--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2013/09/04 16:40
ちょっと色々忙しくてBlogも放置気味なのだが、Stalker関係のMODサイトなどはちょこちょことチェックしている。
そこにCoP用MODのSigerous MOD 3.0の情報が少し載っていたので訳してみた。いつも通り自分が気になった記事だったので、翻訳して調べるついでにblogに載せてます。
ちなみに全部ではなく、一部抜粋です。

----------------------------------------------------------
■"Sigerous Mod 3.0. Red October" ― 新しい詳細

レッドオクトーバー(Red October)」と呼ばれているSigerous Modの新バージョン、3.0の具体的なニュースが開発陣からありました。

ストーリーはCS版のマップ、"Dark Valley"から開始するように変更されたことがわかりました。
また、新しいスクリプト機能を組み込んだGUIのスクリーンショットも提示されました。これはSoCの百科事典のイメージと似ていますが、ランクの統計になります。PDAに追加された新しい項目から確認できるようになります。
sgm3_pre01.jpg


二つ目の要素は、携帯ゲーム機のようなポータブル百科事典です。
アーティファクト、武器、スーツ、弾薬の4つのセクションに分れて、選択したカテゴリの情報を確認できるようになっています。
sgm3_pre02.jpg


残念ながらまだリリースの予定日は決定されていません。もしかしたら変更されたサブタイトル(Red October)が、その点で象徴的な意味を持っていることを期待します。


SGMの今回のコンセプトは以前と同じように、大災害によって失われた広大なオープンワールドでプレイヤーが孤独を感じることです。
今までのStalkerで登場してきたオリジナルの"Bar"、"Rostok"工場など9つのマップが追加されます。もちろん探索できる場所になります。

ライフシミュレーションの技術は、新しいスクリプトで強化されました。
これは、メインキャラクターがミュータントやStalkerのグループごとに取った行動が反映されるだけではありません。分岐の際の選択などによってお互いの関係に影響を与えます。
また、分隊のリーダーから受けることのできる、ランダム発生するタスクも用意されています。
sgm3_pre03.jpg


あなたはこのMODのごく一般的な要素に注目する必要があります。

開発者たちは、今までのSTALKERシリーズを生かし、ある方向に最大限のバランスを達成しようと取り組んでいます。
そう、それはキャンペーンなどではなく、シューティングゲームとしてです。

ZONEでのごく一般的な生活の一部として、RPG的要素や多様性を注意を払って追加しました。
新しく追加されたものはランクポイントによるレべリング、異なる特性を持つ武器やスーツ、そしてスキル。

そして前例のない成長を遂げた次世代のガジェットがあります。
例えば、グローバルGNSSコンダクター、これは別の場所に主人公を移動させることができるアーティファクトスキャナーです。
これは一定範囲を探知し、全てのアノマリーの中にある異常物を発見します。
これを所持して任意のアノマリーに入った際、もしそのアノマリーにアーティファクトが隠れている場合、スキャナのラベルが赤から緑に変わり、メッセージシグナルを送ります。
sgm3_pre04.jpg


主人公のパーソナルBOXなど、他の多くのおなじみのオブジェクトを改善しました。
セーフティBOXが販売されており、その中にはアイテムだけではなく、お金も入れることができるようになりました。
この機能の主な特徴は、この中に入れた全てのアイテムを保持し、同じような他の場所から引き出せることです。場所から場所にアイテムを移動させる必要が無くなります。

新しいバージョンのSGMは、第三のミレニアムを舞台に新技術の対立を中心に展開します。それを取り戻すために主人公はZoneに足を踏み入れます。
このMODの以前のバージョンでは、主人公は伝統的なごく普通のStalkerでした。それ以前は軍人でした。
基本的な考え方はシンプルで伝統的なものです:プレーヤーがそれを手に入れ、世界を救うのです。
----------------------------------------------------------
自分の翻訳がどうにも拙いせいか、うまく訳せた自信が無い。参考程度に。

スタート地点がCordonではなく、DarkValleyって所が改善された点だろうか。
sigerous2.2の無駄に歩かされる序盤のタスクは本当に苦痛だったのがわかってもらえたのか期待してしまう。
あっちへ行ったりこっちへ行ったりのんびり気ままに好きなように散策できるオープンワールド部分を強化するって言ってるから大丈夫かなーと思っているけど。


分隊のリーダーからのランダム発生のタスクっていうと、CSの「勝手に始まり勝手に失敗して終わる」タスクを思い出してしまう。できることならあんな感じになりませんように…

でも、ランダム発生するちっこい仕事をこまめにこなして、夜は焚火のそばでソーセージとウォッカを食べて寝るZONEでのオープンワールド生活が出来たらいいな。今の所MISERYがその雰囲気を一番体現できるけど。


後個人的に気になっているのは、


・Lost World Origin
http://ap-pro.ru/forum/59-3723-1
Soc用MOD。リリースは2013。以前もうちの記事で紹介したこともあるLostworldシリーズのMOD最新作。
オリジナルのストーリーライン、大幅な追加マップ(ビルド版やCoPのマップ含む)等の拡張、ビジュアルとテクスチャの改善などなど。
lw_origin_01.jpg

lw_origin_02.jpg

雰囲気や絵作りがとても良いので気になっている。それとハードコアな部分も。
ストーリーをざっくりというと、ZONEの北を目指したStrelokの一番最初の旅を焦点に当てている模様。北に向かおうとした動機の部分を明らかにする、と書いてあるけども。
lw_origin_03.jpg


・Shoker Weapon MOD
http://www.youtube.com/user/ShokerTeam
CoP用MOD。リリースは2016(!)。
以前から注目しているけど、ここ最近精力的にビデオがアップされている。アイアンサイトとスコープを使い分けられるとか、武器の挙動が細かすぎてたまらない。
リロード一つとっても、すごく気持ちよさそう。これとGunslinger modは、武器関係のなかでも特にリリースを心待ちにしているMOD。


こんな感じ。
最近はStalker以外に黙々とBorderlands2をやっている。レベルキャップ解放もきたので毎日ちょっとづつプレイ。なぜかこのゲーム、自分にしっくりきているみたいでついついやりこんでしまう。600時間超えた。
スポンサーサイト
 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。