2 Game of the Year Edition Announced - Dev Diary Video!
http://www.heroesofstalingrad.com/2012/05/22/red-orchestra-2-game-of-the-year-edition-announced-dev-diary-video/

アップデート内容は↓のページに。
各項目ごとに分かれているけども、ほぼすべてにわたって修正が入っているので相当数ある。
AIの大幅な改善も図っているようなのでBotの動きも多少は改善されるのかな。
http://forums.tripwireinteractive.com/showthread.php?t=79061
 
2012/05/22 23:45
-blog
プロフィールにSteamcardをつけてみました。フレンド登録は随時受け付けています。良かったらマルチで一緒に遊びましょう。


-Dayz MOD
Dayz」MODの為にArma2を買おうかどうか悩んでいる。
でも他に買ったけど積んでいるゲームが多いし・・・
と悩みつつ買っちゃうんだろうたぶん。動画見ているだけで面白そうでやりたくてたまらん。リアルStalkerだろうなぁこれ。


-翻訳
ShokerMODv1.9の日本語化はちまちまと進めている。
やっと武器関係は全て翻訳終わり、スーツ関係の翻訳を進めている。でも、日本語化完成してリリースするころには誰もやっていないんじゃないかなとか思ったり。
作業もすべて完成させる意欲がちょっと落ちてきた。スーツ関係を翻訳したら日本語化ファイルを更新して一旦区切りつける予定。
Shokerさんがv1.95を近日出す予定みたいだけど、そうしたら意欲も復活するかな。結構目立っていたバグや不具合が治ってるといいな。CSバニラ自体のバグもあるっぽいけど。

Sigerous2.2の方も翻訳をちょっと進めているけども、完成はまだまだ先になりそう。
英語訳パッチがあるので、遊びたい人はそれを導入するといいかも。

・Sigerous MOD v2.2 English translation
http://www.mediafire.com/?adr6xhy7ctkj912


-ここ最近やっているゲーム
■TeamFortress2
相変わらず気楽にできるマルチFPS。ちょくちょく遊んでいる。
フリープレイになって、全体的なレベルが下がってしまったけどもプレイヤー人数が多いからいつ行ってもサーバーに人がいて遊べるのは大きい。
土日のピーク時は24人サーバーが10か所以上満員なので、日本人全体でアクティブなプレイヤーは300人以上いるのかな。ただ、Chirashなど新規のほとんどのサーバーは他のプレイヤーにやきもきすることがちょっと多くて物足りなさを感じる。

このゲームはチームプレイを前提に作っているから、サーバーのプレイヤーの質によってゲームの面白さが大幅に変わってしまう。なので、レベルの高いOrange serverで遊びたいけど、いつも夜は満員で30分~1時間待ちなんてざら。Orange02サーバーは大体毎日21時~24、25時ごろがピーク。いっつもJoin War。
古くから遊んでいる人が集まっているから、サーバーに入るとわりとSteam Friendsばかりになる。

game_zakki01.jpg

この間パイロのプレイ時間が800時間超えた。今835時間ぐらい。このペースだと近いうちに1000時間とか行きそう。まだまだパイロは面白い。
正面から行くとダメージを与える前にやられるし、中~遠距離も無力だし、つけた火も消火手段が増えている昨今すぐ消されてしまうし、接近戦キャラのくせに体力無いし、頑張ってもTOPスコアをとるのは非常に大変なクラスだけども。

気付かれずに近づく、相手の裏に回る、上から&下からの強襲とかいろいろ考えるのが面白い。
アタッカーとして攻撃するだけじゃなく、防衛でも味方の援護やらなんやらパイロにはやれることが非常に多いのが使ってて楽しいうちの一つ。メディックもそうだけど真面目にやると忙しいクラスだわ。

後、mann.co箱の処理に困っているので、だれか安くていいので引き取ってくれる人募集。インベントリを圧迫して邪魔過ぎる。
game_zakki09.jpg


■Red Orchestra2
遊んでいる人ほとんどいないけど、個人的にWW2物のFPSでリアル志向なマルチが好きで。
バグがあったりと難点はあるが、モシン・ナガンとか撃ちたくなってたまに起動する。もっぱらロシア側でやっているけど、ファシスト優遇されすぎ。いつもPing高い海外サーバーで遊んでいるけども、もうこのまま遊ぶ人数が復帰することは無く、過疎っていってしまうのかなぁ・・・
MAPを増やしたり、バグつぶし等アップデートでもっとテコ入れが欲しい。沢山の人数で撃ったり撃たれたりしたい。
game_zakki08.jpg

太平洋戦線MODの「Rising Storm」とか開発中だけど、いつ出るんだろうか。1月にトレーラーが出たっきり音沙汰無し。
・Rising Storm
http://www.risingstormgame.com/


■Dungeons of Dredmor
たまに気楽な感じで遊んでいるローグライクのダンジョン探索RPG。
グラフィックがショボいけども、なぜか面白くてついついリプレイしてしまう。実績の多さも一つの要因かもしれないけど、半端ないアイテムの種類とランダム性、そして数多くのスキルで1ターン1ターンやりくりしていく面白さはなかなか他にはない。
未だ用途のはっきりとわからないアイテムもあるし、選んだことのないスキルも多く、スキルの組み合わせで結構いろいろな効果があるので、それを試すのも面白い。
game_zakki07.jpg

このゲーム、難易度はハード目の方が面白い。敵の攻撃がきつくなり、アイテムも少なめな為、低階層でもすぐ死ぬ。
なので、スキルのレベルアップやアイテムの使用頻度や取捨選択を慎重に考えなければならない。そうやって難関を乗り越えた時の喜びが非常に面白く感じる。自分がこういう厳しいゲームが好きなのかもしれないけども。
個人的には今まで遊んだローグライクのゲームでは一番面白いと思う。こんな良質のインディーゲームが5ドルで買えるなんて良い時代だ。

Steam WorkshopなどでMODをサポートする無料のDLCが現在準備中で、近いうちにアップデートされるっぽい。これも楽しみな点だ。
・FREE DLC FOR DUNGEONS OF DREDMOR: YOU HAVE TO NAME THE EXPANSION PACK
http://www.gaslampgames.com/2012/04/30/free-dlc-for-dungeons-of-dredmor-you-have-to-name-the-expansion-pack/



■Diablo3
プレオーダーで購入し、見た目の面白さと使役プレイが好きなのでWitch Doctorを選択してソロで10時間以上プレイ。
今はLv21でNormalのAct2。
game_zakki03.jpg

game_zakki04.jpg

基本的にMOタイプのゲームは、ストーリーや演出を楽しむため、最初のプレイはシングルプレイで遊ぶようにしている。
マルチでやるとストーリーや演出を飛ばされたり、自分のいないところでストーリーやタスクが勝手に進んでいたり進まされたりと不快な気分になるからだ。

個人的にはDiablo1、2の時のような衝撃的な面白さは感じなかったのが第一印象。
ハック&スラッシュとしてTitanQuest、Torchlightもプレイしてきたけども、それらとプレイフィーリング的に大きな違いを感じなかった。
3で一新されたキャラクターのスキルだが、むしろスキルビルドによるキャラクター育成の面白さはDiablo2やTitanQuestの方が面白く感じる。

ただし、見た目の面白さというか、非常によく動く敵アニメーションや背景、独特のスキル群、そしてランダムイベントなどの組み込みでリプレイ性を高める部分はさすがというような作り。
新しいが非常に懐かしい、リメイクされたDiabloの物悲しい音楽を耳にした途端、10年以上前を思い浮かべてしまった。相変わらず音楽は素晴らしい。
一部の効果音、ゴールドの落ちる音が一緒なのもいいなぁ。

だが序盤だからかあまりアイテムに魅力を感じないんだよなぁ・・・。後、装備品がクラスごとに限定されて、装備できる武器の幅が狭まっているような印象も感じる。後半になれば変わるのかな?
今の所、ものすごく面白いかと言われると、面白いけどもそんな寝食忘れてやるほどでもないって感じ。
クリアした後、ひたすら良装備を求めてRunを繰り返す・・・ってほどハマるのかな、どうなのかな。

