--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009/09/07 17:43
先日nifscopeをインストールしてから、nifscopeで出来ることがなんとなくわかってきたので、
とりあえず次はオリジナルのモデルでも作ってみるかという感じでBlenderを導入することに。

3DはメインでLightwave使っているから、nif、kfファイルの読み書きできるLWのプラグインとかあればなぁと思っていたんだけど。
以前からちょこちょこ調べていたが、やっぱりそういうものは無いらしい。
Blenderは初めてだけど使っていくうちに慣れるだろうし、どうしても慣れなかった場合、LWでモデル作ってBlenderにコンバートすりゃいいんじゃないか?って軽い気持ちで導入してみた。

そんな気軽な感じで導入しようとしたのに、nifファイルの読み書きできるようにするまでにすごい時間がかかってしまった。

とりあえず、手順がめんどくさかったんでメモ。
こういうのがMOD作成の敷居を高くしてるんではなかろうか。
もう全部ワンパッケージで、実際のゲーム内の出力まで、1つか2つのソフトで完結するようにして欲しいなぁ・・・。

1) Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable Packageをインストール(Python動かすのに必要)

2) Python 2.5.2をインストール(Blenderのnif読み書きプラグインがPythonで動いているから必須)
http://www.python.org/download/releases/2.5.2/


3) Blender 2.48aをインストール
最新版が2.49bなので、アーカイブから2.48aを探し、blender-2.48a-windows.exeをダウンロード&インストール。
http://download.blender.org/release/
データフォルダの位置は
「Use the installation directory(ie, location chosen to install blender.exe)」を選択。
blender01.jpg
インストールフォルダ内にデータフォルダがないと、blenderのnifスクリプトが動かないらしい。


4)PyFFI 1.2.2をインストール
nifファイルを読み書きするプログラムを橋渡ししてくれるもの。
PyFFIのサイト
http://pyffi.sourceforge.net/
PyFFIのアーカイブ
http://sourceforge.net/projects/pyffi/files/


5) blender_nif_scripts 2.4.2をインストール
blenderでのnifファイルの読み書きスクリプト。
http://sourceforge.net/projects/niftools/files/blender_nif_scripts/
スクリプトを組み込むフォルダはインストーラが勝手に検出してくれる。

PythonとBlenderのバージョンは変えないこと。
Blender 2.48aとPython2.5.2はセットで動くので、どちらかのバージョンを変えるだけでプラグインが起動しなくなる。
これでハマって数時間無駄にした。
Blender起動してもPythonのスクリプトが起動しなかったり・・・とか。


ホント準備がめんどくさい。
物を作るという作業に時間を注ぎたいのに、それ以外の技術的な部分に煩わされるのはしんどいわ。

blender02.jpg
とりあえず、試しにnifファイルをimportしてみたら、無事に3Dモデルを読み込めた。
これでやっと下準備が完了。
関連記事
スポンサーサイト
 

<< 【PC】グラボが逝った | Home | 【GAME】Fallout3 で主人公の顔を別のキャラクター・コンパニオンに移植 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。