--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2013/03/16 17:11
tombraider_01.jpg

アクションアドベンチャーのTOMB RAIDERシリーズのララ・クロフトが、キャラクター形成のきっかけとなる一番最初の事件をベースに、リブートをしたTOMB RAIDER。

こんな綺麗で美人なララさんが・・・
tombraider_02.jpg



泥と血にまみれて容赦なく汚される。たまらん。
tombraider_03.jpg


キャラクターデザインも一新し、考古学に傾倒するただの学生が、泥臭くて屈強な女ランボーのように変貌していく。
以前のアンジョリーナ・ジョリーのようなララも良いけど、個人的には今回の現代っぽいララ・クロフトは結構好き。
tombraider_04.jpg

表情から殺意がありありと。たくましい。
tombraider_05.jpg

TOMB RAIDERなんで遺跡や墓も一応荒らしますよ。
tombraider_06.jpg

マップ上でそのテリトリーの集めるアイテムやアーティファクトなどが確認可能。
tombraider_07.jpg

ファストトラベルもあるので、ちょっと戻ってアーティファクト探しや経験値稼ぎ、探索も可能。
tombraider_21.jpg


tombraider_09.jpg

心の動きを重視したと製作者が言っていたが、そんなの一番最初だけ。
人を殺すことに抵抗のあったララが、弾無くなったからって理由で殺して取得する立派な殺人鬼へと変貌を遂げる。

tombraider_10.jpg

ステルスの要素もあるけど、基本的に敵を全部始末してからマップ内に落ちているアイテムをゆっくり探索した方が楽。なので必然的に敵は全滅させる方向で。
まぁゲームなんでそこらへんは多目に。

武器のカスタマイズやスキルの要素が入ったおかげで冒険というよりもアクション要素の強いゲームになった感じがする。

最近のゲームらしくダイナミックに変化する状況やリッチなグラフィックで見た目を楽しませてくれるけども、クイックタイムイベント(QTE)のせいでサクサク感がちょっと損なわれているような感じがする。
序盤は特にQTEが多い為、失敗すると即死亡というハードさ。
ロードが早くチェックポイントがすぐそばなため、まだ全然耐えられるけども、QTEが意外とシビアで何度も死んでうんざりする箇所も。
tombraider_12.jpg

tombraider_13.jpg


それでも変化する島の環境を走り回るのは面白い。ただ、パズルは今までのトゥームレイダーに比べると非常に簡単。
「Q」キーを押して出るヒントのおかげで、迷うことなくサクサク進む。進みすぎる。超簡単。
tombraider_08.jpg

昔はさんざん考えて探して、やっと先に進めた時の快感がすごかったけど、パズルが簡単なせいかそれほど詰まることもなく進めるので感動は少ない。
むしろ強制的なQTEで良く詰まる。うーん・・・

面白くなってくるのは装備品とスキルが多少充実してくる中盤から。スロースターターなゲームだ。


グラフィックの面は非常に綺麗。
だが、グロが多いかも。日本のドラゴントライアングルと呼ばれる場所にある架空の島が舞台だけど、トンデモ設定なので何でもありな感じ。
tombraider_15.jpg

tombraider_16.jpg

卑弥呼の時代・・・??どう見ても江戸時代の浮世絵(笑
tombraider_17.jpg

太古の卑弥呼の神殿から中世の城跡、で、そこにたむろしているのが流れ着いた白人たちと。
拾うことのできるアーティファクトも日本や中華の中世近代古代、さらにはある白人ファミリーの遺品(玩具の汽車)とか。
tombraider_14.jpg

