--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2013/05/14 23:37
ここのところ、ずっと遊んでいた「Bioshock Infinite」。
Normalでクリアし、アンロックされたハードコアな1999モードでもクリアし、さらに3週目に入っている。

ゲームの内容もそうだけど、音楽がたまらない。
ゲーム中の序盤に教会で洗礼時に響く歌、
ゲーム中盤でエリザベスがアコースティックギターをベースに歌う歌、
そして、エリザベスとブッカーの声優がエンディングで歌う「Will The Circle Be Unbroken」



この曲がとてもいい。
聞く度にクリアした「Bioshock Infinite」のストーリーを思い浮かべて涙が出てくる。

ブッカーとエリザベスの声のTroy BakerとCourtnee Draperのカバーバージョン


聖歌バージョン



気になって曲の由来や歌詞を調べてみた。
以下のサイトでこの曲の詳しい解説が書かれていたので読ませてもらった。
http://shadowdream25.blog105.fc2.com/blog-entry-33.html
http://www.geocities.jp/shtanakyh/articles/kiji_183.htm

ストーリーを思い浮かべ、さらに開発者が何でこの歌を選んだのかも考えると、なんとも色々考えてしまう。
端的にいうと、
「母ちゃんが死んだ。家族の中心の母ちゃんがいないから兄弟皆悲しんでいる。でも、家族の絆(輪)はずっとなくならないよね?」
といった内容。

自分も母親を数年前に亡くしているからか、だいぶ響いてしまった。
この歌の歌詞と境遇がまったく一緒だったのもあり、歌詞の意味を理解してこの曲を聴いたら、急に以前のことを思い出して気持ちが溢れてきて30過ぎのいい大人がぼろぼろ涙を流してしまった。
年取ってくると感傷的になりがちだけど、もう気持ち的に落ち着いたと思っていたところに不意打ちは困る。本当に。

そんなのもあって、ここのところ良く聞いている一曲。
スポンサーサイト
 
2013/05/01 17:39
gsc_stalkercop_face_top.jpg
Stalker CoPで登場するキャラクターたちの元モデルとなった人々の写真と紹介がgsc-fan.comアップされていた。
リアルの人をモデルにしているからか、CoPのStalker達は人間味がある。

Stalkerシリーズがより深く楽しめるかもしれないと思って、軽く翻訳してみる。

-----------------------------------------------------
■写真と記事のソース元
http://gsc-fan.com/?option=com_content&view=article&id=692
http://sigerous.ru/news/2013-04-21-224

記事:Vyacheslav Murygin
イラスト:Iskandar Mirzoganiev

GSC-Fan.Comの記事より。まずは、Call of PripyatのZatonと「skadovsk」に留まるユニークなキャラクター達を見てみましょう。

Cardanの隣の部屋にいるユニークなキャラクター、skadovskではOwlの名前で知られています。彼は様々な貴重な情報を売り買いするのを好みます。
Owlの見た目はGSC.comのSychからとりました。このキャラクターはゲーム内で不機嫌で無愛想なことで有名ですが、現実の彼は非常に明るく笑顔の人です。
gsc_stalkercop_face01.jpg


錆びた船で医療を行う、Stalker Tremor。後程 Zaton で行方不明の Stalker を探索する際、彼との繋がりを見出します。
デベロッパーは彼の基本的なルックスを、STALKERをリアルでプレイするイベントで知り合った Igor Dolzenko から取得しました。
gsc_stalkercop_face02.jpg


デグチャレフ少佐がZatonとYanovを行き来する為に利用する「Pilot」と呼ばれるガイド。彼は"Clean Sky"と"Call of Pripyat"の3Dモデラー、Alexandra Kovacs がモデルとなっています。
gsc_stalkercop_face03.jpg


Zatonのはしけに住む、偏屈なStalker、Noah。彼と飼いならされたpseudodogの家を彼は「箱舟」と呼んでいます。ちょっと狂ったStalkerのNoahを"演じる"のは、"Call of Pripyat" のゲームデザイナーAlex Kuznetsovです。
gsc_stalkercop_face04.jpg



遅かれ早かれ、デグチャレフはYanov駅のあるJupitorに足を踏み入れます。駅はこの地域で最大のStalkerキャンプ地です。ここにはフリーのStalker、そしてイデオロギーグループのDutyと、それと対立するFreedomが拠点にしています。
唯一、駅の中では休戦協定が結ばれていますが、外に出たらその協定は守られません。では、地元の常連を見てみましょう。

