--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010/03/02 22:17
事務所で使っているキーボードの挙動がおかしくなってきた。
キーを押すと、認識されなかったり同じキーが連続入力されたりと散々。文章打つのにストレス感じるようになってしまった。
非常に打鍵感が良くて購入したんだけど、これじゃどうしようもないわ。
ちなみに使用していたのはFILCOのドイツCherry社製茶軸使用の日本語キーボード。

で、事務所近くの秋葉原のクレバリーまで歩いていって、同じCherry社の赤軸のキーボードを購入。
購入したのはコレ。サイズから出ている赤軸採用の日本語キーボード。
G80-3600LYCJA-2
http://www.scythe.co.jp/input-device/mx-board-r.html

茶軸よりキーを打った後の戻りが滑らか。なんつーか、打鍵感がしっとりしてて茶軸よりいいかも。
キートップの加工も滑らか。この手触りの良さもあるかな。
文章打つのも快適で気持ちいいわー

唯一の難点は若干デカい所かも。
でも、大きくて安定しているから強めにキーを打つことが出来て、打ってる!って感じが出てて良いのだけれども。


今までのキーボード履歴。
■PCについてた付属キーボード。Gatewayのロゴ入り。
どんな使い勝手だったかもう忘れた。可もなく不可もなく、安っぽいヤツ。

■SolidYear ACK-230BK
http://timelynews.jp/products/2006/06/ack230bk.html
初めて自分で選んで買ったキーボード。
キーボードコーナーでいろいろキーを打って試し、安い中で比較的自分が打ってて気持ちの良い打鍵感のものを購入。キーボードコーナーで1時間ぐらい悩んで選んでた。
2、3000円ぐらいのものに相当真剣に悩んでたわ。
EnterとCtrlのキートップが壊れて外れるまで、相当長い間使っていた。場所はとらないし打鍵感も良いし。

■MITSUMI KFK-EA9XA(Owltech KFK-109PS2(B))
http://www.owltech.co.jp/products/keyboard/KFK109PS2/KFK109PS2.html
頻繁に使うEnterとか壊れちゃってるんじゃもう買い換えるしか無いじゃん、ってことで再度秋葉原のPCパーツ店のキーボードコーナーを周って見つけた一品。
以前と同じような打鍵感で、大き目の安定しているのが欲しかったのもあって、このミツミ製のキーボードを購入。
俺は結構打鍵が強い方だけども、その強さで打ち込んでも打ち込んでも壊れない頑丈さが素晴らしい。しかも3000円ぐらいだし。
コクコクッっていうキータッチが、メンブレン使用しているキーボードの中でも上質だと思う。
ちょっとCtrlが壊れ気味(押し込んだらたまーに戻らなくなる)だけど、未だに2ndマシンで愛用中。
もう一本欲しいんだけど、最近売っている店見なくなっちゃったねぇ・・・

■FKB108M/JB
http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=1
FILCOのかなあり108日本語キーボード
カチカチというメカニカル独特の音がする茶軸キーボード。黒軸だと重すぎるので、これをチョイス。
数千円の安いキーボードはもういいから、質の高いキーボードを使ってみたくなって、初めて高価なキーボードを購入。コチコチッっていう打鍵感が好き。
打ってるっていう感覚をしっかりと味合わせてくれる。安定感も抜群だし、キーの間隔はちゃんと取りつつ、出来る限りスリムになっているデザインも良い。
ただ、ちょっと汚れが目立つ表面加工なのが残念。

■G80-3600LYCJA-2(赤軸日本語109黒)
http://www.scythe.co.jp/input-device/mx-board-r.html
今事務所で使用中のキーボード。
上で書いたとおり、茶軸よりやさしい感じがして丁度良い。やっと自分にピッタリなキーボードが見つかった感じ。
キーを打つのが楽しくなるキーボードっていいよねー
関連記事
スポンサーサイト
 

<< 【GAME】MODの日本語化ファイル 2010/3/2バージョン | Home | 【GAME】MODの日本語化ファイル 2010/2/18バージョン >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。