Act1のボス、ブッチャーとの戦闘はちょっと別ゲームに感じた。
ダンジョン内でドアを開けたらブッチャーの部屋だった!やべー!って言いながら来た道を必死に逃げる、ダンジョン内に雑魚に囲まれ普通にボスもいるあの感覚が良いのに、わざわざオリジナルのボス戦ですよ!って仕掛けのあるフィールドが用意されていて。
閉ざされたフィールドで戦うのはラスボスだけでいいかなーと思うんだけど。

後程感想書くかも。

ムービーのクオリティはさすが。
game_zakki02.jpg


■Alan Wake
本編、特別編1と2合わせて20時間ほどでクリア。ちょくちょくプレイして数週間かかったけど。
上質な海外ホラードラマを見た感じだった。グラフィックも演出もストーリーも良い。アクションは無難。
ただ、リプレイする要素はそれほどないかも。実績の為やより深くストーリーを楽しむために取り損ねたページを集めるぐらいか。
game_zakki05.jpg

game_zakki06.jpg

感想は後程書く予定。
 
2012/05/15 16:43
SDKを使っての開発に慣れてきたのか、現在開発中のMODがどれもレベルが上がってきている。
Stalker2の無くなった今となっては、新しいZoneを楽しめるのはMODのみだから、開発陣には頑張ってほしい。
自分もマップを作ったりオブジェクトを作ったりしてみたいけども、Stalkerのゲーム内へのコンバートやら組み込みの方法を勉強する時間がなくて後回しになっちゃってる。

今はShokerMODv1.9の翻訳の残りと、Sigerous MOD v2.2の日本語訳を進めている途中。
ShokerMODはゲーム本編とそれほど関係のない物語部分のテキストが膨大すぎて、翻訳しようかどうしようか悩む。たぶんスルーしちゃうかも。


以下、開発中で気になっているMODをいくつか紹介。
スクリーンショット等は基本フォーラムからの流用。

-------------------------------------------------------------------
■Absolute Nature 3
- Stalker CoP用MOD。
- 現在開発中。
http://www.moddb.com/mods/atmosfear-for-call-of-pripyat


Absolute Nature 3 teaser trailer - Mod DB

iroiro_stalker01.jpg

iroiro_stalker02.jpg

Stalkerの環境改善MODで有名なAtmosfearを作ったCrommCruacさんの新しいMOD。
Zoneのちょっとしょぼい樹木関係を大幅に改善したMOD。
今見るとCoPでも木のグラフィックとかしょぼいから、こういう改変は大歓迎。
ただ、クオリティ上げるためにポリゴンを大目に使っているっぽいので若干重くなるのかな?

それにしてもリッチな感じで素晴らしい。


-------------------------------------------------------------------
■S.M.R.T.E.R. Pripyat v0.45
- Stalker CoP用MOD。
- 現在開発中。
http://www.moddb.com/mods/smrter-pripyat


Metro Station w.i.p. - Mod DB

iroiro_stalker03.jpg

iroiro_stalker04.jpg

iroiro_stalker05.jpg

これも相変わらずなかなか出ないMOD。
いろいろ追加しているけど、今回はMetro2033の地下鉄駅マップを導入していた。
以前フォーラムに上がっていたMetro2033のマップをコンバートしたものを自分も試してみたんだけども、それをちゃんとゲーム内に組み込んで、オブジェクト、ライティング、NPCを設定したという感じか。
楽しみなんだけども早くリリースしてほしい。


-------------------------------------------------------------------
■MISERY v2
- Stalker CoP用MOD。
- 現在開発中。
http://www.moddb.com/mods/stalker-misery


※ 2012 5/19 追記
MISERYはv1.1を通り越して、次のアップデートをv2としてリリースするみたい。
ミュータントの肉の調理やら何やらに加え、
・MSO(MASSIVE SIMULATION OVERHAUL)をカスタマイズしてMISERYに導入。
http://www.moddb.com/mods/mso-massive-simulation-overhaul
・Armory MODの導入。
http://www.moddb.com/mods/armory-mod
・スーツへのアタッチメントの要素
・サウンドとグラフィックの更なる強化
・武器のカスタマイズをリデザイン
・リアリズム要素をさらに改良
などなどが更新内容として上がっている。
今現在ベータテスト中なので、もう少ししたらリリースされるかも。楽しみ過ぎる。


iroiro_stalker06.jpg

MISERYの次のアップデートでは、ミュータントの肉を料理して売ることができる模様。
串焼き、ベーコン、ビーフなどなど。また、Zone内ではSnorkの肉を食うことはカニバリズムとされて敬遠されるみたい。元が人間だからか。Banditsとか一部のStalkerは食っているみたいだけど。
生の肉は科学者とか、需要のある場所に売って換金。

より生活感を前面に押し出してくるアップデートだなぁ。多少武器の追加もあるっぽい。リリースが待ちきれない。


-------------------------------------------------------------------
■Путь во мгле (The way in the mist)- [Spectrum project]
- Stalker CoP用MOD。
- 現在開発中。
http://ap-pro.ru/forum/59-1441-1

iroiro_stalker07.jpg

iroiro_stalker08.jpg

iroiro_stalker09.jpg


以前も紹介した旧名"Spectrum project"。MOD名は「霧の中の道」って名前に決まったようだ。
SDKをフルに使ってマップの改変から大幅な変更をしているようだ。
リンク先には大量にスクリーンショットがあるけども、順調に増えていて、見るたびにワクワクする。
まったく新しいZoneが楽しみ。
だけどまだ開発進捗は21%・・・


-------------------------------------------------------------------
■GUNSLINGER MOD
- Stalker CoP用MOD。
- 現在開発中。
http://ap-pro.ru/forum/59-2339-1

iroiro_stalker10.jpg

iroiro_stalker13.jpg

iroiro_stalker11.jpg

iroiro_stalker12.jpg

銃器のリロード等、アニメーションの大幅な改変をするMOD。
モデル等はMetro2033、MW BlackOps、HomeFrontなどから持ってきているみたい。
リロードアニメーションがとても良い。PMとか細か過ぎ。
リンク先にはムービーもあるので見てみるといいかも。
リリースはずっと先だろうけど、出来上がりが楽しみ。無意味にウォッカ飲んだりリロードしちゃいそう。
開発進捗は10%。
-------------------------------------------------------------------
 
2012/05/13 19:01
-------------------------------------------------------------------
※ 2012/5/14 追記
前作の日本語+英語訳ファイルがそのまま使えることを確認。
文章の変更は無いようです。

■p.r.i.p.y.a.t.a.n._a.r.m.s日本語+英語訳ファイル
p.r.i.p.y.a.t.a.n._a.r.m.s_jp_2011_02_03.zip
http://ux.getuploader.com/stalker/download/36/p.r.i.p.y.a.t.a.n._a.r.m.s_jp_2011_02_03.zip
-------------------------------------------------------------------


pripyatanarmsr_00.jpg

pripyatanarmsr_01.jpg

最近FPS成分(Stalker成分とも)が足りないので、新しいMODが無いかと色々見て回っていたら、以前紹介したP.R.I.P.Y.A.T.A.N. (A.R.M.S.)への追加アドオンMOD「P.R.I.P.Y.A.T.A.N. A.R.M.S.R.」がリリースされていた。

でも、作ったMODDERは同じ人なので、追加アドオンというよりもバージョンアップといった感じか。
前作でのバグを修正し、音や銃器のパラメータをより良く改善、調節したもの。
pripyatanarmsr_10.jpg


前作のP.R.I.P.Y.A.T.A.N. (A.R.M.S.)って?って人は以前の記事を参照。
【GAME】P.R.I.P.Y.A.T.A.N. (A.R.M.S.) - Stalker CoP用大型MOD


残念なことに、元として必要なP.R.I.P.Y.A.T.A.N. (A.R.M.S.)のダウンロード先がGamefrontしかないので、日本からダウンロードするには、プロクシ通したり、VPN使ったり、IPの変更が必要。
ちょっとめんどくさい。

と思っていたら、A.R.M.S.R.までの全部(A.R.M.S.+バグFIX+A.R.M.S.R.)をワンパッケージにしたものがアップされていた。
インストールがかなり楽になるのでお勧め。

■P.R.I.P.Y.A.T.A.N. A.R.M.S.+ Patch + A.R.M.S.R. 1 ARCHIVE (813Mb)
http://www.filehosting.org/file/details/341203/P.R.I.P.Y.A.T.A.N._A.R.M.S.R.7z
※ メール認証が必要。フリーのアカウントでも使うと良いかも。


-------------------------------------------------------------------
P.R.I.P.Y.A.T.A.N. A.R.M.S.R.


