--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2013/03/18 11:26
ちょっと前にSigerousの公式サイトに載せられてた、開発者のGeJorgeさんの文により、Stalker Call of Propyat用大型MODの「Sigerous v3.0」は開発が中止になった旨が報告された。
v2.2の冗長な部分が直るかと思ってかなり楽しみにしていたのに、開発終了とか・・・

ソース元の文章を軽く訳してみた。間違いあるかもだけど、大体合っていると思う。
---------------------------------------------------------------
■ソース元
http://sigerous.ru/forum/54-4725-1

■日本語訳
ようこそ、親愛なる友人たち。
私は皆さんにあまり良くないニュースを伝えなければなりません:SGMの開発は崩壊し、完成することは無くなりました。
原因は開発をさらに先へ進ませる個人的なモチベーションが無くなってしまったことです。その為に開発メンバーの新しい募集をかけることもしません。
平凡な理由ですが、もう熱意がなくなってしまいました。

このような状態を申し訳なく感じていますが、許してください。心象の変化を理解してもらいたいです。

新しいバージョンを待ち続けてサポートしてくれた人々、そしてSGMを立ち上げてからずっと一緒にいてくれたあなたに感謝し、私は皆さんの健康を心から祈ってリスペクトしています。

すべては日が落ちてその場から少し離れた位置で言われたこと。
だから安心してください、キリストは我々を愛しています、そしてそれは ― MODはまだ終わっていません。
少し経った後に詳細を発表します。
全ての人々の熱意と尊敬に感謝します、あなたに笑顔を、同志!
---------------------------------------------------------------

それと合わせて、同じスレッドに「SigerousModの新しいバージョンを見たいですか?」っていう投票が行われていて、"Yes"に90%以上入っている。
まぁ当然だろうなぁ・・・

ちょっと残念だけど、大体MODの開発が終わるのは開発者のモチベーションに左右されることが多い。
仕事とは違い、有志が無償で開発している物だから、熱意が冷めるとまったくできなくなってしまうのはよくわかる。
最近はMODのレベルも上がってきて、軽いDLCクラスの物をMODで作っちゃうんだもん、そりゃものすごい労力だし熱意が無いと完成できるはずがない。

遊ぶ側として残念なことだけども、素晴らしいMODを開発してくれて、それによって十分楽しい時間を過ごせたことを開発者に感謝しよう。

それで我慢できずにもっとこんなのが遊びたいという熱意が高まれば、自分で作ってMODDERになるのも良いと思う。
スポンサーサイト
 
2013/03/17 03:15
一応暫定的に日本語+英語化ファイルが動作確認取れたので一旦公開。
ポマギーチェどっとこむにアップしたんで、良かったらどうぞ。
3月中に公開するって予定を守れてホッと一安心。

----------------------------------------------------
■SigerousMOD2.2用アドオン「Enot edition」日本語+英語化ファイル
http://ux.getuploader.com/stalker03/download/152/Enot_edition_jp_2013_3_17.zip
----------------------------------------------------

武器や弾薬、装備品の説明文はまだ英語です。
ほぼすべての武器について説明文が書き換えられて、薀蓄が詰まっている為、かなり翻訳大変なんでてっとり早くロシア語→英語翻訳のみとしました。
ダイナミックニュースも未着手です。キリル文字のため、ほとんど表示されないと思うけども。
また、IGCCもマージしちゃいました。メニューから字幕のON/OFFができます。
cop_mod_enot_12.jpg


翻訳部分は気が向いたら更新します。
むしろ、武器の説明文を翻訳したり書いたりするのが好きな方がいるのなら是非とも協力をお願いしたいです。

「Enot edition」ってなに?どんなMOD?って人は以前のページで紹介しているので参考に。

■【GAME】Enot edition - Sigerous MOD v2.2用アドオンMOD
http://futureexpress.blog6.fc2.com/blog-entry-366.html


Sigerous2.2はオープニングのタスクが冗長で面白くもなんともなく、進行が苦痛なのだが、このEnot editionを入れると登場する武器が増えだいぶ面白くはなるかも。
Sigerous2.2やるんだったら、Enot入れるといいよって言いたいぐらい。


それと、Enot EditonのFixパッチ内に含まれているオプションで
Худ к сборке Албора」(AlborバージョンのHUD)フォルダ内のオプションは入れた方がいいかもしれない。Enotはかなり情報が削減されちゃっているので、デフォルトのHUDだと厳しいかも。

ちなみに以下がAlborバージョンのHUDを入れた場合のHUD。
cop_mod_enot_13.jpg
 
2013/03/16 17:11
tombraider_01.jpg

アクションアドベンチャーのTOMB RAIDERシリーズのララ・クロフトが、キャラクター形成のきっかけとなる一番最初の事件をベースに、リブートをしたTOMB RAIDER。

こんな綺麗で美人なララさんが・・・
tombraider_02.jpg



泥と血にまみれて容赦なく汚される。たまらん。
tombraider_03.jpg


キャラクターデザインも一新し、考古学に傾倒するただの学生が、泥臭くて屈強な女ランボーのように変貌していく。
以前のアンジョリーナ・ジョリーのようなララも良いけど、個人的には今回の現代っぽいララ・クロフトは結構好き。
tombraider_04.jpg