日本をベースにしたファンタジーものとして楽しんでいる。

孤島の絶壁に城建ってたり。
tombraider_18.jpg


キュンってなる高所もかなり多い。
tombraider_11.jpg

tombraider_20.jpg


地獄の黙示録
tombraider_19.jpg

残念なことにマルチは過疎気味。
すごい面白いってわけじゃないけど、ほどほどに楽しめる。
上下の移動が多いから他のFPSよりもダイナミックに動ける面白さがあるかも。
tombraider_22.jpg

tombraider_23.jpg


最初発売日に起動した時、Steam版で当初から日本語化ファイルが入っていてちょっとびっくりしたが、即効日本語を使用できないようにアップデートされた。
スクウェアエニックスが日本で販売する為に日本語化入ってるとまずいんだろうけども、日本語版買うのに+3000円は厳しいなぁ。Steamで50ドルほど、日本語版を買うと7,980円。しかも発売日は1か月以上遅い4/25日発売。
翻訳、声優などローカライズにお金が必要なのはわかるけど、もう少し安くならないかな。

日本からは買うことができないとか買うことができてもバカ高いとか、海外より数か月遅れで販売とか、日本のパブリッシャーはもう少しゲームを買う制限を緩めてほしい。
国内での利益を確保する為などいろいろ理由はあるんだろうけども、正直そういうメーカーにはあまり良い印象は無い。

adobeのCS6もパッケージ販売が無くなり、クラウド化していく時代なのに、いつまでもバカ高いパッケージ販売にせず、価格を抑えたダウンロード販売に移行してくれないかな。
関連記事
スポンサーサイト
 

<< 【GAME】SigerousMOD2.2用アドオン「Enot edition」の日本語+英語化ファイル | Home | 【GAME】「Enot edition」の日本語作業中 >>

コメント

Tomb Raiderの英語版ですけどとりあえず自分は終らせて今は遣り残した事を戻ってやってる所かな。

しかし、日本語版パケ版の為に蒸気の方を日本語不可にするってはなんか気にいらないね。
そこまでしてパケ版を守りたいのかね。
どっちを先に出したってDLでいい奴もいてばパケ版が欲しい人もいるのだからそこまで神経質にならなくてもいいのにね~。

一通り自分もクリアして取り残したアーティファクトやらGPSキャッシュやら、チャレンジやらをこなしています。ただ、なぜかコンプリート率99%で止まっちゃっているんですよね。

キャンプからいけるマップはすべて100%にしたんですが・・・
どこで取り逃したのか、もしくはリストに載らないシークレットがあるのか未だに不明です。

今回のTOMB RAIDER、最初っから日本語が入ってないんだったらそれほど非難を浴びることは無かったかと思います。
たぶんミスだと思うんですが、日本語化が入ったままSteamで販売し、その後すぐにアップデートで削除ということをしたせいでしょうね。
お金を払って購入したゲーム内に含まれていたものだから、それをアップデートで消されてしまうと、すごく価値を下げられたというか、損をした気分になります。

こういう風にリリース後にコンテンツの削除をされてしまうと、同じお金払ってなんで日本から購入したものだけ損をするの?ってなりますし、次から買うのはよそうと思うわけで。

開発が以前「日本の(レイプレイだかの)HENTAIゲーみたいにはならん」とか言ってはずなんですが
蓋を開ければイリュージョンも裸足で逃げ出すとんだリョ○ゲーだったという・・・やるじゃない(ニコッ

100%はバンカーの岸壁が見落としやすいって聞きますね

なんかかなり序盤の方でララがつかまって顔面殴られてましたね。ボコボコに(笑

海外のゲームってエロや人体欠損よりもそういう部分に敏感だと思っていたんですが。エグいシーンが多くて、わざとか?と思っちゃうぐらいでした。

案の定、バンカーの岸壁のチャレンジが残っていました。
無事に100%コンプリートできましたが、あそこはファストトラベルで行けないので見逃しちゃいますね。

あわてて日本語ファイルを削除したわけですね。

なんか画像とレビューみてくと全体的にオープンワールド?見たいな感じなのかな

すごくおもしろそう

オープンワールドじゃないです。
ちょっと開けた探索エリアが幾つかと、後はリニアなマップが多い印象でした。
ファストトラベルで戻って何度でも探索できるけども、オープンワールドってほどやりこみ要素があるわけでもなし、クリア後のリプレイ制は皆無って感じでしたね。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。