■対応する S.T.A.L.K.E.R.: Call of Pripyat のバージョン
v1.6.02


■フォーラム
・ダウンロード
http://www.gsc-game.com/index.php?t=community&s=forums&s_game_type=xr3&thm_page=1&thm_id=5396&sec_id=19

・ディスカッション
http://gsc-game.com/index.php?t=community&s=forums&s_game_type=xr3&thm_page=1&thm_id=5397&sec_id=18


■ダウンロード
P.R.I.P.Y.A.T.A.N. A.R.M.S.R.のみ
http://www.sendspace.com/file/zura4g
http://www.mediafire.com/download.php?ec6gz8dalryehfj(ミラー)

P.R.I.P.Y.A.T.A.N. A.R.M.S.+ Patch + A.R.M.S.R. 1 ARCHIVE (813Mb)
http://www.filehosting.org/file/details/341203/P.R.I.P.Y.A.T.A.N._A.R.M.S.R.7z

4:3モニター用パッチ
http://www.sendspace.com/file/h99p9i


■スクリーンショット
http://img233.imageshack.us/slideshow/webplayer.php?id=armsr5.jpg


■インストール順序
1) まず最初にP.R.I.P.Y.A.T.A.N. (A.R.M.S.)をダウンロードしてインストール。
http://stalker.filefront.com/file/PRIPYATAN;117843

2) P.R.I.P.Y.A.T.A.N. A.R.M.S.R.をダウンロードしてインストール。
P.R.I.P.Y.A.T.A.N. (A.R.M.S.)にバグFIXパッチがありますが、その内容はA.R.M.S.R.にすべて含まれていますのでインストールは不要。

3) NewGame は必要ありません!

4) リアルな射撃場を楽しんでください!

※ ワンパッケージ版(P.R.I.P.Y.A.T.A.N. A.R.M.S.+ Patch + A.R.M.S.R. 1 ARCHIVE (813Mb))をダウンロードした場合は、上記の手順は必要ありません。


■内容
- 銃撃部分や効果音を重点的にほぼすべての銃器の調整、修正。
- 効果音はBattlefield play4free、Rainbow Six 3 Raven Shield、Rainbow Six Lockdownなどから採用。
- ミニマップの削除。
- バグの修正。
- ダイナミックHUDをより改善。
- インベントリのマス目を細かく。(NanoCell Inventory mini-mod)
-------------------------------------------------------------------

少しプレイしてみた感じだと、かなり厳しい難易度をもつMOD。
理不尽なぐらい厳しい。

スタートすると、Zatonの北西から始まる。朝の6時。まだ外は真っ暗で、朝焼けが綺麗な時間帯。
pripyatanarmsr_02.jpg

初期装備。
pripyatanarmsr_03.jpg

でも、視界のほとんどは暗闇なので、ライトを点灯しながら進むのだが、このPripyatan、Zatonでも余裕でChimeraやBurerが出てくる。スタート直後でも遠慮なし。
もちろんSnorkもブラッドサッカーも、ControllerもSkadovsk周辺に湧く。ミュータント総出演。
pripyatanarmsr_04.jpg

pripyatanarmsr_15.jpg

pripyatanarmsr_14.jpg

pripyatanarmsr_16.jpg

pripyatanarmsr_17.jpg


しかも、敵対のMercenaryも数人の部隊を組んでうろついているので、ものすごく危険。
真っ暗だし、ミニマップもないし、スーツも着てないし、ナイトビジョンも無いし。
そして、難易度は「P.R.I.P.Y.A.T.A.N.(Master)」のみだから、一発が本当に痛い。2発で死ねる。

Chimeraに襲われ、Skadovsk前でBurerに襲われ、Mercenaryに撃ち殺され、Zombieに撃ち殺され、Skadovskに着くまでに何度もクイックロードを繰り返した。
しかも、Mercenaryは外骨格着ていたり、西側の比較的良質な武器で装備していたりと、二連ショットガン+ハンドガンで戦うのはきつ過ぎる。
pripyatanarmsr_08.jpg


ようやっとSkadovskへ。
pripyatanarmsr_05.jpg

pripyatanarmsr_07.jpg


Owlの商品はそれなりの品揃え。
pripyatanarmsr_06.jpg



あまりにも厳しいので、途中でミニマップだけ表示するように弄ってしまったけども。
-------------------------------------------------------------------
・削除された左上のミニマップを表示する
stalker call of pripyat\gamedata\configs\uiフォルダ内の
zone_map.xmlの3行目の下記部分を書き換え。

level_frame x="88.15" y="0.17" width="88.217" height="0.217" stretch="1" alignment="c"

level_frame x="0.15" y="0.17" width="0.217" height="0.217" stretch="1" alignment="c"

もしくはzone_map.xmlファイル自体を削除。

P.R.I.P.Y.A.T.A.N. A.R.M.S.+ Patch + A.R.M.S.R. 1 ARCHIVE (813Mb)(ワンパッケージ版)をダウンロードしている場合、「4.Options」フォルダ内にミニマップを復帰させるファイルが同梱してあるので、それを使ったほうが速いかも。
-------------------------------------------------------------------


銃の調整は中々良い感じ。クロスヘアは無しで、中心に1ドットだけ。
そして、銃器のアイアンサイトもしっかりと調整されている。
銃の音がほぼ総入れ替えなので、最初遠くで聞こえている音が銃撃戦の音だとはわからなかった。
かなり新鮮な気分になれる。

銃器だけではなく、環境音や足音や効果音等も差し替えてくれたらよかったのになとか贅沢なことを言ったらバチが当たるだろうか。
環境の再構築という点ではMISERYに及ばないけども、武器が大量追加されている為、もうとっかえひっかえ撃って楽しめる。
敵も多目な為、撃つ機会はバニラに比べて遥かに多い。

グラフィックも改善されている為、若干重い印象。Emissionも。
pripyatanarmsr_11.jpg

pripyatanarmsr_13.jpg

Atmosfear特有のこのカラッと晴れた夏の朝みたいなビジュアルは嫌いじゃない。
pripyatanarmsr_12.jpg


犬やネズミに殺されること数回。
最初の目的はスーツを見つけるか、購入することだろう。
スーツ無しだと犬に2回噛まれて死ぬ。
pripyatanarmsr_09.jpg


この手の武器追加MODは数多くあるけど、その中でも追加武器を含め、全体的にしっかり調節されており、Zoneの人口とミュータントを増やし、戦闘する機会を増やしたMOD。
タスクやストーリーの変更は無し。

すごくお勧めできるかというと、そんなでも無い。
すぐに死んでしまう高難易度のZoneで、とっかえひっかえ色々撃つことが好きな人向け。
 
2012/05/11 23:05
fromdust_01.jpg

積みゲー消化ってことで、ずっと放置しっぱなしだった「From DUST」をインストールしてプレイ。
個人的第一印象だと、ポピュラスみたいなものかと思っていた。
簡単な感想を言うと、箱庭環境(サンドボックス)で地形を弄るパズルゲーム。

オープニング。
プレイヤーの操る「breath」を生み出す原始人達。
fromdust_02.jpg

fromdust_03.jpg

fromdust_04.jpg

fromdust_05.jpg

fromdust_06.jpg


一通りストーリーモードをクリアまでプレイして10時間ほど。何度か失敗してやり直したステージもあるので、もう少し少ない時間でクリアできるかも。



ゲームの流れは、

新しい土地に流れ着いた原始人達をbreath(プレイヤー。カーソル)を使ってトーテムの元に誘導。
トーテムに付いた人々はそこで集落を作る。
また別のトーテムに誘導し集落を作らせる。
そうやって2~4つのトーテムの周りに集落を作らせ、全てのトーテムの周りに集落が出来たら次のマップへの地下通路の入り口がアクティブに。
その地下通路の入り口に人々を一定数誘導するとクリア。
fromdust_10.jpg