表情から殺意がありありと。たくましい。
tombraider_05.jpg

TOMB RAIDERなんで遺跡や墓も一応荒らしますよ。
tombraider_06.jpg

マップ上でそのテリトリーの集めるアイテムやアーティファクトなどが確認可能。
tombraider_07.jpg

ファストトラベルもあるので、ちょっと戻ってアーティファクト探しや経験値稼ぎ、探索も可能。
tombraider_21.jpg


tombraider_09.jpg

心の動きを重視したと製作者が言っていたが、そんなの一番最初だけ。
人を殺すことに抵抗のあったララが、弾無くなったからって理由で殺して取得する立派な殺人鬼へと変貌を遂げる。

tombraider_10.jpg

ステルスの要素もあるけど、基本的に敵を全部始末してからマップ内に落ちているアイテムをゆっくり探索した方が楽。なので必然的に敵は全滅させる方向で。
まぁゲームなんでそこらへんは多目に。

武器のカスタマイズやスキルの要素が入ったおかげで冒険というよりもアクション要素の強いゲームになった感じがする。

最近のゲームらしくダイナミックに変化する状況やリッチなグラフィックで見た目を楽しませてくれるけども、クイックタイムイベント(QTE)のせいでサクサク感がちょっと損なわれているような感じがする。
序盤は特にQTEが多い為、失敗すると即死亡というハードさ。
ロードが早くチェックポイントがすぐそばなため、まだ全然耐えられるけども、QTEが意外とシビアで何度も死んでうんざりする箇所も。
tombraider_12.jpg

tombraider_13.jpg


それでも変化する島の環境を走り回るのは面白い。ただ、パズルは今までのトゥームレイダーに比べると非常に簡単。
「Q」キーを押して出るヒントのおかげで、迷うことなくサクサク進む。進みすぎる。超簡単。
tombraider_08.jpg

昔はさんざん考えて探して、やっと先に進めた時の快感がすごかったけど、パズルが簡単なせいかそれほど詰まることもなく進めるので感動は少ない。
むしろ強制的なQTEで良く詰まる。うーん・・・

面白くなってくるのは装備品とスキルが多少充実してくる中盤から。スロースターターなゲームだ。


グラフィックの面は非常に綺麗。
だが、グロが多いかも。日本のドラゴントライアングルと呼ばれる場所にある架空の島が舞台だけど、トンデモ設定なので何でもありな感じ。
tombraider_15.jpg

tombraider_16.jpg

卑弥呼の時代・・・??どう見ても江戸時代の浮世絵(笑
tombraider_17.jpg

太古の卑弥呼の神殿から中世の城跡、で、そこにたむろしているのが流れ着いた白人たちと。
拾うことのできるアーティファクトも日本や中華の中世近代古代、さらにはある白人ファミリーの遺品(玩具の汽車)とか。
tombraider_14.jpg

日本をベースにしたファンタジーものとして楽しんでいる。

孤島の絶壁に城建ってたり。
tombraider_18.jpg


キュンってなる高所もかなり多い。
tombraider_11.jpg

tombraider_20.jpg


地獄の黙示録
tombraider_19.jpg

残念なことにマルチは過疎気味。
すごい面白いってわけじゃないけど、ほどほどに楽しめる。
上下の移動が多いから他のFPSよりもダイナミックに動ける面白さがあるかも。
tombraider_22.jpg

tombraider_23.jpg


最初発売日に起動した時、Steam版で当初から日本語化ファイルが入っていてちょっとびっくりしたが、即効日本語を使用できないようにアップデートされた。
スクウェアエニックスが日本で販売する為に日本語化入ってるとまずいんだろうけども、日本語版買うのに+3000円は厳しいなぁ。Steamで50ドルほど、日本語版を買うと7,980円。しかも発売日は1か月以上遅い4/25日発売。
翻訳、声優などローカライズにお金が必要なのはわかるけど、もう少し安くならないかな。

日本からは買うことができないとか買うことができてもバカ高いとか、海外より数か月遅れで販売とか、日本のパブリッシャーはもう少しゲームを買う制限を緩めてほしい。
国内での利益を確保する為などいろいろ理由はあるんだろうけども、正直そういうメーカーにはあまり良い印象は無い。

adobeのCS6もパッケージ販売が無くなり、クラウド化していく時代なのに、いつまでもバカ高いパッケージ販売にせず、価格を抑えたダウンロード販売に移行してくれないかな。
 
2013/03/15 22:46
ようやっと仕事やらなんやらに多少余裕ができたのでEnot editionの日本語化を進めることができた。
一応完成し、テストプレイも終わり、正常に動くことが確認できたが、一部文字欠けやら何やらが発生。
抜けている部分を調べつつ直さないといけないかも。

後、ダイナミックニュースも組み込まれているため、その部分はまだ手を付けられていない。
ダイナミックニュースMODの英語訳の方から翻訳文を丸々持ってきてそのまま組み込めるかな?
多少調整が必要かもだけど、そう遠くないうちに公開できそう。

cop_mod_enot_09.jpg

cop_mod_enot_10.jpg

cop_mod_enot_11.jpg

武器や弾薬の薀蓄がすごい。こんなの一つ一つ翻訳してたらいつ終わるかわからないため、一旦英語で出す予定。
 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。