--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2011/01/20 07:00
soc_mod_lwr_01.jpg
以前紹介したSoC用のMOD、「LOST WORLD Condemned」の続編(というか、改良版)が「LOST WORLD Requital」と、名前を変えて登場。

基本的な変更点や特徴は、以前のLWCとそう変わっていない為、以前書いた紹介記事を読んでもらえれば特長がわかると思う。

↓以前の記事はこちら
【GAME】LOST WORLD Condemned - S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl用大型MOD
http://futureexpress.blog6.fc2.com/blog-entry-178.html

元々ロシア語圏のMODだけども、有志が英語訳ファイルをアップしてくれたので、ちょっとだけ遊んでの感想と、ついでに紹介もしてみようと思う。
いつも通り意訳多目なので、参考程度に。

このMOD、全体的にグラフィック全般&アイコンの質が高く、ゲーム自体も軽くて結構好きなんだけど、弾薬ベルトの概念があるので、ちょっとそこが面倒。
リアルに再現した部分が、ゲームとしてみると「欠点」になってしまっている気がする。
そう思っているのは自分だけかもしれないが、そのリアルに再現された部分を楽しめるかどうかで、好みが分かれそうなMOD。

----------------------------------------------------------------------
LOST WORLD Requital (旧 LOST WORLD Condemned)


■フォーラム
http://www.amk-team.ru/forum/index.php?showtopic=10697
http://gktmods.com/index.php?/forum/64-lost-world-requital/


■対応しているSoCのバージョン
v1.0006
(といっても、Steam 版 v1.0005で動作可能)


■紹介ムービー
Трейлер Lost World Requital
http://www.youtube.com/watch?v=BvmJbFA4E30
この哀愁漂う雰囲気がすごく良い。


■ダウンロード
・本体
LWR_fixed.exe(1.65 GB)
http://fileshare.in.ua/4023759
http://rutracker.org/forum/viewtopic.php?t=3335355 (トレント)

・Dinamics テクスチャパック(619 MB)
bumpマップテクスチャーの詰め合わせ。グラフィックの設定で「Dynamic Ligthing」を使用する人は、このテクスチャーパックを導入しないと、一部のテクスチャが格子状になってしまう。
http://fileshare.in.ua/4050754

・バグ修正パッチ
LWR_patch5.7z (26.1 MB)
http://rghost.net/3944018
http://narod.ru/disk/3456200001/LWR_patch5.7z.html(ミラー)

・有志作成の英語訳ファイル
LWR_eng_2011_01_26.zip
http://ux.getuploader.com/stalker/download/30/LWR_eng_2011_01_26.zip

LWR_english_script_0124.zip(スクリプト部分の英訳ファイル。上のファイルと一緒に導入するのをオススメ)
http://ux.getuploader.com/stalker/download/28/LWR_english_script_0124.zip


■インストール方法(Steam版SoC v1.0005で動作確認)
(1) Stalker SoCをインストール。

(2) LOST WORLD Requital 本体をインストール。

(2') Dinamics テクスチャパックをインストール。(※ 「Dynamic Ligthing」を使用する人向け)

(3) LWR_patch5(バグ修正パッチ)をインストール。

(4) 有志作成の英語訳ファイルをインストール。


■特徴
MOD製作者より:
私が古いバージョン(LOST WORLD Condemned)について良く覚えていることは、多くの人々がそれをより明るくするためにファイルを編集しなければならないほど、暗いゲームでした。
(※ こんなこと言っているけど、今回のLWRも十分暗い)
その印象的な最初のMODのリリースは単独での作業でした。ですが、それはこの新しいバージョンを作成したチーム(moddersと脚本家)を引きつけるのに十分でした。
このMODでは、新しいストーリー、拡張されたMAP、StalkerのMOD中にこれまであまり見ることの無かった若干の特徴とよくテストされた銃(AKなら実際の音と見た目がAKらしくあるように)を見ることが出来るでしょう。