そして次のマップへ。
fromdust_11.jpg

fromdust_12.jpg


書くと簡単そうだが、トーテムにたどり着くまでに色々な難関がある。
湖の中に埋まったトーテムや、溶岩によって阻まれたトーテムなど。
しかも、折角作った集落も、溶岩による火災や洪水、その他の天災などでいとも簡単に潰れてしまう。

なので、そういった天災から守ってあげたり、
トーテムまでの道を地形を弄ることで作ってあげたり、
溶岩や川の流れを変えて目的地までいけるようにしたり忙しい。

fromdust_07.jpg

fromdust_08.jpg

fromdust_09.jpg


マップによっては天災が襲ってくるタイムリミット的なものもあるので急がざるを得ないところもある。
fromdust_13.jpg

fromdust_14.jpg

fromdust_15.jpg

fromdust_16.jpg

fromdust_17.jpg

fromdust_18.jpg

fromdust_19.jpg


基本的にトーテムから集落を作ることの出来る最低人数(5人)を割ってしまうとゲームオーバー。
火災や洪水などであっさりと原始人たちが死んでしまったりするとすぐゲームオーバーに。
fromdust_20.jpg

津波などの天災からは、シャーマンに津波を避ける力を覚えさせることにより回避可能。
旧約聖書のモーセのように集落の周りで割れる津波。
fromdust_21.jpg

fromdust_22.jpg

洪水で溺れる原始人。この後死ぬ。
ちょっと可哀相だけど仕方ない。自然は過酷だ。
fromdust_23.jpg


またもう一つの要素で「大地の緑化」(vegetation)がある。
これは実績みたいなものだけども、大地のある程度の範囲を緑で満たすことにより解除。
不毛な地に水を与え、溶岩や火災から守ることで大地の緑が段々と広がっていく。
そして、ある一定の緑化が進むことでオームみたいな生物も生まれてくる。


このゲームはなんといっても自然環境のグラフィックが素晴らしいの一言。水や溶岩などの液体とか流体とかの表現が特に。
岩の上を流れる溶岩や冷えて固まる溶岩、土をかき分けて流れる水などを見ているだけで楽しめる。
fromdust_24.jpg

fromdust_25.jpg


この植物は近くに火があると爆発する。
その爆発で、breathで操作することの出来ない岩山を破壊可能。
fromdust_26.jpg

溶岩を水の中に突っ込むと冷えて固まって岩に。
fromdust_27.jpg


気分は砂場遊びだ。
砂を積んで固めて、崩して、溝を掘って水を流して川を作ったり。
溶岩の流れを水を使って冷やして固めて堰き止めたり。
breathを使って土地を盛ったり積んだり、削ったり、水を流したりしているだけで楽しい。
fromdust_29.jpg

fromdust_30.jpg


プレイヤーが出来ることはbreathを使った土地の造成以外に、トーテムの力がある。
マップごとに存在するトーテムに原始人を誘導し、集落を作らせることで初めてそのトーテムの力を使うことが出来るようになる。

その力には時間制限はあるが、

・全てのbreathの効果(吸い込み/吐き出し)を増幅 (Amplify the breath)
・水を蒸発させる (Evaporate)
・水を固めてゼリーのように加工できる (Jellify water)
・無限に土を吐き出すことが出来る (Infinite earth)
・なんでも無制限に吸い込み続けることの出来るブラックホール (Engulf All)
・火災を消化 (Put out fire)


など、ゲーム進行上非常に便利で強力なものが多い。
使わなくてもクリアできるが、その場合は難易度がかなり跳ね上がる感じ。

このトーテムの力とかまさに神様的で、使っていて一番楽しいポイント。
また、同時に2つ、3つの力を使うことが出来るので、組み合わせることで非常に強力な効果が得られる。

その中でも、

・Amplify the breath + Infinite earth
全く何もない海の上に軽い島なら作れちゃうほどの土を一度に盛れる。

・Amplify the breath + Engulf All
溢れかえった溶岩や水を枯渇するまで一気に吸い込める。一時的な緊急回避に。

特にこの組み合わせは良く使った。

STAGE13のトーテムだけ特殊。
このステージは自分の思うがままに、まっさらな場所から好きなように地形を作ることが出来る。
ただ、「Breath of Lava」は地雷。
fromdust_32.jpg

fromdust_33.jpg

fromdust_34.jpg


難易度の高い後半は結構手順を考えたり、溶岩や水の対策をしながら進めないと、すぐ積んでしまう。
fromdust_31.jpg

だが、そういった部分はゲーム全体の一部なので、大体はのんびりと綺麗なグラフィックの箱庭で、砂遊びを楽しめる面白いゲーム。

DustPedia。
ゲーム内の各要素の辞書みたいなもの。
fromdust_36.jpg

進捗を見れるページ。
vegetationが100%に達していると、緑のマークがつく。
fromdust_37.jpg


ストーリーモードの総プレイ時間は10時間ほどだった。
他にはチャレンジモードもある。
そっちの方がかなりパズル要素が強い。
fromdust_35.jpg



どうでもいいけど、原住民のマスクが可愛い。
fromdust_28.jpg
 
2012/05/10 16:05
deadspace2_2nd_01.jpg

deadspace2_2nd_02.jpg

クリアした際に、「プロトタイプスーツ」と「ニューゲーム+」そして、より厳しい「ハードコア」難易度ってのがアンロックされた。
前作もそうだったけど、アイテム等を引継ぎで最初からプレイできる(ニューゲーム+)ので、俺つえぇぇをしたくて2週目をちょっと遊ぶ。


もうさすがに一度通った道だし、最初っから武器もアップグレード済みだけあってサクサク。
一番最初のストアで最強のスーツに着替えることもできる。
deadspace2_2nd_03.jpg

一応アンロックされたスーツを試してみたかったので、購入して着てみる。
セキュリティスーツの上位版の「ライオット・セキュリティスーツ」。
渋い緑色のカラーリングで中々カッコいい。
deadspace2_2nd_04.jpg

deadspace2_2nd_05.jpg

deadspace2_2nd_06.jpg


ちなみに武器やアイテムなども、最初のストアでクリア時に装備していたものが全て手に入る。進行がヌル過ぎて恐怖感がまるで無い。

一週目のクリアまでにフルに改造したのは、プラズマカッターとジャベリンガン、そしてパルスライフルの3本だけ。この3つだけで大体の状況に対応できる。
あと残りの一つのスロットにはコンタクトビーム。
これはほとんど使わなかったけど、装備している武器の弾薬が優先的に落ちるDeadspaceのシステムを利用して弾薬集め用。このコンタクトビームの弾薬が非常に高く売れる。装備だけして全くアップグレードしていなかったけども。
で、片っ端から拾った弾を売りまくって、ノードを大量購入。

ダッシュで攻略。まさにほとんど走りっぱなしだった。Speed runかってくらい。
deadspace2_2nd_07.jpg

deadspace2_2nd_08.jpg

deadspace2_2nd_09.jpg

deadspace2_2nd_10.jpg



1週目はかなり時間かけ、世界観を楽しみながらじっくり遊んでいたが、2週目はイベントも進行もわかっているからか3時間程度でチャプター7まで進んでしまった。速い。
deadspace2_2nd_11.jpg

deadspace2_2nd_12.jpg

ニコールの亡霊に殴りかかって会話イベント中に暇つぶし。
もう全然怖くもないし話も聞く気無い。
deadspace2_2nd_13.jpg

deadspace2_2nd_14.jpg
 
2012/05/09 22:42
deadspace2_122.jpg

チャプター12に突入。
ここにある巨大な削岩機を動かせば、ここから抜け出せるんじゃないか?というエリーとの協議で、削岩機を動かす為に動力を見つけたり、パーツを探したりと相変わらず働き通しのアイザック。
deadspace2_123.jpg