飲み物やその他の品を手に入れるなら、駅の中のHawaiiansへ。アロハ!―彼は窓口に来た皆を歓迎してくれます。このStalkerは、すべてのStalkerシリーズでゲームデザイナーとして関わってきたPeter Duschinskyがモデルです。今彼は4A Gamesで同じ仕事に携わっています。
gsc_stalkercop_face05.jpg


駅のホールのテーブルでリラックスし、最近の略奪品の事やこの地の事情のことを話すStalker。気立てのよい陽気なVANOのことを話している訳ではありません。そんな要素はまったくなく、非常に不愉快な人物。
Flintの話は横柄で失礼であり、彼は自分の冒険を話すのが大好きです。実際には全く事実ではないのですが。その正体はあるクエストで探している友人を裏切った卑怯者、そうです、Magpieです。
このキャラクターは"Clean Sky"のゲームデザイナーの Eugene Zakharchuk がモデルです。
gsc_stalkercop_face06.jpg


駅の建物の中は2つに分割されています。一つは"Duty"、もう一つは"Freedom"。
この場所では、あらゆる所で様々なキャラクターに出会えます。では"Duty"派閥から見てみましょう。
地下に降りる階段を下ると、寝る場所や収納ボックスがあるでしょう。そこではTrapperを見つけることができます。彼は歴戦のミュータントハンターです。彼のモデルは"Clean Sky" と "Call of Pripyat"で3Dモデラーとして従事していたKonstantin Mironovです。今彼はVostok Gamesで同じ仕事に従事しています。
gsc_stalkercop_face07.jpg


機器の修理や改造の助けを必要とする場合、"chemical"のニックネームを持つ"Nitro"の技術の助けを必要とするでしょう。彼に罪はないのですが、しばしば、いや、毎日のように、彼はプーチンに間違えられています。現実でも。
NitroのモデルはGSCのゲームデザイナーIgor Legenkyiです。彼は今、Wargaming.netでWorld of Warplanesのプロジェクトをリードしています。
gsc_stalkercop_face08.jpg


Dutyのオフィスで会うことができるDutyのリーダーShulga中佐。ダンサーのConstantine Frostが彼の原型になりました。
gsc_stalkercop_face09.jpg


"Freedom"の派閥に目を向けてみましょう。背中にSVDを背負う男、"Clear Sky"からのキャラクターUncle Yar。"Clear Sky"では"Call of Pripyat"と違い、ユニークな外見を持ってはいませんでした。
"Svoboda"パーティの主催者としても知られている、StalkerをリアルでプレイするYaroslav Alexandrovが"Yarおじさん"のモデルとなっています。"Call of Pripyat"での写真撮影からは4年が経ちました。今のYaroslavの外見はゲーム内とは若干違って見えます。
gsc_stalkercop_face10.jpg


Yanovの医療を引き受ける経験豊富なスペシャリスト。そのビジュアルイメージのモデルはSergei Ivantsovaで、GSC Game Worldのシステム管理者です。
gsc_stalkercop_face11.jpg


Freedom派閥のリーダーLokiはいつも、オフィスにいます。彼は"Clear Sky"のゲームデザイナーVladimir Yezhovが元にされました。彼は今ウクライナのFrogwaresスタジオでコミュニティマネージャーを務めています。見てわかる通り今の彼のイメージは当時とは変化していますが、それがLokiのモデルだとわかります。
gsc_stalkercop_face12.jpg


駅からそう遠くない高くそびえる建物の上部に住むStalker、Zulu。彼は以前Dutyの一員でした。彼はこの場所を選び、一人で孤独な生活を送っています。彼のカリスマ性、キャラクターは、Stalkerをリアルでプレイする「Master of "Monolith"」と呼ばれるSergey "Tour" Leshenkoがモデルです。
gsc_stalkercop_face13.jpg


Yanovの南西、Zoneの異常事態を研究する施設があります。中に入ると、"ClearSky"から知られている、Novikovというメカニックがいます。そして、移動研究所の研究スタッフとして働く2人の人物:Herman教授とOzersky教授。彼ら2人も現実の人物を元に作られました。Hermanは"Clean Sky"のリードテスターPavel Mikhailovから。彼は"Call of Pripyat"のゲームデザイナーでもあります。最近までこのゲームデザイナーはCradle Flying Caféで働いていました。
gsc_stalkercop_face14.jpg


