--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2012/05/11 23:05
fromdust_01.jpg

積みゲー消化ってことで、ずっと放置しっぱなしだった「From DUST」をインストールしてプレイ。
個人的第一印象だと、ポピュラスみたいなものかと思っていた。
簡単な感想を言うと、箱庭環境(サンドボックス)で地形を弄るパズルゲーム。

オープニング。
プレイヤーの操る「breath」を生み出す原始人達。
fromdust_02.jpg

fromdust_03.jpg

fromdust_04.jpg

fromdust_05.jpg

fromdust_06.jpg


一通りストーリーモードをクリアまでプレイして10時間ほど。何度か失敗してやり直したステージもあるので、もう少し少ない時間でクリアできるかも。



ゲームの流れは、

新しい土地に流れ着いた原始人達をbreath(プレイヤー。カーソル)を使ってトーテムの元に誘導。
トーテムに付いた人々はそこで集落を作る。
また別のトーテムに誘導し集落を作らせる。
そうやって2~4つのトーテムの周りに集落を作らせ、全てのトーテムの周りに集落が出来たら次のマップへの地下通路の入り口がアクティブに。
その地下通路の入り口に人々を一定数誘導するとクリア。
fromdust_10.jpg


そして次のマップへ。
fromdust_11.jpg

fromdust_12.jpg


書くと簡単そうだが、トーテムにたどり着くまでに色々な難関がある。
湖の中に埋まったトーテムや、溶岩によって阻まれたトーテムなど。
しかも、折角作った集落も、溶岩による火災や洪水、その他の天災などでいとも簡単に潰れてしまう。

なので、そういった天災から守ってあげたり、
トーテムまでの道を地形を弄ることで作ってあげたり、
溶岩や川の流れを変えて目的地までいけるようにしたり忙しい。

fromdust_07.jpg

fromdust_08.jpg

fromdust_09.jpg


マップによっては天災が襲ってくるタイムリミット的なものもあるので急がざるを得ないところもある。
fromdust_13.jpg

fromdust_14.jpg

fromdust_15.jpg

fromdust_16.jpg

fromdust_17.jpg

fromdust_18.jpg

fromdust_19.jpg


基本的にトーテムから集落を作ることの出来る最低人数(5人)を割ってしまうとゲームオーバー。
火災や洪水などであっさりと原始人たちが死んでしまったりするとすぐゲームオーバーに。
fromdust_20.jpg

津波などの天災からは、シャーマンに津波を避ける力を覚えさせることにより回避可能。
旧約聖書のモーセのように集落の周りで割れる津波。
fromdust_21.jpg

fromdust_22.jpg

洪水で溺れる原始人。この後死ぬ。
ちょっと可哀相だけど仕方ない。自然は過酷だ。
fromdust_23.jpg


またもう一つの要素で「大地の緑化」(vegetation)がある。
これは実績みたいなものだけども、大地のある程度の範囲を緑で満たすことにより解除。
不毛な地に水を与え、溶岩や火災から守ることで大地の緑が段々と広がっていく。
そして、ある一定の緑化が進むことでオームみたいな生物も生まれてくる。


このゲームはなんといっても自然環境のグラフィックが素晴らしいの一言。水や溶岩などの液体とか流体とかの表現が特に。
岩の上を流れる溶岩や冷えて固まる溶岩、土をかき分けて流れる水などを見ているだけで楽しめる。
fromdust_24.jpg

fromdust_25.jpg


この植物は近くに火があると爆発する。
その爆発で、breathで操作することの出来ない岩山を破壊可能。
fromdust_26.jpg

溶岩を水の中に突っ込むと冷えて固まって岩に。
fromdust_27.jpg


気分は砂場遊びだ。
砂を積んで固めて、崩して、溝を掘って水を流して川を作ったり。
溶岩の流れを水を使って冷やして固めて堰き止めたり。
breathを使って土地を盛ったり積んだり、削ったり、水を流したりしているだけで楽しい。
fromdust_29.jpg

fromdust_30.jpg


プレイヤーが出来ることはbreathを使った土地の造成以外に、トーテムの力がある。
マップごとに存在するトーテムに原始人を誘導し、集落を作らせることで初めてそのトーテムの力を使うことが出来るようになる。

その力には時間制限はあるが、

・全てのbreathの効果(吸い込み/吐き出し)を増幅 (Amplify the breath)
・水を蒸発させる (Evaporate)
・水を固めてゼリーのように加工できる (Jellify water)
・無限に土を吐き出すことが出来る (Infinite earth)
・なんでも無制限に吸い込み続けることの出来るブラックホール (Engulf All)
・火災を消化 (Put out fire)


など、ゲーム進行上非常に便利で強力なものが多い。
使わなくてもクリアできるが、その場合は難易度がかなり跳ね上がる感じ。

このトーテムの力とかまさに神様的で、使っていて一番楽しいポイント。
また、同時に2つ、3つの力を使うことが出来るので、組み合わせることで非常に強力な効果が得られる。

その中でも、

・Amplify the breath + Infinite earth
全く何もない海の上に軽い島なら作れちゃうほどの土を一度に盛れる。

・Amplify the breath + Engulf All
溢れかえった溶岩や水を枯渇するまで一気に吸い込める。一時的な緊急回避に。

特にこの組み合わせは良く使った。

STAGE13のトーテムだけ特殊。
このステージは自分の思うがままに、まっさらな場所から好きなように地形を作ることが出来る。
ただ、「Breath of Lava」は地雷。
fromdust_32.jpg

fromdust_33.jpg

fromdust_34.jpg


難易度の高い後半は結構手順を考えたり、溶岩や水の対策をしながら進めないと、すぐ積んでしまう。
fromdust_31.jpg

だが、そういった部分はゲーム全体の一部なので、大体はのんびりと綺麗なグラフィックの箱庭で、砂遊びを楽しめる面白いゲーム。

DustPedia。
ゲーム内の各要素の辞書みたいなもの。
fromdust_36.jpg

進捗を見れるページ。
vegetationが100%に達していると、緑のマークがつく。
fromdust_37.jpg


ストーリーモードの総プレイ時間は10時間ほどだった。
他にはチャレンジモードもある。
そっちの方がかなりパズル要素が強い。
fromdust_35.jpg



どうでもいいけど、原住民のマスクが可愛い。
fromdust_28.jpg
関連記事
スポンサーサイト
 

<< 【GAME】P.R.I.P.Y.A.T.A.N. A.R.M.S.R. | Home | 【GAME】Deadspace2をプレイ その5 2週目 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。