無事に削岩機を起動させ、エリーの運転で洞窟内を掘って進む。
その間、殺された作業員が変化したネクロモーフが大量に襲い掛かかってくる。削岩機の上で忙しいアイザック。
deadspace2_124.jpg

deadspace2_125.jpg
このネクロモーフ、弱いんだけども大量に削岩機まで登ってくるからホント忙しい。


目的地は行政区。ストロースによれば、行政区にアイザックとストロースの脳から作り出したマーカーが設置されているという。
マーカーを作ったものならマーカーを破壊できるってことで、アイザックはエリーの助けを借りて行政区へ。
deadspace2_126.jpg

行政区の外壁をぶち壊し、侵入する削岩機。エリーさん、強引ですよ・・・
deadspace2_127.jpg

マーカーへと向かう途中、稼動するガンシップを見つけるエリー。
そのエリーを載せたガンシップを黙って起動させて発射させるアイザック。
犠牲者は俺一人でいい、君は生きられるんだと男を見せるアイザック。
deadspace2_128.jpg

deadspace2_129.jpg


崩れて座り込んだ横にはニコールの亡霊が。
アイザックはもうこれ以上ニコールのように知っている(愛情を持つ)人間を死なせたくないと。
deadspace2_130.jpg

じゃあ最後の仕上げに行きますか、って気持ちをふりおこしてマーカーへ。
deadspace2_131.jpg

行政区の奥への通路はタイドマンが残った警備の人間200人を率いてアイザックを待ち受けている。
アイザックにマーカーを破壊させない為に。
deadspace2_132.jpg

何とかその銃撃を避け、警備部隊から逃げながら電力室へ。
そして中央部の電力を遮断。

バリアをはってネクロモーフ達から行政区を守っていたのに、そのバリアが消えてしまった為に、大量のネクロモーフが行政区に流れ込む。
一気に総崩れとなり虐殺される警備部隊。
deadspace2_133.jpg

deadspace2_134.jpg


行政区内部では、アイザックたちから取り出したデータを元に、大小幾つものマーカーを作り出す工場になっていた。
deadspace2_135.jpg

deadspace2_136.jpg


行政区のマーカー安置室へ向かうアイザック。
deadspace2_137.jpg


目も前に聳え立つ超巨大なマーカー。
作ったアイザック本人もビックリな大きさ。
deadspace2_138.jpg

そのマーカーの根元には大量のネクロモーフが群がり、タイドマンが言うには収束が起こるという。
その収束とやらを止めねばとアイザックは決意する。
deadspace2_139.jpg

deadspace2_140.jpg


マーカーにアクセスする為に、アイザックの脳に沈むマーカーコードを再度読み出すことに。
それがストロースの言っていた機械。
頭を抑えて、目玉に針をズブッと刺す、見ているだけで痛い代物。
deadspace2_141.jpg
deadspace2_142.jpg


初見では失敗してしまった。見てるだけでこっちもイタイイタイ!
deadspace2_143.jpg


今度は慎重に進めて成功。それでも痛そう・・・
頭の中からマーカーコードが流れ出す。
deadspace2_144.jpg

deadspace2_145.jpg


そしてマーカーを破壊する為の準備は出来たアイザックはマーカーに向かうが、ここら辺から出てくるこのクモと人間の合いの子みたいなネクロモーフに追われる。
こいつがまた厄介で、腕や脚をぶった切っても時間が経てば再生して追ってくるという、ある意味不死身のネクロモーフ。
deadspace2_146.jpg

そのおかげで逃げながら先に進む緊張感が。
後ろからはこいつが追いかけてくるし、前に進めば普通に他のネクロモーフも出てくるし、焦る焦る。


そしてついにマーカーのそば、チャプター15に。
deadspace2_147.jpg

タイドマンの残した記録。
マーカーのエネルギーはものすごいもので、このエネルギーは必ずしも人類の発展に大きく貢献するだろう的なことが書かれている。
その為には多少の犠牲はやむをえないようだ。
deadspace2_148.jpg


マーカーの元についにたどり着いたアイザック。
マーカーの前には顔がただれ、必死の形相でアイザックを殺そうとしているタイドマン。
このグロさや執念がホラー映画っぽくて非常に良い。
deadspace2_149.jpg

deadspace2_150.jpg

deadspace2_151.jpg

逆に返り討ちにして、ついにニコールと穏やかな死を迎えられるかと思いきや・・・


ニコールは、マーカーを作り出した者を取り込んでマーカーの再生は完成する!というマーカーの意志でアイザックを殺そうとしてくる。
畜生信じていたのに!と吼えるアイザックもどうかと思う。
ニコールはとっくに死んでて、どう考えてもマーカーに操られているのはわかると思うんだが。
deadspace2_152.jpg

deadspace2_153.jpg


ニコール(の姿をした幻影)を倒し、マーカー本体を破壊。
deadspace2_154.jpg

やっと全てが終わって茫然自失で床にへたれ込むアイザック。
頭上では反応炉の圧力が不安定です、爆発する可能性がありますとの警告音が鳴り響く。
deadspace2_155.jpg

deadspace2_156.jpg


そんな所にもう予想通りの展開だけども、先ほどのガンシップに乗ったエリーが助けに来た。
私をおっぽり出して死ぬ気?とカツを入れられ、崩壊していく中、最後の力を振り絞って宙に飛び上がるアイザック。
お約束どおりだけども熱い展開。
deadspace2_157.jpg

deadspace2_158.jpg

deadspace2_159.jpg


そして間一髪脱出成功。
deadspace2_160.jpg

最後のコックピットのシーンなんかカメラワークといい、一作目を意識したものだったが、ハッピーエンドですっきりと終わらせてきた。
deadspace2_161.jpg

deadspace2_162.jpg

12時間ぐらいでクリアしたけども、全体的に非常に満足したし、良質ホラーな体験を保障されたゲームと感じた。
一作目をしっかりと踏襲しつつ、一作目で不満点だった部分を改善し、より遊びやすく仕上げてきたDeadspace2。
相変わらずホラーアクションゲームとしてエンターテイメント性が非常に高く面白い。
ただ、難を言えば前作とそう変わらないゲームプレイだった。
Deadspace1と2っていうよりも、Deadspace 前編・後編っていう2本立ての映画を見た感じ。
それでも十分お勧めできるゲーム。
惜しいのは日本ではSteamで正規購入できないところ。EAのOriginを使うしかないんだけども、Originがバグがあったりしてあまり使い勝手良くないんだよなぁ・・・
それに大して安くもないし、大きな値引きもしないし。
日本からでもSteam版を買わせてくれよ。英語版はSteam、日本語版はOriginみたいに購入する幅や選択の自由が欲しい。

deadspace2_163.jpg

エンディング後、最後にちょっとした通信が入る。
内容はマーカーは一つではないということを匂わせるような内容。

話ではDeadSpace3も制作するみたいだけど、どうなんだろう。
マーカーがいっぱいあるなら幾らでも話し作れそうだけど。
そう考えると、DeadSpaceは幾らでも話を膨らませることの出来る(パブリッシャーにとって)良いIPってことだろうなぁ。
Deadspace2で多少は明るいEndだったけども、アイザックはもう散々な目にあっているから、そろそろ本業のエンジニアに戻してあげて欲しい。

でも、この工具を武器にして戦うってアイデアが秀逸だと思うから、そのままエンジニア(アイザック)が主人公なんだろうなぁ・・・
 
2012/05/08 19:46
相変わらず上質なホラーアクションを楽しめるDeadspace2の続き。

こんなパズルがありの、
deadspace2_66.jpg

エリーとのやりとりがありの、
deadspace2_67.jpg
その合間には相変わらずニコールさんから一つになろうよーなお誘いが来たりと、色々とアイザックは忙しい。
deadspace2_68.jpg


トラムを動かす為の動力を確保しなければならないけども、その動力源が経たれてしまった。
なので、ずっと昔に使われていた太陽光パネルを使って発電することに。
deadspace2_69.jpg