Ozerskyのモデルとなったのは、"Clean Sky"と"Call of Pripyat"のネットワークプログラマーAlexander Manilyukです。
gsc_stalkercop_face15.jpg


移動研究所ではさらに2人のユニークなキャラクターがいます。そのうちの一人はフリーのStalker、そしてもう一人は ― 軍人です。デグチャレフはこの死のZoneから生き延びた軍人がいることに驚きを隠せませんでした。
Garry、彼の仕事は地元の科学者の為にアーティファクトを探すことです。GarryはIlya Tolmachevが元となりました。彼はアートディレクターとしてGSC Game Worldに4年勤めました。彼は今Flying Caféスタジオでクリエイティブディレクターとして働いています。
gsc_stalkercop_face16.jpg


Jupitorに墜落したヘリコプターの副操縦士"Sokolov中尉"、彼はGarryに発見され救助されました。そして移動研究所で保護されています。Sokolovの初期イメージはDmitry Yasenevaが元となっています。
彼はGSC Game Worldに9年勤め、リードプログラマーとして5年間、Stalkerが凍結されるまでAIシステムやA-LIFEの構築に従事していました。今彼はVostok GamesでSurvariumの開発をしています。
gsc_stalkercop_face17.jpg


Jupitor近郊で見つけることのできる"Monolith"の洗脳から解放された部隊。彼らは侵略行為をせず、混乱状態にあって助けを求めてきます。Monolithグループのリーダー"Strider"のニックネームで呼ばれるキャラクターは、Stalkerシリーズのゲームデザイナー Yuri Konstantinovがモデルとなりました。
gsc_stalkercop_face18.jpg


デグチャレフがZuluとVANO、StriderとSokolovと共にプリピャチの地下道を進み、プリピャチに到着。そこで軍のパトロールと遭遇し、コインランドリーのコワルスキー大佐と出会うことになります。彼のイメージを作るのにAlexander Oleinikの助けを得て、彼の友人のヒーロー"Stalker" Igor Dolzenkoの写真を使用しました。(彼はTremorの原型にもなっています)
gsc_stalkercop_face19.jpg


軍の前哨基地で医療や弾薬の配布などに従事しているRogovets中尉。任務の遂行中に高い精神エネルギーを受け、ただ一人生き残って信号を送ってきた一人。このキャラクターの原型となったのはStalkerチームの3DアーティストViktor Merkulovです。彼は"Clear Sky"、"Call of Pripyat"、そして開発途中のStalker2に従事していました。彼はCradleのFlying Caféスタジオで働いた後、Crytekのキエフ支社で働いています。
gsc_stalkercop_face20.jpg


この記事が終わる前に、幾つか追加するべき情報が残っています。
例えば、何人かのキャラクターに使用されたと思われる幾つかの写真と、モデルとなった人々の写真です。
最も可能性の高いのが、StalkerとしてリアルでプレイするAndrew Oleshkoです。確かに顔のパーツがどこで使われたのか判別するのは困難ですが、あなた自身で分析を行ってみるのも良いでしょう:)
gsc_stalkercop_face21.jpg


そして最後にちょっとだけ。"Call of Pripyat"のエンディングのスライドで登場する、Zatonのブラッドサッカーの巣穴の破壊の物語を語るキャラクター(プレイヤーが進めたストーリーによって異なります)は、GSC Game Worldのビジネスデベロップメントマネージャーとして働くEugene Kuchmaです。
gsc_stalkercop_face22.jpg


それと同じようにそのスライドで登場する、Pripyatに入るStalkerはDmitry Krivetsです。最初はテスターとして、後程ゲームデザイナーとしてStalkerシリーズに携わりました。4A gamesでも働き、今はVostok Gamesにいます。
gsc_stalkercop_face23.jpg


CISプロジェクトのshnogo geymdeva、私は彼のおかげで知識の溝を埋めることが出来ました。親愛なる読者のみなさん、あなたが興味を持ってくれたのならとても嬉しいです。それはこの記事を作成した大きな意味となります:)

-----------------------------------------------------

開発者の人たちが自分の作った作品を楽しみながら&大事にしながら作っているような雰囲気を感じられるところがいいなぁ。
Stalker2は無くなってしまったけど、大部分の開発者が移行しているSurvariumで頑張ってほしい。
4A gamesに行ったり、そこから来たりと結構開発者同士の繋がりがやっぱりあるんだね。元Stalkerの開発者同士だもんな。
 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。