--アノマリー探知器(Anomaly detector)
今現在、ゲーム内のアノマリーは探知器上で表示することの出来るシステムになっています。
各探知器は、それぞれアノマリーを検出できる半径があります。探知器は定期的に取替えを必要とするバッテリーで動作します。

--改造と装備品(Modification of equipment)
銃器とスーツを原型からすべて作り直しました。すべての派閥の Technician はスーツを改良することだけ出来ます。それぞれの派閥の彼ら特有のバリエーションがあります。

--PDA上のタグ表示(Tags on PDA)
プレーヤーはPDAのワールドマップ上に「タグ」を入れることができます。特定の場所を選択し、任意のテキストを設定することができます。

--食物の腐敗(Spoilage of food)
食料はすべて賞味期限を持っています。したがって、長い間バックパック内に食料を入れておく場合、それらが使用可能かどうかチェックすることを忘れないでください。

--装備の注文(Ordering equipment)
プレーヤーはトレーダーの助けを借りて、装備を注文することができます。また、各トレーダーは様々な商品を提供します。

--医療品(Medicine)
すべての食物と医療処置はゆるやかに効果が現れます。処置の間、そして、食べている間は銃を使うことができません。

--睡眠(Sleep)
健康の状態によって、プレーヤーはランダムな時間、睡眠することが出来ます。ランダムに寝る睡眠時間の範囲はおよそ15時間です。

--取引(Trade)
プレーヤーは略奪で裕福になることはできません。 Zone全体の人口の需給を完全に作り変えました。

本当に人が少ない。孤独感が強く寂しい感じ。
soc_mod_lwr_09.jpg
soc_mod_lwr_11.jpg

--ミュータント(Monsters)
単独行動する攻撃的なbloodsuckerを復活させました。 多くの場合、単独で彼に出会うことは致命的になります。

--アーティファクト(Artifacts)
アーティファクトを研究者に渡さないと、プレーヤーはその特性がわからない場合があります。いくつかのアーティファクトは既にデータベースに記録されています。新しいアーティファクトも追加しています。

--外骨格(Exoskeleton)
このスーツは非常にエネルギーを消費するものであり、定期的にバッテリーの交換を必要とします。このスーツのエネルギー消費速度はプレーヤーの行動に依存します。
外骨格を取得するのは非常に難しいのですが、特定の派閥の試作品を取得する為に、Technician にプロトタイプと多額の金を渡す必要があります。

--グラフィックとパフォーマンス(Graphics and Performance)
ゲームの性能を犠牲にすることのなく、改良されたグラフィックス。新しいテクスチャーと天候の変化を加えました。

--MAP(Locations)
新規追加された16箇所のMAP。
Red Forest
Swamps
Zaton
Pripyat
Jupiter
Hospital
Generators
Black Lake
Dead City
The Catacombs
Underground Tunnel
Covert
bubble
Limansk
military laboratories
East Canyon Reservoir

--アノマリー(Anomalies)
すべての生き物にとって非常に危険なアノマリーは、いくつかの死に至る危険な効果を持っています。すべてのアノマリーがイベントにかかわらずランダムに動いています。


■オプション
・ワイドモニター用パッチ
16:9や16:10のワイドモニターを使用しているユーザー向け。インベントリ等でのアイテムのDiscription表示を正常に。
http://rghost.ru/3838423/private/13375fe112497e7f15384b0ce98e1244

・攻略用MAP
各マップごとの他のマップへの移動ポイント。自分で探したい人は見ないほうが良いかもしれません。
http://rghost.net/3922121
http://ifotki.info/7/ec24810d58ceb8ad98139bb69148f18b5a967678116640.jpg.html
----------------------------------------------------------------------

主人公はMarked Oneではなく、KaidanというLoner。
soc_mod_lwr_04.jpg

そのせいか、Militaryとは中立だったりする。
soc_mod_lwr_05.jpg

そして、スタート地点もCordonではなく、East Canyonという新マップ。
soc_mod_lwr_03.jpg
最初っから新鮮な気持ちでスタートできる。