エンジニアらしく、修理しろ、起動しろ、調整しろなどメカに関するタスクが多い。
ちょちょいとパネルを動かして、上手く太陽光を反射させる。
deadspace2_70.jpg

で、動力が繋がって極太のエネルギーのビームが。
deadspace2_71.jpg

deadspace2_72.jpg


エリーの方が大変だってことなので、急いでそっちに向かうために射出機を使ってぶっ飛ぶことに。
deadspace2_73.jpg

宇宙のどこでもエンジニアは忙しく、そして過酷だ。


このスピード感ある射出機は気持ち良いんだけども、目的地に向かうまでにデブリが大量に浮いている。
もちろん当たると即死なので必死に避ける。急ぐにしても死にに行くようなもんじゃんこれは。まさにジェットコースターアクション。
deadspace2_74.jpg

deadspace2_75.jpg

ビルの中に突撃し、反転して逆噴射。
deadspace2_76.jpg

deadspace2_77.jpg

そして無事に着陸。アイザックカッコ良すぎ。
deadspace2_78.jpg


かつてエリーの職場だった、CECのメイン施設に戻ってきた。
エリー以外の職員は全員殺されたかネクロモーフになってしまったみたい。
deadspace2_79.jpg

deadspace2_80.jpg


ここらでヴィンテージスーツが手に入ったのでお着替え。
deadspace2_81.jpg

deadspace2_82.jpg

deadspace2_83.jpg

このスーツは、アイテム購入時に10%割引してくれる特殊効果を持っている。結構後半まで使う良いスーツ。
何気に10%引きは大きい。
大量にノードを購入しようとする場合、わざわざこのスーツに着替えて購入している。初期の宇宙服っぽくてダサ目だけど。

ホログラムいいよいいよ。こういうSF的要素大好き。
deadspace2_84.jpg


やっとこさエリーとストロースに会ったけども、扉の回路が焼き切れていて開かないので、ガラス越しの対面。
deadspace2_85.jpg

廃棄物処理施設を抜けていくことになったが、タイドマンが廃棄物処理施設の機械を稼動させやがった。余計なことしやがって。
ゴミ粉砕機や焼却炉とかを抜けていくハメに。
deadspace2_86.jpg

deadspace2_87.jpg


でやっとこさ3人で対面。
エリーが最初と比べて大分協力的になってくれたのは良いけども、ストロースは病状が悪化して話にならない。
deadspace2_88.jpg

deadspace2_89.jpg


とりあえず動力が来たのでトラムを動かすことに。
deadspace2_90.jpg

deadspace2_91.jpg


ここにもニコールかよ。毎度ご苦労様です。
もう怖くもなんともなくなってきた。
deadspace2_92.jpg

トラムを動かして移動しようとしたら、タイドマンがレーザーを使ってトラムのレールを焼き切ってしまった。

このままじゃ先に進めないって状況で、隣にUSGイシムラが。
何でこんなところにイシムラが?って思っていたけど、どうやらあの船での惨劇は全てテロリストのせいにし、本当の事は隠し、マーカーの力を利用する為にコロニーに運んできた模様。
deadspace2_93.jpg

エリーさん近影。
deadspace2_94.jpg


イシムラの重力錨を使ってトラムを動かせるはずだってことで、昔懐かしいイシムラへ。
惨劇の後を清掃する為に、ビニールや清掃用具で覆われているけども、間取りや中身は懐かしいイシムラそのまんま。
ああ、ここでこんな演出あったなぁとか思い出す。
deadspace2_95.jpg

deadspace2_96.jpg

deadspace2_97.jpg

deadspace2_98.jpg


セーブポイントもイシムラ内は前作のまま。
deadspace2_99.jpg

deadspace2_100.jpg

移動用トラムとかもそのままで懐かしい。
deadspace2_101.jpg

deadspace2_102.jpg


ニコールもわざわざイシムラ内部まで出張。
deadspace2_103.jpg

deadspace2_104.jpg

deadspace2_105.jpg


もちろんあのマークもそのままだし、管制室もそのまま。
deadspace2_106.jpg

deadspace2_107.jpg



脱出ポッドにはニコールが。どいてよそこ。
deadspace2_108.jpg

そのまんま素直に脱出できないよねホラー映画とかでは、という予想通り脱出ポッドが墜落。
アイザックがもううんざりしたような声でFuckとか言っていて笑える。
deadspace2_109.jpg


墜落した先は鉱物採掘場。炭鉱みたいなもんだ。
deadspace2_110.jpg

deadspace2_111.jpg


そこで会ったストロース。ドライバーの先には目玉が・・・。これエリーの目玉。
こいつ、狂ってエリーの目玉にドライバーを突き刺しやがった。
死んではいないようだけど痛い痛い。
deadspace2_112.jpg

deadspace2_113.jpg


エリーの所に向かおうとしたら、ストロースに襲われる。
残念ながら返り討ちにして、逆に脳天にドライバーを突き刺してやった。
ストロースは踏みつけると音声ログを落とす。
正気な時のログのようだ。
deadspace2_114.jpg

deadspace2_115.jpg

deadspace2_116.jpg


ああ、こういうエレベーターとか敵いっぱい出てきそうだな・・・
って案の定、エレベーターで移動中に大量にネクロモーフが。
deadspace2_117.jpg

deadspace2_118.jpg


ニコールさんに片手で責められたり、
deadspace2_119.jpg

スーツを着替えたり。
このスーツ一番スマート。以前のエンジニアっぽいゴツゴツスーツのほうが好きだけども。
deadspace2_120.jpg

deadspace2_121.jpg

そろそろ終盤か。
一作目よりもずっと映画的演出が増えて、展開がダイナミック。
 
2012/05/02 19:10
引き続きDeadspace2。
ネクロモーフに襲われるとEボタン連打のアクションなのは相変わらず。ついつい死に様が見たくてほっておいたりもする。
今回もアイザックさんの死にっぷりは残酷かつ多種多様。
deadspace2_35.jpg


小児施設にて。暗闇にいきなりこういうファンシーなイラストとか出てくるとビックリする。
Stalker CoPの幼稚園でもあったなぁ。
deadspace2_36.jpg


ショッピングモールにあった店「木の温もり」。盆栽屋か?
盆栽が意外と良く出来てるな。
deadspace2_37.jpg


こういうインターフェイスに囲まれている絵とかたまらん。世界観や細かいところまでしっかりと作りこまれているSF大好き。
deadspace2_38.jpg


ユニトロジー本部を通過することに。ディナの言うことには、ユニトロジー本部から私の所に来れるのよというのだが。敵の本拠地じゃん。
deadspace2_39.jpg


ユニトロジー協会の起源から現在までを6つの音声ログにて学ぶことが出来ます。
Bioshockでもあった、ラプチャーの歴史みたい。
deadspace2_40.jpg


協会の大聖堂へ。
deadspace2_41.jpg


ユニトロジー協会内部にも信者と思われる死体は沢山あるんだけども、どれも紫のマスクを被らされている。なんでだ?
そのうち理由がはっきりするのかもしれないが。
deadspace2_42.jpg

こういうメンテナンス、工事用ダクトを這い進むことも。
この時は何も出来ないから襲われたらひとたまりも無い。これも緊張感を持続する演出だろう。
deadspace2_43.jpg

