--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2011/09/12 13:23
とりあえず一番最初はこのMr.Houseの意志どおり動いてみようってことで、Mr.Houseからもらうクエストをこなしていく。元々この人の荷物を運ぶ仕事だったし。
まず、元々Mr.Houseの持ち物で、運び届ける途中でBennyに奪われた荷物「プラチナチップ」を取り返しに行くことに。

Bennyはモハビ・ウェイストランドから脱出しようと東に逃げたそうだ。
どうやら今は、東のCottonWoodから、リージョンの本拠地Fortに向かったみたいなので、川を渡ってFortに向かうことに。

トップスでBennyの言うことを聞かずに、直接倒してプラチナチップ取り返せばよかったな。めんどくさい。

Strip地区に入った時にリージョンの使いから是非リージョンの本拠地Fortに着て欲しい旨の依頼を受ける。リージョンのリーダー「Caesar」が会いたいそうだ。
使いがCottonWoodで待っているとの事で、Fortまでの船を頼むことに。
で、ついでにBennyはCaesarに捕まっているらしい。

このリージョン、数多くの部族を取り込み、絶対的な暴君政治で服従させ、男は戦士に、女はすべて奴隷というなんとも男尊女卑な社会を築いているリージョン。
fonv_51.jpg

思想も人種も違う部族をまとめるにはそういう方法が一番だと語るCaesar。
fonv_52.jpg

Caesarの横には情けない顔をして捕まったBennyが。
fonv_53.jpg

Bennyが持っていたプラチナチップはCaesarの手にある。で、それを返してもらう為に取引を持ちかけられた。
CaesarはFortの地下のMr.Houseのバンカーを開いて欲しいとの事。
どうせMr.Houseの要望どおり、バンカーの中に眠っているセキュリトロンの軍を目覚めさせるつもりだったから、快く受けてバンカーへ。

Mr.Houseの希望通り、バンカーの中のセキュリトロンを目覚めさせ、Bennyを引き渡してもらう。
もちろん一通り話を聞いたらサクッとヘッドショット。
2度も殺そうとしてくれたので遠慮なくやったつもりだけど、最後にちょこっと憐憫の情が沸いた。
だが、以前そこで甘い顔をしちゃったせいでTopsでハメられたのを思い出し、すっきりと片付ける。

で、お次はNCRが占拠しているフーバーダムに大統領が激励の演説に来るから、そこでの暗殺計画を阻止しろとの事。
fonv_55.jpg

Mr.HouseにとってNCRは「今はまだ」協力するべき仲間と見ているらしい。

大統領の暗殺を阻止し、今度はフーバーダムにリージョンの大群が押し寄せてくるとの事で、NCRとMr.Houseのセキュリトロンと協力しリージョンの軍と最終決戦。
fonv_54.jpg

事前にBoomer達に協力を仰いでおいたらB29でリージョン軍を爆撃してくれた。

最後のこのフーバーダムの決戦が一番面白い。これぐらい激しい戦闘が中盤にもあると嬉しいんだけどなぁ。最終決戦に入ると、もうずっと一本道のクエストだけども最後はかなり盛り上がる展開。


最後、リージョンの野営地に攻め込むが、そこを守るリージョン軍の将軍はLegate laniusという男。こいつが半端なく強い。バランスブレーカーだろ。
fonv_56.jpg

何度やっても勝てなかったんで、しょうがなくSpeechを100まで上げて、会話で戦闘を回避。
世の中暴力だけじゃやっていけませんよ。

その後、NCRの将軍が来るも、Mr.Houseのセキュリトロンに包囲され、誰が真の支配者かをNCRに見せ付けてエンディング。
fonv_57.jpg

fonv_58.jpg


エンディングは今までに行ったクエストや選択によって各キャラクターや派閥のその後が描かれる。
fonv_59.jpg

fonv_60.jpg

fonv_61.jpg

fonv_62.jpg

fonv_63.jpg

fonv_64.jpg


同胞のブラザーフッドが壊滅しちゃったのは、ベロニカさんにとってちょっと可哀想かもしれん。
簡潔に言えば、どの派閥がベガスとその周辺の実権を握るかというパワーゲームに巻き込まれて・・・っていう話。


ストーリーも黒い部分が多くてFallout3よりも重い感じがする。Fallout3は世界が破壊されちゃったよ~でも生きてるよ俺らって感じの楽観的なストーリーが多かったのに対して、NewVegasは対照的。だが、全体的にメインストーリーがちょっと短い感じがした。
最終決戦に向けて、どの派閥につくかによって分岐が色々あるから、そのせいなのかな。
大きく分けて、NCR、リージョン、Mr.House、そしてイエスマンの4つの展開があるし。
とりあえず、一旦Mr.Houseに行く前のセーブデータを取っておいたので、他の派閥での展開も試してみる予定。


一通り遊んでみて、システム的な面は十分Fallout3を踏襲し、精錬されている気がした。
ただ、良くも悪くも公式の巨大MODって感じが否めない。
Fallout3にMODを入れて遊んだ感じなので、さらにMODを入れて遊ぼうかなという気にはあまりならないのが残念なところ。

というか、Fallout3の時のように、数多くのMODを導入し、導入の順番にも気を使い、MOD同士のconflictがあったらそれ専用のパッチを用意し、MODのアップデートがあったらそのバージョンにあったパッチを再度ダウンロードし、途中まで進めたゲームを再度New Gameでスタートしなおし・・・というFallout3の時の苦労を思い出してやる気がなくなったのが正直なところ。
長く遊べるのは認めるけど、MODに手を出したらMOD管理で非常に時間を取られるゲームだからなぁこのゲームは。
関連記事
スポンサーサイト
 

<< 【GAME】Fallout NewVegas その5 | Home | 【GAME】Red Orchestra 2: Heroes of Stalingrad Beta その2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。