真っ暗闇な中、墜落したヘリの横からスタートさせられる。
soc_mod_lwr_02.jpg
本当に暗い、というか真っ黒。ガンマ上げても暗い。しかもライトはそれほど輝度が無いから、ライトつけてても暗い。
ここに載せているスクリーンショットはどれも輝度を上げている。


放射能の蓄積具合のメーターがHUDに無い為、どれくらい放射能に侵されているかがわからないのがちょっと難点か。
左下のHUDのメーターは、
青:スタミナ
オレンジ:空腹度合い
緑:ライフ
soc_mod_lwr_08.jpg
となっている。

放射能の蓄積具合は、アイテムの測定器を使用することで "数値" として確認可能。
soc_mod_lwr_radioactive01.jpg
soc_mod_lwr_radioactive02.jpg

探索していて、特にダメージも食らっていないのに体力が減ってきている場合、チェックすると放射能が思ったよりも溜まっているという事が多いので注意。こまめなチェックが必要になりそう。



グラフィックのクオリティは全体的にアップしているのにゲーム自体は非常に軽い。というか、パフォーマンスも考えて作っているだけあって、バニラのSoCとそう変わらない。素晴らしい。

最近のMODは追加要素が多過ぎて巨大になって、メモリエラーやら動作が重すぎたりとかばかりで正直うんざりしていたので、こういう方面に力を入れてくれるMODの方が頭一つ飛び出ている印象。
皆が皆ハイスペックでゲームしているわけじゃない、という事を考慮し、こういう細かい所にもちゃんと気を利かせる点は素晴らしい。

ただ、気を利かせすぎたのか細かすぎるせいか、食べ物の賞味期限とか、ゲームで再現しているのは非常に新しいのだけども、この機能を見ての第一印象は「めんどくさそう」って印象しかない。
弾薬ベルトといい、時間を決めて寝ることの出来なかったり、手間のかかる様な機能が多いのがちょっと不満かな。
PDAとかに目覚ましタイマーぐらいあるだろうし、つけて寝ろよ・・・とか突っ込みたくなる。

探知器のバッテリーの件も、以前CoPのSigerous MODでやっていたけども、あまりにも不評だったのか/意味が無いと思われたのか/ゲームとしての面白さを削減してしまうと思ったのか、バッテリー関係は削除された経緯がある。

ネガティブな部分が気になってしまうが、それを差し引いてもSoCの雰囲気を引き継ぎつつ、多くの面で良く考えられている良MOD。

最初に会うトレーダー。
soc_mod_lwr_10.jpg
soc_mod_lwr_06.jpg
soc_mod_lwr_07.jpg

洞窟なんかもあった。
soc_mod_lwr_12.jpg

今のところ、会話やアイテム名等が英語訳されているだけで、タスク関係はロシア語表記のまま。
だが、英語訳作業に従事してくれている人がいるので、英訳に感謝しつつリリースを待っていることにしよう。
関連記事
スポンサーサイト
 

<< 【GAME】InGameCCの追記/改良版と、Sigerous MOD v1.7 の日本語ファイルの更新 | Home | 【GAME】「Claptrap's New Robot Revolution」- Borderlands DLC 第4弾 >>

コメント

おお!久しぶりの更新お疲れ様です
自分も現在進行形でPLAYしてますよー

んーどうも追加されたタスクの本文がtextに無いので、おそらくscriptsに記述されていると思うのですが
下手に弄るとCTD引き起こしそうで戸惑ってます・・・

あと一部追加MAPに入るとCTD引き起こしちゃいました
patch待ちですかなー

タスク関係はScriptファイルに記述されていますね。
開く時と保存する時のエンコードを間違えて、文字化けしたまま保存してしまうとCTDの原因になってしまいますし・・・
気を使う部分です。

DMXの英語訳ファイルを作る時も、それが原因で何度も起動テストをしなおしました。大分しんどかったのを覚えています。
正直SoCでの翻訳作業は、できることなら避けたいなぁと思っていますよ・・・。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。