要所要所で出てくるニコールの亡霊。アイザックの神経をすり減らしてくる。
deadspace2_44.jpg

協会内部。綺麗だ。
deadspace2_45.jpg


と思ったら協会の地下では死亡した死体を氷付け保存して何かしらに使っている模様。
こういう要素が色々なゲームでも良く見られるってことは、新興宗教ってどこの国でも良い印象は無いんだな。
deadspace2_46.jpg


deadspace2_47.jpg

deadspace2_48.jpg


やっとこさディナのいる所まで到着。宇宙空間が綺麗だ。
deadspace2_49.jpg


もしかしたらって予想が当たってた。ディナはユニトロジストでアイザックを利用する為におびき寄せただけだった。
マーカーをこのコロニーで(ストロースと)作り出したアイザックの力を利用してその後殺すつもりらしい。
deadspace2_50.jpg

deadspace2_51.jpg


とりあえず拉致監禁よってところで、軍が乗り出してきた。
銃弾を浴びてあっさりとズタボロになって死ぬディナとその取り巻き達。かといって安心できなく、軍もアイザックを殺そうとしているから一難去ってまた一難。
deadspace2_52.jpg

deadspace2_53.jpg


それに乗じてネクロモーフまで。宇宙空間に放り出され、ピンボールのように弾き飛ばされ、落ちた先はマンションの一室。
このジェットコースター的展開は中盤の山場か。
deadspace2_54.jpg

deadspace2_55.jpg

deadspace2_56.jpg

deadspace2_57.jpg


マンションを通り過ぎ、ショッピングモールに。
そこでは一人の女性が果敢にネクロモーフと戦っていた。名前はエリー。手助けしようかというと断られる。
人間同志でも殺し合いがあったみたいで人間不審に陥っている。
ドアは開けてあげるけど付いてこないでねと連れない返事。
そのうちこの人も死ぬのかな?とか頭をチラッとよぎる。
deadspace2_58.jpg


ここらでスーツを購入し、セキュリティスーツに着替えた。
このスーツもカッコいいわ。Deadspace2のメカデザインは武器もスーツもどれも素敵。
deadspace2_59.jpg


託児所にて。
お母さんに這い寄って行く赤ん坊。でもなんか背中が黄色くて膨らんでて変。
って思ったら爆発四散。お母さんごと肉片に。酷いな。
deadspace2_60.jpg

deadspace2_61.jpg


いっぱい赤ん坊のネクロモーフが這い出してくる。頭変な方向向いてるよ!
deadspace2_62.jpg


また来ましたニコール(の亡霊)。もういいよ、新しいエリーって子がいるから。
deadspace2_63.jpg


無重力エリアのアクションは浮遊感が気持ちよくて楽しい。
アイザックの動きもカッコいい。
deadspace2_64.jpg


生体認証が必要な扉を、管理人の死体を使って開ける。
死んで粉々になっても使われる。もう物扱いだな。
deadspace2_65.jpg
 
2012/05/02 18:22
deadspace2_01.jpg

このGWは積みゲー消化期間ってことで、Deadspace2をインストールしてプレイ。
日本語化もあるので、早速導入。ストーリーの把握にとても助かる。

Deadspace2の日本語化の詳細は以下に。
--------------------------------------------------------------------
■Dead Space 2 日本語化Modを応援する非商用ブログ
http://www44.atwiki.jp/deadspace2jpmod/

※ ちなみに日本語化する際、Steam版はNodvdパッチが必要なので、日本語化ファイルに加え、nodvdパッチの導入も必須。
nodvdパッチは各自検索等をして探してください。
また、Steam版のDeadspace2はv1.0。なので、nodvdパッチはv1.0用の物を適用すること。
--------------------------------------------------------------------

自分は前作のDeadspaceはプレイ済み。前作をプレイしたのは2009年の頭だから、もう3年前か。時が経つのは早い。

色々なゲームの要素を組み合わせたホラーTPSなのだが、その要素が高レベルで融合している中々珍しい作品。もちろん面白い。
Deadspace2は前作をプレイしている人にはスンナリ入れるだろう。
ストーリーも1作目の続きだし、前作で不満だった点も色々解消されてて今のところかなり快適。


USGイシムラでの惨劇から脱出し、脱出艇で漂流していたところを助けられたアイザック。
前作のストーリーは付属のムービーで簡単なおさらいができる。前作を忘れた人も、前作未プレイの人にも。
deadspace2_02.jpg

deadspace2_03.jpg

deadspace2_04.jpg

deadspace2_05.jpg


今回の舞台は木星のそばのコロニーのようだ。
前作ではマスクを被ったまま、ほっとんど喋ることのなかったアイザックさんが今回はガンガン喋って自己主張する。
前作は全く喋らず、寡黙なエンジニアでおっさん職人っぽくて好きだったんだけど、2では喋り声が快活だからか以前よりも若返っているような感じ。これはこれで良いんだけど。

目覚めた際になぜか拘束衣を着せられているアイザック。どうやら記憶を失っているよう。
そこに若い男がアイザックを助けに来た。どうやらコロニー内で何かしらの惨劇が起きたようで、重要人物のアイザックを助けに来たようだ。なぜ重要人物なのかは良くわからないまま何とかフラフラ立ち上がるアイザック。
deadspace2_06.jpg

その時、その若い男がネクロモーフの襲撃を受け、ネクロモーフ化してしまった。
deadspace2_07.jpg

そこからは前作と同じ、武器を持たずひたすら逃げるだけの導入部分。今回も序盤から緊張感あっていいよいいよ。
deadspace2_08.jpg

deadspace2_09.jpg

今回は顔出しの多いアイザックさん。
deadspace2_10.jpg


基本出てきた(目にした)人間は皆犠牲者となる伝統(?)どおり、生き残りを少し見かけても、その後すぐ死ぬ。アイザックは行く先々で死に際を見届ける役目になってる。
deadspace2_11.jpg


研究所らしきこの施設では、アイザックのほかにストロースという男も実験対象として監禁されていた模様。
deadspace2_12.jpg

研究員に拘束具を斬ってもらい、自由にはなれたが、その研究員は自殺してしまう。皆これだ。
deadspace2_13.jpg

deadspace2_15.jpg

deadspace2_14.jpg

deadspace2_16.jpg


ディナって生き残りの人から通信が入り、手助けするからこっちまで来いと言う。
トラム(区画を繋ぐ電車みたいなもん)に乗ればすぐだからと言うけども、ネクロモーフがワサワサいるところを通って来いって無茶振りや。
deadspace2_17.jpg


RIG(UI)の使い勝手も前作とほとんど同じで迷うことなくすんなり入れる。
前作から思っているが、このゲーム内に溶け込むUIデザインは素晴らしいと思う。雰囲気を壊さないし、ゲーム内の緊張感を持続したまま必要なことができるようにデザインされている。
deadspace2_18.jpg

deadspace2_19.jpg


deadspace2_20.jpg


エンジニアらしくハッキングっぽいことが出来るようになったのもいいね。
単なるミニゲームなんだけども。ファンタジー系のゲームで言うとロックピックみたいなもん。
deadspace2_21.jpg


こいつ死ぬんだろうなーと思ってたら、ネクロモーフに襲われてあっさり死んだ。もっと早く助けてあげろよアイザック。で、プラズマカッターをゲット。
前作では最後までお世話になった良武器。今作でも使い勝手の良い武器。
deadspace2_22.jpg

deadspace2_23.jpg


なぜか指名手配されているアイザックとストロース。
deadspace2_24.jpg

毒を吐くネクロモーフ。何気にちょっと硬い。頭を飛ばしても毒を吹き飛ばしてくる。
deadspace2_25.jpg


爆発で外壁が壊れた際、隔壁遮蔽スイッチを撃って隔壁を作動させないと宇宙に放り出される。ちょっとした緊張感。
deadspace2_26.jpg


このストアを見るとホッとする。
早速エンジニアスーツに着替えて満足気なアイザックさん。
deadspace2_27.jpg

deadspace2_28.jpg

deadspace2_29.jpg


無重力、無酸素空間(ようは宇宙空間)の雰囲気は相変わらず素敵。空気が無いから音が無いのも当然だけど、この空間っていいよなぁ。長くはいられないけど。
deadspace2_30.jpg


こいつが目下の敵。アイザックとストロースを殺そうとしている奴。
deadspace2_31.jpg


こういう細かい架空の広告とかのデザインが世界観を膨らませる。いい仕事だ。
昔から個人的に思っているけど、ゲームや映画、様々なコンテンツのこういう世界観を作る仕事をしてみたい。
deadspace2_32.jpg


