--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/04/26 19:20
2週目にThe Zone Of The Dead Advanced S.T.A.L.K.E.R.に小物MODを色々入れて遊んでいるけども、その中でオススメMODを。
wikiに書いてあるものとかぶるかもだけど、個人的にインストールして試してみたものが中心。
ほとんどのMODは「stalker files」にあるんで、ここから探したものが中心。
http://stalker.filefront.com/
まだまだMODの数がそんなに多くなく、オーバーホール的なものは少ないので、これから揃ってくるだろうと思うけど。

基本的にMODを導入する際は、
fsgame.ltx のファイルをテキストエディタ等で開き、
以下の項目の「false」を
$game_data$ = false | true | $fs_root$ | gamedata

$game_data$ = true | true | $fs_root$ | gamedata
という風に「true」に書き換える作業が必須。これをしないとMODファイルがゲームに反映されない。


■グラフィック・環境系
・Absolute Nature Texture Pack for SCoP (1.1)
http://stalker.filefront.com/file/Absolute_Nature_Texture_Pack_for_SCoP;113043
cop_mod_antp.jpg
草や木、地面などなど自然物のテクスチャーを改善したMOD。
インストーラーがついていて、
- early spring(春)
- summer(夏)
- autumn(秋)
の3種類のバリエーションを選べる。
テクスチャーが高画質になるので、ビデオメモリに余裕のあるマシンにオススメ。


・Absolute Structures Texture Pack for SCoP (1.0)
http://stalker.filefront.com/file/Absolute_Structures_Texture_Pack_for_SCoP;112625
cop_mod_astp.jpg
Structures(建築物やコンテナ、コンクリートなどなど)のテクスチャーを改善したMOD。
バニラでも結構綺麗だけども、さらに綺麗に。
タイルとか壁画とかも綺麗に(よりディテールが細かく)なる。廃墟がより廃墟らしく。


・Absolute Scopes Texture Pack for SCoP (1.2)
http://stalker.filefront.com/file/Absolute_Scopes_Texture_Pack_for_SCoP;113035
スコープや、双眼鏡を覗いた時のテクスチャーを改善したMOD。
3種類のカラー(グリーン、アンバー、レッド)から選択可能。
4:3、5:4、16:9 (ワイドスクリーン)、16:10 (ワイドスクリーン)のアスペクト比に対応。

S.M.R.T.E.R.などを導入している人用に、S.M.R.T.E.R.用のアドオンもある。
Absolute Scopes - S.M.R.T.E.R. Add-on (1.0)
http://stalker.filefront.com/file/Absolute_Scopes_SMRTER_Addon;113037


・AtmosFear for S.T.A.L.K.E.R. - Call of Pripyat (1.3)
http://stalker.filefront.com/file/AtmosFear_for_STALKER_Call_of_Pripyat;111149
天候のサイクルと、天候のバリエーションを大幅に増やすMOD。空のテクスチャーも改善されている。
建物内の光の届かない場所や、夜はホント真っ暗になるんで注意。
cop_mod_atmos01.jpg cop_mod_atmos02.jpg cop_mod_atmos03.jpg cop_mod_atmos04.jpg

インストールがちょっと手間で
1. user.ltxのファイルがあるフォルダに「AtmosFear user_atmosfear*.ltx」をコピー
2. ゲームを起動し、新規で始めるか、セーブゲームをロードする。
3. コンソールを開く。英語キーボードの場合はデフォルトで「`」。日本語キーボードの場合は、コンソールを開くキーを別のキーに設定しなおした方がいいかも。自分は「F12」に設定している。
4. コンソールに「cfg_save user_bak.ltx」と打ち込み、設定ファイルをバックアップする。
5. 「cfg_load user_atmosfear_desired_settings」(もしくは cfg_load user_atmosfear)と打ち込んでAtmosFearの設定を読み込む。

という手順が必要。
ちょっとめんどくさい作業だけど、ZONEの景色や雰囲気がぐっとバリエーション豊かになるのでオススメ。

以下のパッチがリリースされているので、バージョンアップ推奨。
・AtmosFear patch for SCoP (1.31)
http://stalker.filefront.com/file/AtmosFear_patch_for_SCoP;113051

マシンスペックに余裕のある人は、以下のテクスチャーパックを入れてもいいかも。
空が非常に綺麗になるけども、うちのGTX285、1GBのVGAカードでもちょっと重過ぎて外してしまいました。
・AtmosFear for Call of Pripyat -High Resolution Texture Pack (1.3)
http://stalker.filefront.com/file/AtmosFear_for_Call_of_Pripyat_High_Resolution_Texture_Pack;111371


■ライト
Better Flashlight ++ (1.1)
http://stalker.filefront.com/file/Better_Flashlight_;110611
デフォルトのライトより、こっちの方が良かったんで、導入。


■Svarog探知機の改善
デフォルトのSvarog探知機は、アノマリーも見れるから便利なんだけど、非常にアーティファクトが小さくて見づらい。
・Improved Svarog Display (1.0)
http://stalker.filefront.com/file/Improved_Svarog_Display;109603
アーティファクトの表示がでかくなる。

・Svarog MK2 (1.0)
http://stalker.filefront.com/file/Svarog_MK2;110619#Download
アーティファクトの表示が丸い点から十字の光になる。これは非常に見やすい。


■FOV
・XoBaR's FOV booster (1.1)
http://stalker.filefront.com/file/XoBaRs_FOV_booster;111019
若干FOVを広げたいなーと思っていたので、これを導入。
4種類あって、75°、83°、85°、90°から選択可能。
任意のFOVのbinフォルダ内のxrGame.dllを上書きするだけ。
その際にオリジナルのxrGame.dllはバックアップとって置くことを推奨。

90°はちょっと広過ぎたんで、75°のFOVを導入している。
AIM時の武器の配置がFOVを広げることで見づらくなるので、それを調節した武器ごとのltxファイルも同梱している。
このltxファイルは武器の微調整をしている他のMODと競合すると思うので、そんなに気にしない人はdllだけ入れればいいかも。
関連記事
スポンサーサイト
 

<< 【GAME】The Zone Of The Dead Advanced S.T.A.L.K.E.R. | Home | 【GAME】S.T.A.L.K.E.R. Call of Pripyat >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。