--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/02/02 18:30
ds22.jpg
ストーリーを進めていくうちにいろんなところで目にする不思議な文字を解読する為の対応表。

今回のこのトラブルはどうやらユニトロジーとかいう変な宗教が絡んでいるようだ。
これ聞いてサイエントロジーとか思い出してしまったのは俺だけでは無い筈。

アイザックは忙しい。
空気循環装置を修復したり、
ds23.jpg

食糧倉庫に詰まった超巨大なクリーチャーを始末したり、
ds24.jpg

壁に張り付いてるクリーチャーを始末したり、
ds25.jpg

救援に来た軍の兵士が自分の足を切られておかしくなってるのを見ているだけだったり、
ds26.jpg

そんな中、ちょっとの休息の場みたいなところが石村にもあった。

「ZERO-Gバスケ」
ds27.jpg ds28.jpg
無重力空間のコートで、単純に穴から飛び出てきたバスケットボールをキネシスで掴んで、光っている穴の中に突っ込むだけ。作業的。
簡単だけど、難度が幾つかあって、各LEVELをクリアーするとアイテムがもらえる。


数少ない生き残りの人。
ds31.jpg ds34.jpg
この惨事が起きた原因を分かっていて、それを元に戻すために協力を申し出てくる。
でも、結局一番働いているのはアイザック。エンジニアはどの世界でも・・・

さらに一緒に脱出する為に船を用意してくれるんだけど、まぁ想像通り、あまり良い結果にはならない。

ds35.jpg
それで、これがすべての原因となったマーカー。
採掘先の星でクリーチャーの元となった部分を封印してたらしいんだけど、それを持ち運んでしまったが為に、マーカーの影響で乗務員がおかしくなり、お互いに殺し合い、その死体にクリーチャーが寄生してさらに~・・・って感じのようだ。
英語がそんなにできるわけじゃないので、ストーリーの細部までは良く分からないんだけども。
日本語化MODとか出れば、もう一度やり直したいかな。
バックストーリーや設定を結構細部まで詰めてあるらしいので、世界観だけでも楽しめそうだし。


マーカーを星に戻す作業の途中でやっと会えたニコル。
ds36.jpg ds37.jpg
協力してマーカーを星に戻すために、採掘対象だった目の前の惑星に着陸。
ds38.jpg
空気があるのか、ニコルはマスク無しで活動してたけど。

惑星のコロニーの一室にはまた変な文字が床一面にびっしり。
ds39.jpg

触手壊すのに夢中だったけど、左にクリーチャーいるね。SS撮ってる時、気づかなかった・・・
ds40.jpg

無事にマーカーを所定の位置に!
これで今回のトラブルも収まる筈だー
ds41.jpg


と思ったら、
ds42.jpg
最初にニコルからもらったビデオメッセージには続きがあって、実はそのビデオメッセージを撮りながらニコルは自殺していたことが判明。

え?・・・・じゃあ今まで一緒に協力してくれたニコルは誰??

しかも、一緒に船に乗ってきてた同僚は軍から派遣されていたらしく、マーカーを研究対象としてなのか、回収する任務を帯びていたらしい。

折角アイザックが死にそうな目にあいながら(何度も死んだけど)元に戻したのに、人の努力を無にするようなことをするなよ。ニコルも死んでたってことで2重のショックを受けるアイザック。

どうやら今までのニコルはマーカーがアイザックに見せていた幻覚だった様で、
すべてマーカーに操られて進んでいたってことですか。
なんか”操られて進んでいた”って所がBIOSHOCKを思い出してしまった。

折角定位置に戻したマーカーを動かしたからか、本体のHive Mindが登場。
巨大な触手でハンパない。
ds43.jpg ds44.jpg ds45.jpg
ちなみにさっきの同僚はHive Mind登場時に触手に吹っ飛ばされて死にました。

Hive Mindに足を掴まれて、吹っ飛ばされながら戦うシーンとかすごい映画っぽくて。
まだ諦めてない!って感情が(喋らないけど)伝わってきて熱い。
SS撮りたかったけど、そんな余裕無いわこのゲーム。

Hive Mindを何とか撃退し、船に乗り込み、星から脱出。
ds46.jpg

やっとすべてが終わり、一人で帰路につくアイザック。
ds47.jpg

この後のラストシーンがどうにも怖かった。
別に新しい感じはしない演出(ホラー映画には良くありがちな演出)なんだけど、ホントびびったわ。
最後までヤバイねこのゲームは。


結局最初っから最後までずっと怖かった。
演出もクリーチャーも、何度も目にしたクリーチャーでも襲い掛かってくる瞬間はいつも怖い。
動きがキモイのはサイレントヒルっぽいし。

それに、部屋を移動したりしてもクリーチャーにしか通れないダクトとかを伝って、移動してくるようだ。
なので、STOREで買い物を楽しんでる途中でも、後ろから襲い掛かってくるみたいで。
緊張感を失わせない、そんなクリーチャーのAIも良く出来てるなぁ。

後、環境音が怖くて。ピシピシって言う音とか、何かが動いていった音とか。
環境音が怖いのはSTALKERもそうだけど、DEADSPACEも使い方が上手い。

惜しむらくは、武器を構えたAIMモードの時のカーソル(照準)の動きが非常に遅くなるってこと。
上手くを照準をあわせづらくさせ、恐怖感をプラスする為の処置なのかもしれないが、正直唯一の欠点。
対処としてはハイセンシのマウスか、センシを弄れるマウスでやればハードウェア的に回避は可能。強引だけど。
関連記事
スポンサーサイト
 

<< 【GAME】DEADSPACE 2週目 | Home | 【GAME】DEADSPACE その2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。