ちょくちょく出てくる死んだはずのニコールの亡霊(?)
出てくる度に血まみれ姿で「一つになりましょう」って。勘弁してください。
deadspace2_33.jpg


トラムの駅に到着。電車とか事故る予感がしてならない。
deadspace2_34.jpg


難易度はNormalで進めているけども、前作と比べてちょっと難易度下がっている気がする。
 
2012/05/01 10:26
wb_dlc_napoleon01.jpg

WarbandのDLC、Napoleonic Warsをやってみたくて購入。Steamで9.99ドル。
元々はWarband用のMODとして開発が進んでいた物を、製品並みにクオリティを上げ、要素を増やしてDLCという形で販売しているようだ。
騎馬中心のWarbandと違い、マスケット銃とサーベルを持ち、徒歩で戦う戦闘がメイン。

注意したいのが、このDLCはシングルプレイは無く、マルチプレイのみ
なので、時期を逃すと人が少なくなる可能性がある。
今は沢山サーバーが立っていて、売りとなっている200人のマルチプレイも楽しめる。

中世とは時代が大幅に変わり、単発の銃と大砲の出始めた時代を舞台にしたDLC。
マルチプレイでも最大参加人数200人以上、そしてCommander Battleという、100人程度の部下を引き連れて戦闘するモードもある。


まず最初はチュートリアルで新しく追加された要素をお勉強。
大砲も撃てるようになったけども、撃つまでに非常に手間がかかる。

弾を拾う → 弾をこめる → 大砲を前に出す → 狙って射撃

という4段階の手順を踏まねばならない。

銃も弾こめるのに時間かかるから、ゲームスピードは全体的にのんびりした感じ。
wb_dlc_napoleon02.jpg

wb_dlc_napoleon03.jpg

wb_dlc_napoleon04.jpg



200人の大人数サーバーに入ってみたけど、なかなか面白い。アメリカのサーバーなので多少pingが高くなってしまうが(170~190ぐらい)、それほど不満を感じずに遊べる。
wb_dlc_napoleon05.jpg

wb_dlc_napoleon06.jpg

徒歩がメインだから、それほどマップも広くないし決着もそれほど長くはならない。
だが、開始したばかりの序盤で死んでしまうと、そのラウンドが終わるまでずっとSpectateするハメになるけど。

イギリス98プレイヤー vs フランス97プレイヤー。
wb_dlc_napoleon13.jpg

勝利すると、ジャンプして喜びを表現したり、皆上に向かって祝砲を撃ったり(笑
wb_dlc_napoleon14.jpg


ラウンド開始直後。すっごい華やか。200人いるのにカクツキもほとんど無い。
wb_dlc_napoleon15.jpg

wb_dlc_napoleon16.jpg

なんの役に立つか未だ不明だけど、旗振り回していたり、太鼓叩いて鼓舞していたり。
ステータスアップとかあるのかもしれない。
wb_dlc_napoleon07.jpg

選択できるユニットも国ごとにかなりの数があって、見た目も楽しませてくれる。
wb_dlc_napoleon08.jpg

200人の大人数だからか、ログやチャットが非常に賑やか。
200人もいるともうホント一兵士なので、たいした活躍も出来ずに死ぬことばかり。
ビクビクしながら他の人についてって、後ろからちまちまと撃つけど、流れ弾に当たって何も出来ずに死亡。面白い。
wb_dlc_napoleon17.jpg



Commander Battleもやってみた。
wb_dlc_napoleon09.jpg

wb_dlc_napoleon10.jpg

しかし、このCommander Battleのマップがでか過ぎる。
プレイヤー20人ぐらい×それぞれの兵士100人はいるから相当な人数になるけども、マップが広くて敵に会うまでに時間かかる。
だが一旦死んでも、自軍に兵が残っていれば、その一兵卒としてリスポーンできるから待たされることはそれほど無いかも。
wb_dlc_napoleon11.jpg

スパイグラスで覗きながら、自軍を指揮する司令官プレイを十分楽しめる。
wb_dlc_napoleon12.jpg

ただ、Commander Battleは決着付くまで1回戦がちょっと長いかもしれない。
自分はひたすら敵の横腹を狙って撃ちまくって、ある程度近づいたら突撃という脳筋プレイ。
 
2012/05/01 10:17
クエストをサクサクと進め、一気に5章へ。
最後の章は、主にタイタンの装備を揃えるのが目的。

4章最後のシーンでメンドーザと対立する羽目に。
異端審問官メンドーザが外来からの脅威に対抗する為に、タイタンの力を使役して対抗するつもりらしい。
だが、その封印されているタイタンがいるからこそ、島は外の勢力から守られてきている。
その封印を解き、メンドーザがタイタンを自由に扱ってしまったら島は滅びる運命に。

その為に島の人々全員を犠牲にするのは許せない、他に方法があるはずだという主人公の意見。
世界を救うためには島の人間ぐらい安い犠牲だろ、とメンドーザ。

結局それが原因でメンドーザと対立。
折角開けたタイタンの部屋への扉をメンドーザに閉じられてしまったので、ずっと過去にタイタンを封印した張本人のウルセゴアの亡霊に相談。
そうすると、そのウルセゴアが使っていた鎧一式を揃えれば、タイタンの部屋への扉が開くという。
risen_21.jpg


島の各地の神官の墓に納められたウルセゴアの鎧装備一式を集める為に、島を歩き回ることに。
risen_22.jpg

どこ行ってもリザードマンがいるから何気に戦闘がめんどくさい。
神官の墓を5箇所廻って、サクッと全ての鎧を見つけ、その鎧をドルイドのエルドリックに修復してもらう。
墓(地下神殿)の中はちょっとしたダンジョンだけども、仕掛けは思ったよりも難しくなくサクサク進む。

手に入れたこのウルセゴアの鎧が強すぎて、全然ダメージを食らわなくなる。もう一気に戦闘が楽に。
risen_23.jpg

で、装備品を全部揃えて今度こそ火山の地下のタイタンの部屋に。
そのタイタンの部屋の前にはメンドーザが待ち構えている。
risen_24.jpg

邪魔するなら殺してやるみたいなことを言われてバトル。しかしリザードマンよりも弱い。噛ませ犬。
倒した後に扉を開け、タイタンの部屋に。
risen_25.jpg

タイタンを再度封印する為に、溶岩の中から出てきたタイタンと対決。
risen_26.jpg

タイタンの部屋の床はランダムに消えたり現れたりするし、レーザーを撃ってくるし、近寄ると衝撃波を繰り出してくるし、炎の弾をも連続で飛ばしてくる。
risen_27.jpg

だが、ここは普通に攻撃するよりも、敵の攻撃を避け、盾で敵の弾を跳ね返すだけの簡単なお仕事で済む。
ジャンプして敵の攻撃を避け、炎の弾を撃って来たら盾を使って防御すれば良いだけ。

それを繰り返してたら、サクッとクリアしてしまった。ボスなのに・・・
なんかあまり感慨深さも無く淡白なエンディングが流れてスタッフロールへ。
risen_28.jpg

risen_29.jpg

risen_30.jpg

再度タイタンは島の地下に封印されましたとさ。めでたしめでたし。
risen_31.jpg

risen_32.jpg

risen_33.jpg

エンディングの最後には開発メンバーの写真が。
risen_34.jpg


フリーローミングできるRPGで、マップ内に良く探索要素やクエストを詰め込んでいる。
だけど、ちょっと全体的にこじんまりとした印象。島が舞台だからかもしれないけど。
中盤まで、この島から出て別の場所に行くと真剣に思っていた。

なによりも一番難易度高いのが「戦闘」って所がネック。
対処方法を見つければ簡単に倒せるけども、それがわからないと超反応でこっちの攻撃を避けまくる敵の動きにイライラすることになるだろう。
戦闘がハードコアなのは良いけども、後半になってもめんどくさいとしか思わないのはちょっと・・・

後、段差とかでスタックしてしまう場所がかなりあったこと。
結構たいしたことのない段差でハマって泣く泣くロードし直すことがあった。
ちょっと高い場所から、段差に飛び降りた時とかによくそうなる。


そういえば結局最後まで炎や氷の魔法を使う機会が無かった。というか、魔法を覚えていない。
一体どこで覚えるのか良くわからなかった為だ。
無くっても何とかなるもんだな。ほっとんど弓プレイだったけど。


Risen2買おうか悩む。戦闘があまり面白くない為、たいして変わってないんだったらスルーしようかどうしようか・・・
 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。